ヨギボズQA:瞑想をすることで治癒力は高まるのですか?瞑想することで下がるのでしょうか?

日常生活

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

こちらの回答は、【瞑想会】の補足事項として、
 「ヨガをより楽しめるように」
 「瞑想がより起こりやすくなるように」
 「日常生活の深刻さが減少するように」
ご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。それでは今回の質問と回答になります。

質問:瞑想をすることで治癒力は高まるのですか?

治癒力というのをどのように定義するのかはわかりませんが、瞑想で体調が良くなるのは実感できます。

瞑想を通して病気が治るのかはわかりません。

わかりませんが、私の体験では体調がよくなると感じます。

そういった面では、治癒力が高まっているように感じます。

基本的に体調を崩すと瞑想をするのが私(Kiyoshi)の日課でございます。

それでは、以下のヨギーと坊主の回答をご覧下さい。

 

回答:体調を崩したら瞑想しよう。調子が良くなればまた瞑想しよう。 BY KIYOSHI

瞑想は日課として実践しています。

もちろん毎日365日休まず実践はできておりませんが、できる限りでほぼ毎日座っております。

座る時間があると落ち着くからというのもありますし、座ること自体が好きということもありますし、座ることで何か大いなるものと繋がっていっている感覚があるからです。

前に、瞑想は脳のチューニングのような作用がありそうだと書きました。

脳をチューニングすることでより調和のとれた波動と同調できるように感じます。

その結果、調和のとれた波動へと自らも変化していき病気のようなものも治りに向かうのだと思います。

実際、瞑想をやってから病気にかかりにくくなりました。

不調和なものと同調しにくくなったからです。

補足として書きますが、病気それ自体が不調はだとは思っておりません。

メッセージとして病気はやってきたりもしますので、必要があって病気にかかっている人もいると感じます。

よろしくお願いします。

ヨギボズQA:瞑想をすることで直観は働くようになるのですか?

2016.09.06

 

瞑想で体調がよくなると実感している

実際に、私は瞑想で体調がよくなりますで、瞑想は治癒力を高めていると感じます。

体調が悪くなると瞑想することが多いです。

軽い風邪なら「瞑想して休んで、瞑想して休んで」と繰り返すことで治します。

疲れすぎてしまっている時は、一度寝てから瞑想したりしてと、工夫はしますが瞑想で治癒されるのは実感しております。

実際に瞑想と休みを繰り返すと殆どの風邪は治りますのでオススメです。

やっぱり瞑想で癒されていくと思います。

外傷も経験しているのですが、瞑想をしたら痛みも消えて痒くなってきて治癒がしっかりと始まっているのを感じました。

もちろん瞑想しないでもそのスピードで治るのかを検証することはできませんが、血が出てしっかりと怪我しているものが瞑想するとすぐによくなるのはすごいなと思っています。

 

瞑想は最高の癒し

瞑想をすることで、細胞のひとつひとつがバイブレーションが上がってくると感じています。

とても感覚的な話しですのでスルーして頂いてもいいのですが、細胞の波動が上がると感じています。

バイブレーションが上がると気持ちも上がり、気分も上がり癒しが行われます。

その結果、身体も癒されていきます。

ちょっとした風邪ぐらいは良くなると感じています。

必ず良くなるかは流石にわかりませんし、絶対はないので極端に意味を見いだすのはやめた方がいいです。

瞑想は最高の癒しであるので続けることで、人それぞれ実感は感じられると思っています。

興味のある方は継続されてみてください。

 

温泉に入る感覚で瞑想するといい

実際の瞑想のコツについてです。

瞑想のコツのひとつは、ゆるめることです。

イメージとしては温泉に浸かった時の感覚です。

今ここでも温泉に浸かった時のことをイメージできますよね。

ちょっとだけでも温泉に入ったところをイメージしてみてください。

感じられましたでしょうか。

そのような、温泉に入ったような感覚で瞑想をするのです。

最初はイメージだけかもしれませんが、まったりとした気持ちで体中の力を抜くように座っていくと瞑想にも良い状態になっていきます。

そのように瞑想状態に入っていくとさらに癒しは進みます。

温泉に浸かっているようなイメージでゆるめてみてください。

 

寝たい時は寝るでいい

寝たい時は寝てしまっていいと思っています。

瞑想がいいからといって頑張って座る必要はありません。

疲れていたり、体調が悪い際には寝るのが良いです。

眠いなら睡眠を優先する。

瞑想する体力ぐらいあるのでしたら、瞑想で癒してみる、このぐらいでよろしいかと思います。

瞑想のコツはゆるめることだと書いた通り、頑張って座っても瞑想状態に入りにくいです。

ですから余裕をもって瞑想にも取り組んでみてください。

特に、体調が悪い時は気をつけてください。

結論は、瞑想は体調不良にオススメであり、瞑想を継続することで癒されていくということです。

 

回答:考え中。 BY 阿里

阿里坊主は瞑想をしながら考え中です。

 

KIYOSHI
ヨギボズQAの一覧はこちらになります。 → ヨギボズQA目次

現在YOGGY&BOZUは休止中でございます。代わりに日本で一番簡単な瞑想会と称しまして、瞑想会を開いておりますのでご興味のある方は瞑想会からご参加されるのをオススメ致します。スケジュールはこちらより確認頂けます。 → スケジュールを確認する

 

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。
Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。
ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。
日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹