ヨガはゆっくりと、じっくりとやっていけばいい。ヨガは焦っても何もいいことはない。

YOGA&BODY-ヨガと身体

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365始まってます

BTY@千葉 12/2 19:00〜21:00 Aki
ENGAWA VOICE 12/22 16:30〜18:00 SHUKO
・BTY@名古屋 1/18 9:45~12:45 Kiyoshi
BTY@京都 1/26 14:00〜17:00 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

ヨガは急がないことが大事です

ヨガはゆっくりとやっていけばいいと思っています。

急いでもヨガが上達するわけではないですからね。

ヨガは道なので、少しずつしか身体にも佇まいにも精神にも浸透しません。

実際に、急ぎようがないのですけどね。

急がないことが大事ですけど、サボってはダメですね。

怠けないことは大事です。

ヨガが本職の人が「毎日ヨガのプラクティスが30分です」というのではあまりにも少ないですよね。

ビジネスパーソンとか毎日10時間以上働いておりますからね。

でも「毎日5時間は練習しています」となると特定の期間ならいいですが、長い期間ですと継続できないか身体が壊れてしまいます。

自分のペース、怠けずにでもやりすぎないというペースを探すとよろしいと思います。

ヨガを本職ではない人は、ヨガが生活の良きサポートになる時間を探るとよいでしょう。

基本的には練習は足りないとも思っているので、もっとやった方がいいのですが、急いでガンガンとやり込むことでもないのでシンプルに淡々と継続できるといいですね。。

 

ヨガは急がないこと

急がないことは大切ですね。

急いでヨガを深めようとしてもうまくいきません。

ヨガは少しずつ上達することですからね。

ポーズにおいても、急いでも怪我をするだけです。

物理的に筋肉を作るのにも時間がかかりますし、柔軟性を上げるのにも時間がかかります。

ヨガのアサナが身体に馴染んでいくにも時間がかかります。

じっくりと取り組んでいく必要があります。

ヨガのポーズというはややこしいものはないので、じっくりと取り組んでいけば身体ができてきます。

ヨガのポーズはシンプルにできておりますので、コツコツとやっていけばできるようになります。

シンプルなのは嬉しいですね。

そして、そのヨガのポーズで培った身体を土台に瞑想も深まっていくことでしょう。

ヨガ哲学も同じです。

哲学本を一気に読んでも知識はついても身につかない。

身につくようにするには実践が必要不可欠なのです。

 

急いでもいいことはない

急がないことと言っても、そもそも急いでもいいことないですよね。

急いで良かったと思うのは遅刻しそうな時ぐらいです。

ヨガで急いでもいいことはありません。

先ほども書きましたが急いでも怪我のリスクも上がりますし、急ぐことでミスや事故や判断ミスも増やします。

せっかく深めていくものなので、じっくりとやって欲しいと思います。

だから、継続が大事です。

継続がまた難しくもあります。

だから、「継続は力なり」という格言にもなっているわけです。

格言になるぐらいに大事であるというのと、格言にしないと人はできないという2つの理由があります。

継続してヨガをやっていけば、丈夫な身体になっていきますし、頭のパフォーマンスも上がることでしょう。

判断ミスも減り、しっかりとした判断もできるようになっていきます。

逆に急いでいるというのは、すこし頭が騒がしい状態ですね。

瞑想状態とは逆ということです。

それでは頭は疲れますし、生活は少々ややこしいことになっていきます。

ですので、急がずに落ち着いてやっていくとよろしいと思います。

ヨガを深めることでもはしゃぐことも少なくなっていく効果もあると思いますので、淡々と継続がオススメです。

 

スピードよりも距離

淡々と継続というのはゆっくりということでもあります。

急ぐというのはスピード重視ということでもあります。

ヨガはゆっくりと歩み続けることです。

クラシックな土台を作っていくといいでしょう。

ヨガの上達はスピードよりも距離です。

当然、スピードが必要な時期や場面もあると思います。

スピード重視の時期があることはあっていいと思います。

ヨガにハマった時や先生として独立して頑張るとか、集中して取り組む時期などありますからね。

スピード重視の時期が長くなると大変です。

疲弊もしてしまうことでしょうし、自分が行きたいところまでたどり着けないことも出てくるでしょう。

焦らずに距離を伸ばすことです。

距離を伸ばす方向で実践することで遠くまでいけます。

ヨガの閃きは遠くを目指して歩んで行く中にあります。

急いでスピード重視では見つけにくい。

だから、距離を伸ばす方向でヨガも実践できるといいですね。

 

環境を整えることも大切

ヨガをやるのに環境を整えることも大切です。

環境を整えることでヨガを深めやすくなります。

継続もしやすくなるでしょう。

継続していけば、どうしても気が乗らない時期もあります。

そういった時にも環境がよいと、少しでもやろうかなと思えたりします。

ヨガをやりたくない時に、ヨガを無理にやる必要はありません。

ですが、面倒に観じている時や身体が気だるい時にこそヨガが必要だったりします。

わかりますよね。

面倒な時ほど必要なわけです。

その時に部屋や家やヨガスタジオなどの環境が良いと、少しでもいいからやろうかなという気になります。

そして実際にヨガをやってみると、やって良かったと思うことでしょう。

環境大事です。

私はより少ない生き方を目指しております。

関連記事:ヨガスタジオの断捨離をやっていくと生徒さんの運気も上がるのか【より少ない生き方を実験中】

 

物を減らすということですね。

快適な環境の方がヨガも継続できますし、ヨガも深まるでしょう。

快適さというのは物が少ない状態です。

自分の好きな物だけであったり、必要最小限も総量だったりした方が快適です。

余計な物はない方がいいですからね。

必要最小限で生活していくとヨガも深まることでしょう。

安心を得るためだけに物を増やすのは危険です。

快適さが失われてしまい、身体も不調になりやすくなってしまいます。

せっかくなら快適なところでやりたいですからね。

物を減らして掃除をしておくとよろしいかと思います。

私もENGAWA STUDIOや部屋の掃除を継続してやっていこうと思います。

関連記事:ヨガの準備として掃除をすると、より本来の方向へ歩き出せる

 

怠けないこと

スピードよりも距離が大事というのと、似たような意味合いになっていきますが、怠けないこともヨガを深めるのに大切です。

急がないこと、でも怠けないこと。

掃除や断捨離も大切にするけど、怠けないこと。

「急がず、しかし休まずに」とゲーテは言いました。

怠けてしまうとせっかく積み重ねてきたものが崩れてしまいます。

勿体無いですね。

丁寧に積み重ねたものほど、少しの怠け心で台無しになってしまいます。

怠けないことは非常に大事です。

 

終わりに:普遍性のあるもの

ヨガというのは2500年とかそれなりな歴史のあるものです。

歴史のあるものだから優れているとか正しいとは思いません。

「これだけ残って来ているのだから正しいものだと思う」という思考もわからなくもないですが、ちょっとヨガに対してはそこまで盲目的にはなれません。

今現存する流派もまったく異なる思想や宗教の影響を多分に受けていたりしますし、昔の方がインドもヒエラルキーや差別が激しかったのではないかとも思えたり、そういった背景で生まれているのでよろしくないところもあると感じます。

私は普遍性のあるものに興味があります。

ヨガも普遍性はありますが、いろんな影響を受けているので程よい距離感に私はいます。

逆に瞑想に対しては少し盲目的で好きです。

瞑想はかなりいろんな宗教や文化の中に残っております。

なので、瞑想の普遍性の部分には興味があります。

瞑想もヨガと一緒で意味ないメソッドも入っていると思います。

そもそも「それは瞑想ではないでしょ」という瞑想法も現代では多くあると感じます。

自分でわかっていくことが大事ですからね、

瞑想とヨガと普遍性のあるところをしっかりと積み重ねていきたいと思います。

ますます行動ですね。

行動すると新しい現実が現れますからね。