ヨギボズクラス報告:ヨガは人がいると集中できないのか、そしてアーシング@新宿御苑

クラス報告

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/9(日)13:30〜15:30 浅沼圭の「身体と遊び、あなたの可能性を開放する
・9/11(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・9/16(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 インサイトマップ講座

YOGGY&BOZU@新宿御苑にご参加頂きましてありがとうございました。

今回のヨギボズは新宿御苑での開催での外ヨギボズでした。

新宿御苑の春の風が、とても気持ちよかったですね。気温もちょうど良く暖かくなり、助かりました。ありがとうございました。

それにしても、お花見シーズンということで、物凄い人がいてびっくりでした。

当初は寒いかな、という気温の心配だったのですが、蓋を開けてみれば花見日和になっておりまして、少々並びました。

そして、ヨガの場所を探しがてら、新宿御苑をお散歩して、花見もして、新宿御苑を堪能してからのヨガでした。

 

前半ヨガ、後半瞑想の黄金パターン

engawayoga-20160326-sotoyoga-19前半はヨガをやりました。いつも通りの三点倒立です。

後ろのビルともマッチしており、素敵な写真に仕上がっていますね。

瞑想に向けて全身をほぐして、全身の血液やリンパ液を流していきます。

動き始めたときは、気だるさも出る場合もあります。

それは、いろんなものが流れている証拠です。

エステやマッサージでもそのようなことがあるそうです。

気を落としたりすることなく、アーシングをしながら(アーシングについては以下に書きます)ヨガをやれてよかったです。

よく、継続することが大切だということを書きます。(ヨガでもなんでも)

身体というのは成長するものです。ですが、老化もします。

だからこそ、継続して身体を向き合うことで、自分の役割を身体をとおして体現できるのだと思っています。

ヨガだけの話しではなく、継続して身体の定点観測をしつつ、身体の使い方と向き合うと楽しい人生が訪れることでしょう。

 

やっぱりアーシングは疲れを取る

engawayoga-20160326-sotoyoga-14

アーシングというのをご存知ですか。体内に溜まっている静電気を放電させることですね。

大地に直接、脚や手、身体を触れさせることで体内の静電気を放電させて地球にアースさせることです。

アースすることで疲れがとれるわけですが、やっぱりこれは効きますね。

もちろん、主観なのですが、ヨガ終了後にはとても身体が軽いです。

アーシングをすると時差ボケも治るということで、海外に行った際には公園で裸足になって寝っころがるという人もいると聞きました。

たしかに、体内時計をリセットしてくれそうですね。あと、なんだかわからない、気だるい感じも足裏から地面へと流れていくような感覚があります。ぶわ~と流れていきます。

今回はマットを敷いたり、敷かなかったりと自由にやりましたが、みんなでマット無しを半強制でやってもいいですね。

体感すると気持ちよさがわかりますからね。

登山でも公園の散歩でも靴を履いてますし、靴下も履いてますから、裸足になって出来る限り地面と身体がつく時間を増やすようにこれからは工夫しようと思いました。

アーシング、ヨガと瞑想と合わせると効果絶大です。

まだまだアーシングの可能性を感じます。アーシング試してみてくださいね。

外ヨガではアーシングをすると一石二鳥で体がすこぶる元気になる

2015.11.08

◎ その方法はいたってシンプル――あなたを大地につなげるだけです!
◎ 事例、実践例が満載!
◎ もうこれは誰も無視出来ないNEW HEALING WAVEのすべて
◎ アーシングをはじめよう!
◎ 人類は秘められた地球のパワーにやっと目覚めた!
◎ 慢性病のデパートと化した現代人/地球とつながっていない症候群
◎ 地球の表面から何かが出ている……地球から電子をもらおう !
◎ 地に足をつけて地球のヒーリングパワーとつながろう! 地球の「氣」をもらおう!
◎ 地球は自由電子の宝庫/人間をアースするその方法
◎ アーシングで熟睡できる/アーシングは心臓病に対するツールになる!
◎ すべて病気のもとは炎症/炎症のメカニズム=現代人は電子欠乏状態
◎ アーシングの抗炎症作用/寝たきりの老人がなぜ?
◎ 地球から人間に電子が流れる/アーシングで氣の流れを活性化

 

瞑想のあとのゆっくりとした時間が、外だとさらに気持ちがいい

外での瞑想はなぜにあんなに気持ちがいいのでしょうか。

個人的にも外で瞑想する習慣を見つけたいですね。

今回は新宿御苑でしたが、みなさんの近くでも公園や山があれば、外での瞑想を試してみてください。

日常生活では味わえないほどの、心のデトックスが味わえると思います。

周りの人や瞑想に関しての最低限の注意事項は抑えた上でよろしくお願いしますね。

外ですと、寒かったり暑かったりもありますし、日差しや風もあります。人に話しかけられてしまうこともあります。

場所の確保は大事です。深い瞑想に入ってしまうと、あまりにも無防備でもありますので、そのあたりもご注意ください。

今回は人が多いこともあって、集中しきれないときもあったかと思います。それはそれとして、いまここを思い出すきっかけになったと思います。

ヨガスタジオにおいては人がいて集中できないことはありませんが、逆になんとなくやってしまっていることも多いと思います。

集中ということを思い出すきっかけになれると幸いです。

ヨギボズQA:瞑想は部屋以外でも行なっていいのですか?どこで行えばいいですか?

2016.02.18

ヨギボズQA:瞑想が終わったあとに、ぼぉ~としてしまうのですが、大丈夫でしょうか?

2016.02.14

 

阿里坊主の感想

いつも通り、阿里坊主から外ヨガの感想をもらっています。ご紹介しますね。

ari

ご参加頂いた方、ありがとうございました。とても寒かったので外での開催を憂いておりましたが、午後から晴れて気温も上昇、心機一転とても気持ちの良い公園日和になりました。

そんな新宿御苑でのヨガと瞑想。やはり公園でのヨガと瞑想は気持ち良かった。私はヨガマットを持っておりましたが、あえてマットを敷かずに芝生の上でヨガと瞑想をしました。

地面を裸足や腰で感じながら、微妙な地面の傾斜に体全体でバランスを取って、なおかつ芝生をえぐらないように力を抜きながら…。もうよぎぼずは外で全部やるか、というくらい気持ち良い時間でした。

しかし折しも、時期は小春日和ともなう開花前線まっただ中、新宿御苑はとても多くの人で賑わっていました。話しながら行きかう人々、楽しそうにシートに座るグループ、迷子を探す放送、などなど…

こちらも雰囲気にあてられ、ヨガも瞑想もどこか集中しきることのない落ち着かない空気を感じました。

この人も自然も、陽気につられて一気に動きはじめる落ち着かない感じ。でも、それが決して嫌じゃなくて、むしろ心地よい感じ。やっと春が来たんだなぁ。そんな気持ちにさせる公園でのよぎぼずでした。

これから良い季節です。よぎぼずもちょいちょい外を増やしていこうかと思ってます。

皆さんもお時間があったら、外でヨガして瞑想する時間を一緒に持ちましょう。

 

終わりに:話すは離す

人に話すということは、離すことにつながると思いました。

掴んでいるものごとを、いったん人に話すと、放たれて、自分の身体から離れると思います。

あくまでも体感でそう思っているだけなのですが、実感されている人も多いことでしょう。

女性の方でずっと話している人がいると、離れたいことを沢山抱えているのかな、と思ってしまうことがあります。

相手にすべてをぶつけることはお互いのためにもやめた方が懸命ですが、雑談というのは思っている以上に人間に必要なのかと思いました。

新宿御苑のヨギボズクラスの前後で、阿里坊主(プロフィールはこちら)とかなり話し込んだことで、いろんなことが前に進み始めました。

前にも、横須賀方面にあります逗子で阿里坊主と話し込んだ時も、頭の中が整理されて先へと進みました。

人生はトレードオフである:逗子で打ち合わせしてきました

2016.03.29

ありがとうございました。