ヨギボズQA:瞑想の前には質問しようと思っていても、瞑想後にはその質問が出てこなくなってしまいます。これはなぜですか?

瞑想

KIYOSHI

【お知らせ】
8/19(日)13:30〜15:00で日本一簡単な瞑想会を目指しているSUWARU開催です。
8/19(日)15:30〜17:00で真言密教に伝わる阿字観瞑想会を開催です。

SUWARUについてはこちらから。
阿字観瞑想についてはこちらから

 

こちらの回答は、【瞑想会】の補足事項として、
 「ヨガをより楽しめるように」
 「瞑想がより起こりやすくなるように」
 「日常生活の深刻さが減少するように」
ご活用頂ければうれしく思います。

ヨギーと坊主がそれぞれ回答しております。それでは今回の質問と回答になります。

質問:瞑想の前には質問しようと思っていても、瞑想後にはその質問が出てこなくなってしまいます。これはなぜですか?

ご質問ありがとうございます。

その感覚非常にわかります。

質問の答えが明確に分かることもありますし、なんとなく問題ではないと思うこともあります。

そういうものみたいですね、面白いですよね。

空間のバイブレーションも関係していると思います。

空間の波動が高まることで、意識も同調し、疑問の答えがわかるような意識状態まで持っていかれるような感覚です。

今回は空間の話は書いておりませんが、場を改めて、そのあたりも検証してみたいと思います。

それでは、以下のヨギーと坊主の回答をご覧下さい。

 

回答:人はそれぞれブループリントを持っているので、それを思い出すと疑問が消えるのだと思います。 BY KIYOSHI

engawayoga-yoggybozu-20160619-3

私自身、体験があります。

疑問や課題と思っていることがあった際に、瞑想をすると、瞑想後にはその疑問や課題が消えているのです。

あまり不思議な感覚ではなく、自然と「これはこうすればいいよね」という形で湧いてきます。

瞑想をすることで、人生がうまく回りだすと表現される一つは、問題の消滅かもしれませんね。

 

”つながる”ことで様々なことを思い出しているようだ

瞑想状態というのは、ヨガの視点からいうと梵我一如になります。

サンスクリット語では、瞑想のことをディヤーナと呼びます。

集中の先にあるとされています。

この瞑想状態では、真我とつながります。

真我とつながることで、様々な啓示を受ける人もいますが、そこは置いといてですね、瞑想状態こそが真に頭と体がクリアになった状態なのです。

真にクリアになっていることで、あらゆる問題が解決していきます。

先ほども書きましたが、問題がなくなっていくという記述の方が的を射ていると思いますが。

真我と自我が融合して、梵我一如なのですが、完全な融合がなくとも、この体験は起こっています。

体験により、人は意識的にせよ、無意識的にせよ人生のヒントをもらっているのです。

全てが繋がった状態では、宇宙の叡智と繋がってもいますので、問題そのものの消滅が起きてくるのも当然のことです。

 

やればいいことは、ハードルが消えるので行動しやすくなる

話が大きくなってきましたが、瞑想状態に入ることで自然とニュートラルな良い状態に向かうのです。

その自然な状態では、「やることはやる、やらないことはやらない」と当然のように思うので、悩んでいることが少なくなります。

自然と行動に移せるのです。

行動へのハードルが低くなるか、消えてしまうのです。

最初はハードルがあって大変だったことで、すでにハードルが低くなりできるようになっていることも多いと思います。これと同じ状態が、今課題と思っていることで起こるのです。「やることはやる、やらないことはやらない」という自然な精神状態で接することができるのです。

ただし、期待しすぎないでください。絶対はありませんから。

瞑想は万能の特効薬ではありませんので。

 

瞑想では、ブループリントを再インストールしている

深い瞑想状態では、真我と繋がっていると書きました。

超意識という表現をされる方もいらっしゃいますね。

人生にはある程度決めてきたブループリント(青写真)があります。

人は自由意志がある(ここではややこしくなるので、自由意志はあるということで書きます)ので、ブループリントから離れた行動を取ることができます。

ブループリントを完全に忘れて行動することもできます。

ブループリントから離れていくと、人生は大変なものになるようです。”私”がそれを求めていないのですから、様々なより戻しが起こります。

人生のブループリントは大切なのです。そのブループリントを思い出す役割が瞑想にはありそうです。

瞑想で真我や超意識、宇宙と一体であることを思い出し、体験できると自分のブループリントも思い出してきます。

瞑想を深めていくことで、無意識にも人生の問題が解けてしまったり、人生がうまいこと回り始めていくというのはそういう仕組みがあるから見たいです。

ということで、瞑想をすると疑問や質問などの回答が自然と自分に降りてくるので、疑問や質問が消えてしまうのだと思います。

もう少し、瞑想を続けて見てください。楽しい世界が待っています。

 

回答:考え中。 BY 阿里

阿里坊主は考え中です。

 

KIYOSHI
ヨギボズQAの一覧はこちらになります。 → ヨギボズQA目次

現在YOGGY&BOZUは休止中でございます。代わりに日本で一番簡単な瞑想会と称しまして、瞑想会を開いておりますのでご興味のある方は瞑想会からご参加されるのをオススメ致します。スケジュールはこちらより確認頂けます。 → スケジュールを確認する

 

あなたの最も内奥の性質で生きなさい。他人の考えに従って、あなた自身を操作してはいけない。ただ、あなた自身でいなさい。あなたの本当の性質でいなさい。すると喜びが起こってくる。それはあなたの中に沸きあがってくる。
Joy OSHO

人と音が別々でなく、音の一部であるときにはじめて、その美しさが感じられるのである。瞑想とはいかなる意志的行為または願望の働きをも交えることなく、あるいはまだ味わったことのない物事の快楽を求めたりすることなく、そのような分離に終止符を打つことである。
ジッドゥ・クリシュナムルティ

長く稽古してわかったことは、人間の今目の前に存在するもの、そこには具体的に物としてあるものをいじったり、組み合わせたり、改変したりして、ものごとを成し遂げるわけではないということです。身体が整うのは、むしろ「そこにはないもの」を手がかりにして、「そこにはないもの」をめざし、「そこにはないもの」と共にあるときです。人間の体だけでなく、あらゆる運動や組織や共同体がそうなのです。
日本の覚醒のために 内田樹講演集 内田樹