瞑想は手放すことで、ただ起こってくることを知ること。あなたは存在です

MEDITATION-瞑想

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・12/6(木)19:00〜21:00 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/1(土)13:00〜19:00 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

瞑想会を開催しております。

瞑想の基本は手放すことです。

握りしめるこではなく、手放していくことです。

何度も聞いたことがあるでしょうが、今一度手放してみることです。

そうすると、起こることが起こってきます。

起こることが起こってくることに気づいていきます。

何か作為的なことをする必要がないということに気づいていきます。

 

もう一度、手放してみる

人は慣れてしまう生き物です。

ですので、大事なことは何度もインプットしないと入ってきません。

初めて聞いた情報は新鮮なので聞けますが、同じような話を2回目に聞くと「知ってる知ってる」と話半分に聞きます。

聞いたことがあるだけの情報が、せっかく自分にとって大事でも入ってこなくなってしまいます。

「手放す」というのもそういった言葉になっていることでしょう。

もう一度手放してみる、というのもそのための提案です。

手放すなんて聞き飽きたでしょうけど、それでも手放すのです。

今一度、瞑想で手放すことに意識を向けてみてください。

瞑想会では緩めることを徹底的に誘導します。

でも緩まないんですね。

そこを緩めて頂きたい。

緩めが起こることが起こります。

起こらないというのは緩んでいないということです。

緩めるということも沢山聞いてきた言葉でしょう。

新しく聞いたものと思って、緩めてみてください。

 

今一度、委ねていきましょう

起こることが起こっていないというのは緩んでいない証拠です。

緩めば起こります。

瞑想状態に入っていけます。

大丈夫です。

余分な力を手放して委ねてみましょう。

あなたは自身は存在しているだけで価値があります。

その価値に気づいていけるのです。

楽に楽しくなっていくのです。

価値ある存在であることは、瞑想していると気づいていけます。

理由はわかりません。

ですが、事実として分かってくるのです。

私たちは全員が価値ある存在なのです。

(そして、あなたは、私は存在そのもなのです)

 

あなたが存在しているだけで価値があることが知れてくる

あなたが存在しているので、この宇宙が存在します。

あなたがいないと宇宙は存在しません。

認識されて初めて宇宙は存在できるのです。

あなたが宇宙でもあるのです。

だから、あなたは価値ある存在なのです。

その価値ある存在であることが瞑想で確認していけます。

体感として確認できるのです。

瞑想のためには委ねること。

緩めることです。

委ねて、緩めることで瞑想が起こってきます。

 

あなたの存在価値がどんどん分かってくる

あなたの存在が宇宙を作っていると書きました。

あなたが宇宙を支えているとも言えます。

どんな条件のあなたでも一緒です。

あなたがいることで宇宙が存在しています。

素晴らしいことです。

なんのためにでもありません。

あなたがただいるという事実が宇宙を作り出しているのです。

価値あるあなたがやることは、なんでも意味のあることです。

あなたがやりたいことを好きに表現していくことが生きることです。

やりたいことを表現されていますか。

ワクワクすることを表現されていますか。

気になっていることを表現されていますか。

観じるままに行動することです。

それがあなたの役割です。

頭で考えても分からないことです。

頭で納得していると、それはもしかしたら違うかもしれません。

緩めて、委ねて瞑想で気づいていきましょう。

観じることに気づいていきましょう。

直観で入ってきた情報にあなたの役割があるのです。

 

終わりに:直観が入った時、それがベストタイミング

この世は最高に楽しいゲームです。

楽しんでいきましょう。

役割が人それぞれあると思いますが、あまり考えずに直観のままに楽しんでいきましょう。

直観をどんどん現実化していきましょう。

その結果、自分の役割が分かってくるのです。

直観だからといって受け身になる必要はありません。

積極的に行動していくことです。

直観で入ったタイミングがベストタイミングなのです。

その時以外にタイミングが整うことはないのです。

直観が入った時、それがベストタイミングです。

どんどん直観を表現していきましょう。

そこに生まれた理由が隠されています。

 

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。