自分に呪いをかけないこと、ヨガではその呪いが融けやすく感じる

自己探求

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・1/6(日)15:00〜16:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/14(金)14:30〜17:30 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

ヨガをやっていて感じるのが、自分で自分に呪いをかけたがる人がいるということです。

そのまま意味で呪いですよ、呪い。

普通は、そんなのかけないと思いますよね。

これがかけてしまっている人がいるのですよ。

私も自分自身に無意識に呪いをかけてしまっている時があります。

どうやって呪いをかけているか。

呪いは自分に自分で言葉を言い聞かせることでかけています。

 

「どうせ〇〇だから」は呪いです

「どうせ」という言葉は自分に呪いをかけてしまいます。

言葉というのは自分を解放へと導きますし、同時に縛ることもします。

「どうせ」という言葉を使っているとその方向に自分をどんどん導きます。

自分で使っている言葉を人は証明しようとします。

だから「どうせ◯◯だから」の◯◯を証明しようとするわけです。

どうせダメだからと思っていると「何をやっても結局はダメなんだ」というダメを証明しようと努力し始めます。

無意識にでもそのダメを証明しようとするわけです。

これはもう呪いだと思います。

ヨガスタジオをやっていても「どうせできないから来るのが遅れました」という人もかなりいます。

非常に勿体無いですよね。

やらないでできるわけないのに、やらないことで自己承認をしてしまっている。

「どうせ」という呪いをしている人は気づいてみてください。

 

”私は報われない”ことから離れる

頑張っているのに報われないということを言うことも呪いです。

報われることと頑張ることは別問題です。

頑張る方法も無限大に存在しますし、頑張る度合いも人それぞれです。

普段の運動量の違いで、10キロ走っても頑張っている頑張っていないと意見は分かれます。

「頑張るの意味」を「一生懸命にやること」と拡大解釈するならば、成功している人で頑張っていない人はほぼゼロです。

本人が一生懸命にやってないようでも、一般的なレベルからみればすごいことになっている生活です。

というか、やはり一定のレベルで頑張っています。

これは間違っていないと思います。

だから「頑張ったから報われる」とか「頑張っていないから報われない」と言う発想から離れた方がいいです。

何も幸せにになりません。

どうせやっている人はそれなりにやっていますから。

頑張ってるのに「まだまだ私は頑張っていない」とか「頑張っているのに私は報われない」と思うことから離れるのも呪いを解くヒントに思います。

 

嘘はつかない

嘘つかないこともとても大事です。

嘘をついたりしていますか。

ほとんどの人が「嘘という嘘はついてないよ」と思うことでしょう。

実際そうだと思います。

嘘でもないような小さな嘘のような曖昧なことはあるかもしれませんが、取るに足らない嘘ですよね。

この嘘でもないような取る足らない嘘というのが危険なのです。

それが自分自身に呪いをかけています。

どんな呪いか。

「私は嘘をつくような人間です」という呪いです。

これが厄介な呪いなのです。

薄く呪っていきます。

薄い呪いというのは、自分が自分のことを信用することができなくっています。

だって、嘘つきの言うこと聞けませんからね。

自分で自分のことを無意識に嘘つきだと思っているということなので、自分を信じられなくなっていきます。

そのまま自信という漢字そのものですが、自分を信じられなくなると自信を失っていきます。

嫌ですよね。

やっていることそのものではなく、そのことを通して何を自分にメッセージとして届けているのか、そこが大事ということです。

小さな嘘は怖いですね。

小さな嘘と一緒の構造の「小さな〇〇」もありそうですね。

 

やめることから呪いは解けるけど、他力を認めるのも有効

「どうせ」をやめることは、いろんな呪縛をとってくれることでしょう。

口癖というのは怖いもので、すべて自分への洗脳になります。

口癖から自分の呪いも解けるので、口癖から変えるアプローチは有効に感じます。

先ほどの嘘をつくというのも、自分を省みることで結構気づけそうですね。

人に報告するわけではなく、自分で気付くだけなので素直に省みることがよろしいかと思います。

三省という言葉もある通り、1日に3回ほど省みることができると変化しそうですね。

ひとつのアイデアですが、呪いの解除に他力を使うのも有効に感じます。

自分では気づけない自分自身の思い込みを取り外すことができるからです。

自分でできないことをどんどん人にお願いしたり頼るということです。

怖いですか、それとも、いつもやっていますか。

どうでしょうかね。

人に頼ることで、自分で自分のことをどのように見ているかがわかります。

うまく説明できないのですが、他者との関係性から思い込みやブロックが出て来ますので、頼ることを通してさらにそれらが浮き彫りになってくると感じるのですね。

人に頼ってみてください。

私の正しさがまったくの思い込みだということに気付けます。

ここからも呪いの解除のヒントが出てくると思います。

お試しあれ。

 

終わりに:身体という資本を育てよう

身体は資本です。

あなたが生きていくにあたり身体ないと生きていけません。

身体が作ることで、自分のやりたいことがよりできるようになります。

充実した生活も出来上がってきます。

だから手前味噌ですが、BORN TO YOGなどをオススメしているわけです。

スポーツでもいいです。

資本となる身体を作っていくのがよろしいかと思います。

安定した精神が出来上がっていくように感じます。

呪いの解除にも身体を動かすことは有効だと思います。

感情と身体が密接に関係しているからです。

思いっきり身体を動かす時間を作るのはとてもいいと思います。

ぜひ習慣にしてみてください。

違いの変化にびっくりすることでしょう。

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。