YOGGY & BOZU を始めて1周年が経ちました(この前笑)。のらりくらりとやっていたけど、とても大切な一年だったと痛感。

YOGA&BODY-ヨガと身体

KIYOSHI

【お知らせ】
8/19(日)13:30〜15:00で日本一簡単な瞑想会を目指しているSUWARU開催です。
8/19(日)15:30〜17:00で真言密教に伝わる阿字観瞑想会を開催です。

SUWARUについてはこちらから。
阿字観瞑想についてはこちらから

 

YOGGY & BOZU を始めて一年が経ちました。

燕スタジオさんで、初めて開催させていただいたのが、2014年9月6日です。

色々とありながらも毎月1回から2回ほど開催することができまして、ありがとうございました。

 <参考記事:なぜYOGGY&BOZUを始めたのですか?

あっという間に一年が経ちました。

ご参加くださった沢山の方々ありがとうございます。

 

初めてのときは緊張しましたよ、とか言いたいけど、、、

始めてクラスを開催した時は緊張をあまりしませんでした。

「むしろ、ワクワクしました」とか言いませんよ。

緊張よりもクラスが満足頂けるのか、考えていました。

少し考えすぎていたのだと思いますね、だから緊張よりも、クラス内容や流れなどに頭のリソースを使っていたのだと思います。

いい思い出です。

ヨガと瞑想のクラスが、あるようで無いですからね、それを燕スタジオでやるというのは人が来るのか不安もあったし、今書いたように、内容が受け入れられるのか、悶々としていたような気がします。

 

クラスの中身の基本ができた

前半ヨガ、特にアサナを中心とした動くことをします。

後半は瞑想、緩めることを主眼にプログラムが組まれています。

この流れは初回から大きく変わっておりません。

ヨガをやることによって動的にエネルギーを流すことができます。

ヨガではエネルギーの大きな交差点をチャクラと表現していますが、そのチャクラにエネルギーを身体を動かすことで流していきます。

いきなり瞑想だと、集中できなかったり、そわそわしたり、むずむずしたりと、慣れていないうちは難しいものがあります。

YOGGY & BOZUでは、それをうまく解消して、瞑想に入りやすくするために、前半ヨガ、後半瞑想という流れでやっています。

 

実感として、ヨガと瞑想は一緒にやるといいことがわかってきました

理屈ではアサナを深めてから、ダーラナー(集中法)、瞑想法をやるのが良いとされています。

その方が深まりやすいのです。

それが、一緒にたくさんの人を座ってきて、本当にそうだなという実感が伴いました。

ヨガを前半やることで、身体が変わるのはもちろんですよね。

それだけでなく、表情も変わってきます。

これが瞑想に入るためにとってもいい。とっても大事。

 

エネルギーとか、チャクラとか、プラーナとか言っても、それがリアルに体感できないと、妄想で終わってしまいます。

0039_large

それに比べてアサナはやっぱり素直です。

やったことが、その場でリアルに身体に起こってきますから。

リアルに身体に起こっていることが、実は表情にも表れます。

だから表情の変化が大事なのです。

ひとつのバロメータになりますし、表情として出てきたものは、そのまま心の変化と繋がっています。

心の変化はエネルギーの変化なります。

そういうことで、アサナ、表情、エネルギーと捉えることがしやすくなるのです。

 

ヨガをやってから瞑想をすることをオススメします

身体を動かすことでリアルに体感して、そこから心へと作用を深めていき、エネルギー状態までも変化させていくアサナ。

そして、バランスのとれた状態で瞑想へと向う。

瞑想状態を呼び込む。

この流れは、良く出来ていると思います。

こんな感じで、のらりくらりとやっておりますが、もし良かったら遊びに来てくださいね。

お待ちしています。