ヨギボズQA:存在給を上げるために気をつけていることはありますか?

日常生活

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

こちらの回答は、【瞑想会】の補足事項として、
 「ヨガをより楽しめるように」
 「瞑想がより起こりやすくなるように」
 「日常生活の深刻さが減少するように」
ご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。それでは今回の質問と回答になります。

質問:存在給を上げるために気をつけていることはありますか?

存在給という考え方面白いですよね。

参考記事:やっぱり存在給というのは面白い概念だ

存在給というのは存在しているだけでもらえる豊かさ、お金のことです。

何をするか、ではなくて、どうあるかという在り方の話です。

それでは、以下のヨギーと坊主の回答をご覧下さい。

 

回答:稼がなくてもいいと思っています。その上で瞑想は有効にも感じています。 BY KIYOSHI

存在給の話の前提として、自分の価値をどうみているかというのがあります。

要するにどんな前提条件のもとで暮らしているかということです。

人はいろんな前提条件で暮らしております。

稼がないとお金がもらえない、というのも前提条件です。

遊ぶようにお金を稼いでいる人もいます。

普通の人が想像もつかない形で稼いでいる人もいます。

何もしていないのにお金をもらっている人がいます。

そういう事実があるのですが、多くの人は稼がないとお金は入ってこないという前提になっているので、歩合給を高めています。

端的いうと、「仕事を減らすこと」。

要するに「稼ごうとするのをやめる」ということです。

 

存在給と歩合給

存在しているだけで入ってくる豊かさが存在給。

自分で稼いでくる豊かさが歩合給。

そして、存在給と歩合給を足したものが全体の給与となっています。

歩合給が上がると存在給が下がる構造になっています。

ポイントになるのは、やはりお金や豊かさを持っている人はこの存在給を信じているということです。

豊かな人って「働かないとダメ」という考えが希薄に感じます。

自分は豊かな存在である、という設定がしっかりとされていると感じます。

結果として収入も入ってくる。

頑張って働かなくても収入が入ってくる。

存在給が高い状態になっているということ。

豊かな人でも仕事を沢山やっている人も当然たくさんいます。

そういう人達は仕事を楽しくやっているはずです。

ただ好きなことをやっているだけという考え方だったりします。

お金を稼がないといけないと思ってやっていないはずです。

だから存在給は高いままで、仕事も捗っていくのだと感じます。

 

存在給を高めようとは思ってないですが、瞑想は高めてくれていると感じます

そんな存在給ですが、高めようと思うと下がる気がします。

なぜなら、高めようと思うことそのものが存在の価値を下げる行為だからです。

大丈夫な人は「大丈夫になろう」とは思いません。

そのまま「大丈夫」と思っています。

存在給も一緒。

存在としての価値が高いと思っている人は高めようと思いません。

高くしようと思うことこそが、自分の価値が低いことへの証明になっていくからです。

高めようと思うのではなく、高いんだとまずは信頼することです。

「余分なことをしないとダメ」という価値観を外すことです。

これが、存在給を結果として高めてくれる考え方だと思います。

「何か特別なことをしないとダメ」というのは歩合給的な考え方です。

もし興味のある人は、「無条件で今のままで大丈夫だ」と思ってやってみてください。

「何か特別なことをしなくてもいいんだ」と思ってやってみてください。

どんな時にも前提として「私は大丈夫」と思って行動してみてください。

結果はどうでもいいのですよ。

「失敗しても大丈夫」「成功しても大丈夫」「なんだか知らんけど大丈夫」「色々と知っていても大丈夫」ということですから。

前提を大丈夫に変えると、大丈夫なことが起こります。

あとは、存在給のためではないですが、瞑想も存在給を高めてくれると思います。

存在給という価値観を作った心屋仁之助さんも坐禅を続けているそうです。

ですので、興味のある人は瞑想も取り入れてみてください。

なかなか面白いものですよ。

瞑想中というのはある意味何もしていない状態です。

それでも存在の価値が感じられるわけです。

効果がありそうですよね。

実際に上がっていると思っています。

すぐに始められることなので試してみてください。

こちらにも瞑想をまとめてありますのでご覧ください。

参考記事:ヨガの瞑想を始める、深める、続ける、そして人生を緩やかに好転させる【まとめ記事】

 

まとめると

存在給と歩合給においては、存在給をあげていく方が青天井で値段もあがり、やりやすいということですね。

行動ではなく在り方なので、今すぐに変えることができます。

キーワードは「大丈夫」ということですね。

お金に特化すると「稼がなくても大丈夫」ということです。

何が起こっても、あっても無くても大丈夫ということです。

みなさんもご存知の通り、すべてのことには陰陽があります。

物事には陰陽あるよね、という考え方をもって行動されるとさらにいいと思います。

陰陽あるからこそ、大丈夫という認知がしやすくなります。

本当に大丈夫です。

これが存在給をあげるヒントになっていると思います。

 

回答:考え中。 BY 阿里

阿里坊主は考え中です。

KIYOSHI
ヨギボズQAの一覧はこちらになります。 → ヨギボズQA目次

現在YOGGY&BOZUは休止中でございます。代わりに日本で一番簡単な瞑想会と称しまして、瞑想会を開いておりますのでご興味のある方は瞑想会からご参加されるのをオススメ致します。スケジュールはこちらより確認頂けます。 → スケジュールを確認する

 

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。
Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。
ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。
日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹