手のひらをしっかりと開くと良いですよ。クラスでは、このような当たり前の話しもします。クラスの補足に変えて。

KIYOSHI
【お知らせ】EngawaYogaスタジオ@代々木・新宿では早朝BORN TO YOG瞑想会、WSも開催中。代々木・新宿駅から徒歩6分くらいのレトロなヨガスタジオです。

→ EngawaYogaスタジオの紹介はこちら


前回記事で、ヨガクラスで「どのようなことに気をつけて話しをしているか」について簡単に書きました。

やろうとするのではなくて、やれることを知る。クラスの補足に変えて。

2015.10.05

結論を書きますと、ヨガクラスでは細かい事をくどくどとは説明はしないという話しでした。

伝わりにくかったところもあると思いますので、補足としてさらに書いてみます。

簡単に前回の話しから書いてつなげていきます。

 

原理原則が大事であり、それが基本である

engawayoga-yoggybozu-20151108-12

原理原則論で話しをすることが多いと言いました。

「太陽礼拝を何分やろう」とか「このアサナをやると○○筋にいい」とかはあまり話さずに、「繰り返し練習する工夫をするにはどうするか」とか「練習をするにあたり、必ず改善をいれるように意識してみると成長する」など、そういう話しになるのです。

また、前回書いたことだと、

  • 様々な流派の人が来るから、その人たちの流派で習うアライメントを大切にするということ
  • 聖者はアライメント細かく指示していない(はず!)

ということを書きました。

これはかなり納得のいくことだと思うのです。

流派によってアライメントが異なりますよね。それぞれの人たちが、それなりに修練を積んで編み出したものです。それをあなたも勉強して身につけていると思います。

「私がクラスで教えるアライメントと生徒さんが学んできたアライメントと異なるから毎回矯正する」というのも手なのですが、それぞれの好みもありますのでこだわりません。

生徒さんがそれぞれの出会いやご縁でヨガをやられてきて、その生徒さんの思いやその人の人生があります。

ですので、アサナのアライメントは伝えるだけで、強制するようにはこだわったりしていません。

実際には、こちらが指導しても好みがあるのか、いっこうに変えない人も多いです。

別にそれで構いません。本当に構わないと思っています。

いいじゃないですか、アライメントは手段であって目的ではありませんからね。

聖者もそこはそんなに気にしていなかったと思います。

それよりもナーディのつまりをとって、シャクティを流し、チャクラを活性化すること、そして空につながることに重点を置いていたはずです。

(意味のわからない人はスルーしてください)

 

身体の状態によってベストなアライメントも変化していく

さらに補足して書いていきます。

まずは、身体の状態によって、その時に必要なアライメントは変化するということです。

これもヨガをやっている人なら当たり前のことですね。

怪我もすれば変わりますね、怪我しているのに思いっきりはやりません。かばうようにして、行うアサナもあると思います。

KIYOSHI
アライメントは気にしないと言ってましたが、もちろん怪我をするようなアライメントを放置するわけではありません。怪我をすることで気付けることはありますが、やっぱり身体の基本的構造は考慮してアサナの指導はしております。

また、人の骨格も異なりますよね。

教えていると思うのですが、肩甲骨とか人それぞれですよ。見た目だけでもかなり異なります。

可動領域も個体差がかなりあります。初心者でもいきなり3年や5年ヨガをやっているぐらいに動かせる人もいます。

それは柔軟性なのではないのか?といえばそれもあるのですけど、骨格やセンスにもかなり依存します。

多くの人が伸びている、って感じている時に「どこが伸びているの?」みたいな人もいるわけです。

さらに、筋肉量も異なりますよね。

無理にやれば痛めますし、キープし続ける体力も異なりますから、深め方が変わります。

これら全てを考慮してのアライメントなので、基本はあれど決まった方法にこだわるのではなく柔軟にやっていくのがいいですね。

 

知識として、アライメントを抱えない

engawayoga_photo_20151121_36

人は知識を抱えこんでしまいます。

知識を自分と同一化していきます。

それでは、知識の通り自分を動かすだけになっていき、体験ということが薄れてしまいます。自分を観察するということもなくなっていきます。

これでは、せっかくの知識も全く意味が無くなってしまいますし、マイナスの影響も出てくるでしょう。

 

身体をどこに置くのかという位置のこと、意識を向けるところなど、コツや知識はあります。

それを覚えることが悪いという訳ではなくて、それを抱え込んでしまうと厄介なことになるという意味です。

知識を持つ事でその「知識」にこだわり、不自由になってしまうこともあります。

知識を抱え込むと、それが絶対になり、知識が私になっていきます。

そうするとどうなるでしょう。

知識と違うことを言われれば、私が攻撃されたと思い、そのアドバイスをくれた先生に嫌な気持ちを抱きます。先生は今のあなたの状況を見て、そのままをサポートしてくれているかもしれません。それなのに反発をしてしまうともったいないです。

さらにそれが進むと「自分の知識が正しい」と確信しているので、「自分の知識」と異なることを言う先生から離れて行きます。(私が正しくないと思っていたらその知識を抱えませんからね)

新しいことも入れられなくもなっていくことでしょう。もしくは、都合の良いことだけを受け取るようになる場合もあります。

これが進んでいくとさらに怖いことが起こります。

その人自身が、その知識で周りの出来ない人を攻撃する道具にもしていくのです。「それは違う、こうやるんだよ」とお節介やアドバイスを超えて、攻撃的になっている人を見たことがある人もいるでしょう。

その人が抱えている知識のようにアサナを出来ていなくても、知識を道具として使ってしまえば、攻撃できてしまいますからね。

だから気をつけた方がいいのです、同一化というのは。

 

ヨガをやる目的のひとつは生きる力を高めること

P1020029

前回の繰り返しにもなりますが、ヨガをやることで生きる力が高まることが大事に思っています。

ヨガをやることで生活の質が向上するのもいいと思います。

ヨガを通して、身体を整えて、より自由に生きられるようにしたいものです。

それは、ただ「アサナが楽しい」でもいいし「瞑想が気持ちいい」でもいいのです。

それでも人生は豊かになっていきます。

もちろん本来の目的は、アサナにしても瞑想にしても他にあるでしょう。梵我一如ですとか、ワンネス体験とか、心身脱落とか。

でもいいのです。起こることが起こっているのですから。

「ヨガをやることでご飯が美味しく食べれるようになった」というのも立派に生きる力を高めています。

これぐらいだと気が楽ですよね。でもこれぐらいでいいのですよ。

大事なことは、生きていくことです。

これからも、楽しいライフを送っていきましょう。

ヨガクラスでお待ちしています。

* ヨガクラス開催中 *

豊かなヨギーになるためのヨガ・瞑想クラスを開催しております。


engawayoga-yoyogi-20170112-2

 

ヨガは漢方薬のようなものです。
じわじわと効いてくるものです。
漢方薬の服用は継続するのが効果的です。
そして、その効果は一生ものです。


たった一度の行動が、
たった一人との出会いが、
人生を変えることがあります。

人生は”偶然”や”たまたま”で満ち溢れています。
直観が偶然を引き起こしあなたの物語を豊穣にしてくれます。

ヨガや瞑想をとことん遊びたい人はオススメです。

限られた日の開催もありますのでチェックしてみてください。

お会いできることを楽しみにしております!


『ぐずぐずしている間に
人生は一気に過ぎ去っていく』

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫) より



* 瞑想会も開催中 *

瞑想を通して本来のあなたの力を掘り起こしてみてください。
超簡単をモットーに瞑想会を開催しております。
多くの一流アーティストが実践されている瞑想。
ぜひ、一緒に座りましょう。

『初心者の心には多くの可能性があります。
しかし専門家と言われる人の心には、
それはほとんどありません。』

禅マインド ビギナーズ・マインド より


ABOUTこの記事をかいた人

Kiyoshi

*EngawaYoga主宰* 2012年ヨガのティーチャートレーニングコースをいきなり受講し資格取得。資格取得中にすでにヨガを教え始める。 瞑想は大学卒業から継続しており、瞑想体験もヨガの指導に活かされている。 3000冊以上読破するほど本も大好きで、東洋思想や瞑想、禅やタオなど好きなものを学びながら現在もヨガ指導にあたっている。 「小さな悟りの円が広がり、ライフシフトのお祭りが世界中で起こること」を主眼に”技習得への情熱”を燃やして鋭意活動中。