やろうとするのではなくて、やれることを知る。クラスの補足に変えて。

YOGA&BODY-ヨガと身体

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

今日もクラスへ参加してくださった方々ありがとうございました。

「BORN TO YOG」を楽しんで頂けましたでしょうか。

僕のクラスでは、やりながら色々とぺちゃくちゃと喋っていますが、そのへんのことを少し補足しますね。

 

原理原則のお話し

engawayoga_photo_20151121_17

僕のヨガクラスの一つの特徴は、細かい事をそんなに説明しないことです。

普通のクラスではアライメントや呼吸のタイミング、そして目線など様々な指導が入ります。

それはそれで、とってもとっても大事なことなのですが、そのあたりの細かい事はあまり伝えません。

いや、伝えるんですが、こだわりません。

理由は様々ありますが3つほど書きますね。

もちろん今の考えであって、変わりますから参考程度にお願いしますね。

 

様々な流派の人がクラスに来る

engawayoga_class_1

「BORN TO YOG」には様々な流派の方がいらっしゃいます。

アシュタンガヨガ、ハタヨガ、シヴァナンダヨガ、アヌサラヨガ、新体操(これは流派ではないか)などなど、いらっしゃいます。

なので、その流派の方法を大事にしてもらっています。

もちろん、僕も説明はしますよ。怪我があってはよくないですしね。

でも強制しません。そこは大事なことだけどmustではありません。

それぞれの流派のアライメントでいいと思っています。

その人の成長の過程を尊重します。

KIYOSHI
なぜか、わたしのクラスはヨガの先生がたくさん来るのですよ。有難いことです。

また、ジムで教えている人、ウルトラマラソンに出ている人、パーソナルトレーナーなど面白い人が沢山来てもらえるので、クラスに参加すること自体の楽しさが増していると思います。

こうやって色んな仲間(ヨガではKULAと呼びます)とやれることが成長への原理原則のひとつです。

 

聖者がアライメントをうるさく言ってない(と思う)

ヨガは本来、師匠から弟子へと伝授されていたものだと思うのです。

当時は山の中や洞窟で修行したりしていたでしょう。いまでもヒマラヤの奥地で修行されている人がいます。

その時に、アサナの練習を師匠が見て、「もっと踵を引き上げる!膝伸ばして!胸を引き上げて伸びていこう」とか言ってないと思うのです。(ちなみに、わたしはヨガクラスで言ってます)

もっと本質的なことを言っているはずです。呼吸だったり、意識の向け方であったり、瞑想であったり、そちらを指導していたはずです。

もしかしたら、指導そのものが無かったかもしれません。師弟関係ですからね。

具体的にはわかりませんが、そのような鍛錬において、エネルギーを引き上げて、生きる力を高めるにあたり、アライメントなどの細かい事は言ってなかったと思います。

そもそも師弟関係では「教える」という行為が学校の先生と生徒との関係とは根本的に異なりますからね。

そういった意味ではヨガのインストラクターも本質的には師の役割が求められると思います。

「先生はえらい」って知ってましたか?

2016.04.03

 

枝葉末節よりも原理原則が基本

原理原則を大切にしています。

安易なノウハウは特に教えておりません(というか、僕が知りません、、、)

一見、ノウハウっぽいことを伝えていても、原理原則で話しています。

原理原則をマスターすることは僕もまだまだですが、原理原則はどこにでも応用出来ます。仕事でも生活でも、日々すべてに影響を与えることができるのが原理原則です。

そして、何をするでも間違いない方向へ進んで行きやすいです。

それこそが原理原則です。ビジネスでもそうですよね。

近江商人の三方良しという考え方も一つの原則として守ることによって、商いを成功させています。

どこの世界にも原理原則が、それをマスターし、それをよりどころにすることで、飛躍できると考えています。

 

原理原則はどこでも通用する

soto_5

ヨガを通して「生きる力を高める」というのは僕のテーマの一つです。

ヨガをやっているばかりに変な人になっては本末転倒です。

先生やヨガそのものに依存してしまうのもまた違います。

そのあたりのことを注意しつつも、やっぱりヨガは楽しいし、ハマります。

ヨガでの成長が、そのまま生きる力の増加に繋がるようにするためには、原理原則論が大事なのです。

ということで、また遊びに来て下さい。

遊ぶってことも一つの大事な原理原則ですね。

禅では「遊戯三昧」という言葉もあります。

ここまでの境地至れれば嬉しいですね。

そのひとつは愉快にいこうというものでもあると思っています。

ヨガクラス中は、愉快にいこう

2016.03.31

クラスを愉快に受けることは、そのまま周りへの贈与でもあると思います。

ではまた。