ヨギボズQA:瞑想が終わったあとに、ぼぉ~としてしまうのですが、大丈夫でしょうか?

瞑想

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・11/4(日)9:00〜10:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・10/23(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・10/28(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・10/31(水)19:45〜21:30 阿字観瞑想 ゲストで阿里坊主が来ます。
・11/18(日)15:30〜18:30 ハンドスタンドWS ララ先生の倒立WSです。
・11/4(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・12/1(土)13:00〜19:00 特別の日、インサイトマップ講座

 

こちらのヨギボズの回答は、
SUWARU(日本一簡単な瞑想会)の補足事項として書いております。


「ヨガをより楽しめるように」
「瞑想がより起こりやすくなるように」
「日常生活の深刻さが減少するように」

皆様がご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。

それでは今回の質問と回答になります。


質問:瞑想が終わったあとに、ぼぉ~としてしまうのですが、大丈夫でしょうか?

わかります。ぼぉ~としてしまう時はありますね。

これは、出かた(瞑想の終わり方)が問題ですね。

深く瞑想に入ったときほど、ゆっくりと意識を戻していくことをオススメします。

それでは、ヨギーと坊主の回答になります。ご覧ください。

 

回答:瞑想では代謝が下がっているので、代謝を戻してから目を開けること。 BY KIYOSHI

engawayoga_20160206yoga7

瞑想状態というのは睡眠状態よりも深い休眠状態になります。

ですので、代謝が非常に下がっていきます。

瞑想後に目を開けると、その代謝が上がります。

下がった代謝をいきなり上げてしまうと体がびっくりしてしまいます。

だから直ぐに出ないこと、すぐには目を開けないことが大事なのですね。

 

瞑想のあとには、代謝が下がっているためゆっくりと目を開けること

ぼぉ~としてしまうのは、いきなり目を開けたりして、代謝が戻りきらずにいつもの生活へと戻ってしまうからだと思います。

ぼぉ~としてしまうくらいでしたらまだいいのですが、なかには頭痛が起こったり、体調が悪くなる方もいらっしゃいます。

寝起きにたたき起こされるような感覚に似ていると思います。

寝起きにいきなり、強い光を目に入れられたり、体を起こされたりすると辛いですよね。

ですので、慌てずに十分に時間をとってから目を開けるようにしてください。

 

具体的には、どのようにして代謝を戻すのか

呼吸と体をゆっくり動かすことです。

  1. 呼吸に意識を向ける
  2. 手首を回す
  3. 足首を回す
  4. 伸びをする
  5. 呼吸を深めつつ、首や体全体を動かし始める
  6. 十分なタイミングで目を開ける

流れはこのようになります。

呼吸は深呼吸するイメージですね。丹田呼吸をご存知の方は丹田呼吸もオススメです。

丹田呼吸については、また書きますね。

十分だと自分で感じてから出るようにしましょう。少しまったりとしてから目を開けてもいいですね。

時間の目安では5分は取りたいところです。

この時間が非常に大事な時間なので、代謝を戻るときにストレスがかからないようにゆっくりと抜けるようにしてください。

ぼぉ~としてしまうというのは、それだけ瞑想に深く入れていることの現われでもあります。

瞑想中も寝ているのか起きているのか、よくわからない状態かと思います。その状態こそ瞑想状態(空を体験している)でございます。

ですので、これからは上記の手順で瞑想から抜けるようにして、さらに瞑想体験を深めていってください。

一緒に瞑想できることを楽しみにしております。

KIYOSHI

瞑想はこれからの時代は特に大事に思っています。瞑想自体は古くから伝わっているシステムではありますが、瞑想が新しいパラダイムに必須に感じます。ぜひ、これからも続けてみてください。

 

回答:瞑想を終える時は、優しく少しずつ身体を起こしていくことを仏教では出定(しゅつじょう)といいます BY 阿里坊主

engawayoga-20160325-31

瞑想が終わったあとにぼ~としてしまうことは、自分も経験があります。

身体の感覚も現実感も薄いような、まるで寝起きの時のような感覚になったことがあります。

瞑想を長く深くした時には特になりやすいかもしれませんね。

この質問は大事なことですので、きちんと答えさせていただきますね。

 

心を壊すこともあります

一言で答えますと、これは大丈夫ではありません。

瞑想が怖くなるようなことを言いますが、最悪の場合には心を壊すこともあります。

しかし、押さえるポイントをきちんと理解していれば大丈夫です。

何故こういうことが起きるかというと、瞑想は自律神経に作用するからです。

そのあたりから説明していきましょう。

 

自律神経とは

ざっくりとおおざっぱに説明すると自律神経は二つに大別することができます。

  • 活動を司る神経:交感神経
  • 沈静を司る神経:副交感神経

日中には交感神経が優位になり、活動することに適した身体の状態に。

夜間には副交感神経が優位になり、休息することに適した身体の状態になります。

例えば、不眠症は自律神経の乱れが原因と言われることがあります。

夜遅くまで働いていたり刺激のある光を浴びていると、夜になっても交感神経が働いて副交感神経が優位にならないので、身体が休む状態にならないということですね。

 

瞑想は自律神経に作用する

瞑想はこの自律神経の乱れを正し、特に副交感神経を優位にする働きがあります。

副交感神経が優位であれば、瞑想も自ずとより深まるものです。

しかし瞑想を終える時を大事に意識して体を慣らさないと、身体が活動モードではなく沈静モードのまま生活活動に戻ってしまうことになります。

ぼ~っとするというのは、身体が沈静モードから抜け切れてないことが原因です。

これがひどい状態になると、寝起きにダッシュをするようなもので、心身に多大な負担をかけます。

最悪の場合には心を壊すということにもつながることになります。

 

瞑想を終了する時を大事にする

対処は簡単です。

瞑想を終える時は、優しく少しずつ身体を起こしていくことです。

優しく目を開ける、手首足首をまわす、深呼吸をする、背伸びをする。

身体と心を馴染ませるように優しく少しずつ動かします。

これはどの瞑想でも重視されております。

特に仏教では出定(しゅつじょう)と言われております。

この出定は簡単ですが、とても大事なことです。

瞑想が深まった時には、最低でも三分はかけて体を慣らしましょう。

できれば五分はかけたいところです。

瞑想した時間と同じ時間を出定にかけろという方もいるくらいです。

実際にそこまでは難しいものですが、それくらい大事にしようということですね。

よぎぼずではこの時間を自然に持てるように努めております。

一人で瞑想する場合は意識しておきましょう。

 

今までは頭でアイデアを考えていたのですが,これからアイデアは,真我から閃きで得るのです。

それを現実に表現する時,頭を使うわけです。

ですからこれから頭は,道具として使うのですね。

あるがままに生きる - 足立幸子

 

 

ー 瞑想へのヒント ー

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。

Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。

ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。

日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹

あなたが今の瞬間を讃えた途端に、あらゆる不幸や困難が消え去り、喜びや落ち着きと共に人生が流れはじめる。今の瞬間の意識を行動で示せば、あなたが行う全てのことに気品や、配慮や、愛の感覚がもたらされる…たとえ、それが最もシンプルな行いだとしても。

エックハルトトール

人類全員をイルカにしたい。

落合陽一

 

KIYOSHI
ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。記事を読んで頂きありがとうございます。これからも応援をよろしくお願い致します。