瞑想中の息は、吸う息、吐く息の両方をゆっくりと長くする必要があるのですか?【ヨギボズQA】

瞑想

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

BTY@京都 1/26 14:00〜17:00 Kiyoshi
ENGAWA VOICE 2/28 19:00〜20:30 SHUKO
BTY@千葉 毎週月 19:00〜21:00 Aki ..etc
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

こちらのヨギボズの回答は、
SUWARU(日本一簡単な瞑想会)の補足事項として書いております。


「ヨガをより楽しめるように」
「瞑想がより起こりやすくなるように」
「日常生活の深刻さが減少するように」

皆様がご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。

それでは今回の質問と回答になります。


質問:瞑想中の息は、吸う息、吐く息の両方をゆっくりと長くする必要があるのですか?

ご質問をありがとうございます。

瞑想でも呼吸というのはとても大切です。

呼吸法と瞑想法というのはヨガでは分けられてはおります。

ちなみに集中も分けられております。

影響しあっておりますが、別物ということです。

当然、呼吸は長くゆっくりとできた方がいいですけど、無理しては元も子もありません。

それでは、以下のヨギーと坊主の回答をご覧下さい。

 

回答:意識するけど意識しない。 BY KIYOSHI ヨギー

基本的な話としまして、長くゆっくりと呼気も吸気もできた方がいいです。

その方がゆったりと瞑想ができ、そして、そのゆったりさは瞑想には必須だからです。

我慢して努力して力んでは瞑想状態は起こりません。

ですので、ゆったりとした呼吸は大切です。

まずはそれが基本です。

ですが、意図してゆったりしようとし過ぎると今度は瞑想ではなくなります。

 

自然とゆっくりなること

瞑想状態というのは行為のない状態です。

何かしようというマインドがなくなった状態。

ゆったりとした呼吸をしようと思っている状態では瞑想にはなりません。

しようしようという行為が強いですから。

呼気をゆっくりしようと気持ちが高まっていると瞑想に入れません。

吸気をゆっくりしようと気持ちが高まっていると瞑想はやってきません。

ですので、自然とゆったりとした深い呼吸になりたいです。

通常、力みを手放すなどと言われる状態です。

力みや緊張をいったん手放すことができると自然と長い息になります。

関連記事:がんばらない瞑想

 

普段から脱力ができているか

瞑想中だけ力みを取ろうと思っても難しいものがあります。

普段から余計な力みを手放しておく必要があります。

普段から力んでいませんか。

ゆったりと呼吸できておりますか。

そこをチェックされてもいいと思います。

ゆるゆるになるぐらいにして生活しているのは難しいかもしれませんが、余計な力もなるべく手放すようには心がけられると思います。

普段の生活が瞑想中に出て来るものです。

生活から緊張や力みを取り除いてみてください。

生活でいろいろとありますが、そのいろいろの中でも力みを取り除いていくのがまた瞑想の練習にもなります。

 

死ぬぐらいまでゆっくりを目指そう

では、どのくらいまで緩めればいいのか。

どのくらいまでゆっくりした呼吸にしていくのか。

それは死ぬぐらいまでです。

死ぬと言っても実際には死なないですけど、死ぬくらいまで鼓動が遅くなる状態です。

そんな境地を目指してみてください。

そこまでいくと新しい世界が待っております。

ぜひ、お試しあれ。

とはいえ、怖いですかね。

大丈夫です。

そう簡単にそこまで脱力してゆったりとした呼吸にはなれませんので、ご安心ください。

できる限り死ぬところまで緩んでみてください。

 

回答:考え中。 BY 阿里 坊主

阿里坊主は考え中です。

 

 

ー 瞑想へのヒント ー

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。

Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。

ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。

日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹

あなたが今の瞬間を讃えた途端に、あらゆる不幸や困難が消え去り、喜びや落ち着きと共に人生が流れはじめる。今の瞬間の意識を行動で示せば、あなたが行う全てのことに気品や、配慮や、愛の感覚がもたらされる…たとえ、それが最もシンプルな行いだとしても。

エックハルトトール

人類全員をイルカにしたい。

落合陽一