ヨギボズQA:瞑想で集中力が続かないときはどうすればよろしいでしょうか?

瞑想

KIYOSHI

【お知らせ】
8/19(日)13:30〜15:00で日本一簡単な瞑想会を目指しているSUWARU開催です。
8/19(日)15:30〜17:00で真言密教に伝わる阿字観瞑想会を開催です。

SUWARUについてはこちらから。
阿字観瞑想についてはこちらから

 

こちらの回答は、【瞑想会】の補足事項として、
 「ヨガをより楽しめるように」
 「瞑想がより起こりやすくなるように」
 「日常生活の深刻さが減少するように」
ご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。それでは今回の質問と回答になります。

質問:瞑想で集中力が続かないときはどうすればよろしいでしょうか?

瞑想で集中力が続かないということですね。

瞑想について書いたときに「瞑想はするものではありません」という表現をしました。

まずは、そこも意識してみてください。

それでは、ヨギーと坊主の回答をご覧下さい。

瞑想は無為になること

2015.07.06

 

回答:集中する必要はございません。手放していってください。 BY KIYOSHI

EngawaYoga-20160904-1

瞑想というのは状態です。

行為ではございません。

瞑想状態になるだけであり、私たちは瞑想をすることはできないのです。

結果として、瞑想が起こります。

一生懸命に頑張ることでは、瞑想は遠のいていきます。

 

何に集中しているのでしょうか

集中しているということは、その対象があるということですね。

読書に集中する、という時には本に集中しておりますね。

瞑想に集中する、というのは瞑想に集中しているのでしょうか。

何に集中しているのでしょうか。

瞑想は状態です。

集中する対象がなくなった時に瞑想状態が起こるのです。

 

ヨガでも”集中”と”瞑想”を分けている

ヨガにおいても集中と瞑想は分けています。

集中の先に瞑想があるとされています。

ですので、集中と瞑想は異なる状態です。

集中は人の力でできます。

瞑想は人の力ではできません。

睡眠と同じです。

睡眠は人の力ではできません。

睡眠状態に誘うための準備はできます。

瞑想も自力ではできません。

瞑想状態に誘うための準備はできます。

瞑想は神的と言われる所以は、人の力ではできないからです。

 

集中はしないでいいので、くつろいでください

集中していくのではなく、手放していきます。

くつろいでいきます。

まずはリラックスしましょう。

リラックスすることでスペースが生まれます。

体から少し離れるようにスペースが生まれます。

そのスペースを感じながらくつろいでみてください。

リラックスが瞑想ではありませんが、リラックスしていることは必要です。

瞑想は状態です。

ですので、そのスペースにくつろぐことで瞑想がやってきます。

瞑想は勝手に起こるのです。

瞑想は勝手にやってくるのです。

自力で集中してしまうと、瞑想がやってくる隙間がありません。

自力ではなく他力です。

瞑想はお任せなのです。

手放していくことで瞑想状態に入ってみてください。

自力の集中ではなく、お任せの瞑想への意識転換をしてみください。

 

回答:考え中。 BY 阿里

阿理坊主は考え中でございます。

 

KIYOSHI
ヨギボズQAの一覧はこちらになります。 → ヨギボズQA目次

現在YOGGY&BOZUは休止中でございます。代わりに日本で一番簡単な瞑想会と称しまして、瞑想会を開いておりますのでご興味のある方は瞑想会からご参加されるのをオススメ致します。スケジュールはこちらより確認頂けます。 → スケジュールを確認する

 

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。
Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。
ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。
日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹