身体から硬さをとっていくと、心もやわらかくなっていくのですか?身体と心は繋がっているのですか?

よくある質問

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

身体が硬いのでヨガをやっても大丈夫ですか、という質問を時々もらいます。

もちろんやってもいいですよ、と答えております。

初めは硬くて当然ですね。わたしもとっても硬かったです。

ヨガをやっていくうちに身体は柔軟性を身につけ、ほどよい健康へと成長していきます。

直ぐに柔軟性も高まり素敵な生活になる、とは言えませんが継続していくことで、必ず成果は出ると思います。

ヨガの良いところは、裏切らないというのもあるのかもしれませんね。

EngwaYogaのヨガクラスは「カンフル剤」ではなく「漢方薬」

2016.04.11

ヨガは体が硬くてもできますか?

2015.11.12

 

身体と心は繋がっている

今回は、身体が軟らかくなると心も自然と軟らかくなるのではないかという話しです。

身体をゆるめると心もゆるむ感じがしませんか?

実際に気持ちがいいですよね。だから物理的にもスッキリすることで心もスッキリします。

身体というのは心と密接に関係しています。

身体の体調を整えると心も整うのです。

例えば、シャバアサナ。身体を横にして仰向けになり、全身を緩めていきます。全身を緩めていくだけで、身体の解放だけでなく精神の解放も起こります。本当に気持ちがいいです。以下のように身体をあお向けにして緩めていくだけです。

yoggybozu-gyoen-2

作用としては、先に身体だと思います。頭の先からつま先までを、脱力していきます。呼吸に合わせて脱力していきますと、精神的にも脱力が置きて、煩わしいことや怒りや心配が消えていきます。

心に効くのですね。このように横になって、ひたすらに脱力していくヨガの技法もあります。ヨガニードラと呼ばれる眠りのヨガというものです。こちらもオススメです。

やってみるとわかりますが、身体を労わってあげると心も喜ぶということが実感できると思います。

ヨガニードラを初めてやる方へ、気になっている方へ簡単に説明します

2015.11.24

 

脱力ではなく、使う側でも繋がっていることが実感できる

ヨガでは、バカアサナやエーカパーダカウンディーニャアサナなどのアームバランスのポーズがあります。以下のように腕でバランスをとるポーズになります。

engwayoga-20160430-6

こちら、お腹の奥の方も使うのですが、腹を使うので活力が出るとされています。いわゆる丹田と言われるところです。活力の源泉です。

実際にパワーが出るのです。バカアサナなどのアームバランスをやったあと、活力溢れるように動く生徒さんも多くいます。柔軟性だけでなく、意識して使用することだけでも心に作用するのですね。

身体を使うことで活性かもできる。身体と心のつながりを実感できると思います。

 

柔軟性の解放は、記憶の解放

前に、仲間のヨガインストラクターさんから面白い話を聞きました。

簡単に要約させてもらいますね。

子供からご老人まで、様々な年齢向けのヨガクラスをやったそうです。

ヨガクラスといっても、これだけの年齢層を対象にしているので、ヨガというよりは、ほぐしたりストレッチしたりと和気藹々としたクラスをやっていたそうです。

そのヨガインストラクターさんも一緒に混じりながらアジャストもされていたそうです。

あるご老人のハムストリング(太腿の裏側)を伸ばしているときに、「この足の裏は怪我をしてね、その時は、こんなことがあって、あんなことがあって・・・」と10分くらい永遠と話すそうです。

それで、柔軟性が高まって解放されると、そこの話をしなくなるそうです。痛みと一緒に思い出を語り、痛みがなくなるとケロッと忘れてしまうそうです。

面白いですよね。因果関係がそのまま柔軟性やヨガとは繋げられないですけど、筋肉や身体が痛みとともに記憶してしまていることもあると思います。

 

身体を動かすと、実際的に気持ちがいいですよね

身体を動かすと、柔軟性とか鍛えるとか置いといて、気持ちいいものですよね。

それ自体が既にヨガです。身体と心のつながりを言葉にしなくても、実生活で体験しているのですね。

 

ウォーキングのようにヨガも効くと思っています

ヨギボズQA:瞑想ではありませんが、ウォーキングも心を整えるのにいいですか?

2016.04.12

ウォーキングも心を整えるのにいいですよね。

セロトニンが出ることも言われております。

マインドが暴走したりするのを防いで「いまここ」を味わうのにもいいですね。

ヨガとも相性が良いと思います。

身体の強張りを解放するように気ままに歩くのがよろしいと思います。

 

武道も身体に効いて、心に効く

武道も心に効きますね。

実際は身体を鍛えているのですが、相手と対峙することで心を養っていきます。

合気道などは、本当に凄いものですよね。

阿吽の呼吸という表現もあるとおり、身体を超えて心でつながる心身一如の世界へ、武道は連れて行ってくれると思います。

もちろん、その為には修練が必要だと思いますが、少し身体を動かしてみる程度でも心と身体のつながりを実感できると思います。

武道で一番大事なのは丹田への意識とも言われていますね。

丹田呼吸は豊かに生きるためのエンジンだ

2016.05.06

 

カウンセリングは心の前に身体をほぐす

カウンセリングの人から聞いた話しで、話始める前に簡単なストレッチをすると悩みがかなり解消されるということがあります。

解消までいくのかは分かりませんが、相当効くそうです。

身体を緩めたり、伸ばしたり、深呼吸して伸びをすると人は悩みが消えていくらしい。これは面白いですね。

日常生活に取り入れてみてください。

逆に、身体が強張って肩こりや腰痛も酷いと、滅入ってしまいますよね。

だから、緩めて、脱力して、伸ばして、深呼吸しておきましょう。それだけでもかなり違います。

 

追伸:それでも、「身体が固いのですが、ヨガをやっても大丈夫ですか?」と思う人へ

身体が固いからこそやってみるという視点はいかがでしょうか。

ヨガは柔軟性を高めることが目的ではないのは十分にご理解いただけたと思います。

柔らかくすることが目的ではありませんが、ヨガのポーズをとることで身体は軽くなり、とても生活しやすくなります。

ポーズの完成にこだわる必要もありません。

自分の気持ち良さを重視して、続けてみてください。

急いでも身体は変わりませんが、続けていると自分で思っている以上に身体は変わっていきます。

山登りのように、景色を楽しみにながら、時には休憩して登り続けていると、気付いたときには高いところまでいることでしょう。

「固いけど・・・」という心の固さをとって、一歩踏み出してみましょう。

新しい世界が待っていると思いますよ。

engawayoga-20160325-25