神の計らいは謎かもしれないけど、人生はなるようになっている【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol120

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365始まってます

BTY@千葉 11/11 19:00〜21:00 Aki
阿字観瞑想会 11/22(金)19:00〜20:30
BTY@大阪 11/30 午前2クラス開催 Kiyoshi
ENGAWA VOICE 12/22 16:30〜18:00 SHUKO
・BTY@名古屋 1/18 9:45~12:45 Kiyoshi
BTY@京都 1/26 14:00〜17:00 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

最近の調子はいかがでしょうか。

物事は順調でしょうか。

大変でしょうか。

うまくいくこと、うまくいかないこと色々とあると思います。

私は、人生はご縁の連続だと思うので何がどうなっても「そういうもんなんだな」と思うタイプです。

人間万事塞翁が馬というやつでございます。

今、EngawaYogaが2周年となりまして、2周年記念をやっております。(2019年2月現在)

2019年3月3日までのキャンペーンは以下となります。

 

また、引っ越しも準備中でございます。

引っ越し先への審査で落ちたりと色々とございますが、最良のところにいくことができると思いますのでしばしお待ちください。

最良のところへいくために大切なことは、身体の声を無視しないことです。

 

身体の心地よい方向へ

ワクワクする方向を選ぶといいと言います。

迷った時は、どちらの方がワクワクするかを観じるとよいでしょう。

ワクワクする方を選べば、それだけワクワクする人生になっていきます。

ワクワクも頭だけで考えるとちょっと難しいかもしれません。

身体が心地よい方向へとワクワクを選ぶといいと観じます。

身体は素直なので、どれだけ頭が納得しても、身体が拒絶反応を起こしたりします。

食事でもそうですよね。

頭がいくら食べたいと思っても、身体がもう無理だと反応している時もありますよね。

身体は素直です。

身体のワクワクにしたがってみるというのは面白いと思います。

身体はどちらの方向にワクワクしていそうですか。

 

身体が元気になるスタジオを選ぶ

今、引っ越し先を探しております。

ひとつの基準は身体が元気になる場所かどうか。

完璧なものを求めていたら引っ越しはできませんが、なるべく身体が元気になるところを選びたいと思っております。

頭で考えるのではなく、単純に身体が喜ぶかどうか。

そこを基準にしております。

当然、緑があったり日当たりが良かったり風通しが良かったりと条件はありますが、感覚も重視しています。

その方が結果としてうまくいくからです。

判断を理屈だけで済ましてしまうと、のちのちうまくいかないことが起こるのです。

そのようにできているみたいですので、身体の反応はよく見ておいた方がいいですね。

どの方向に行くかが問題ではなく、身体の喜ぶ方向へと行くのが良さそうですよ。

 

身体の声を聞くには

身体の声を聞くには普段から身体を動かしておくことですね。

それが大事です。

できれば毎日のように。

難しいとは思いますが、継続しないとわからなくなります。

内観するクセづけもいいと思います。

でも、身体を動かすのが手っ取り早いとも観じます。

私はBORN TO YOG (ボーントゥーヨグ)をやってますが、他のスポーツでもなんでもいいと思います。

それを継続していくことです。

いつの間にか、身体の声が聞こえるようになります。

身体が悲鳴をあげているのにやり過ぎたりなども体験することでわかると思います。

どれをどのくらいやっていけばいいのか、そういったことは身体を具体的に動かさないとわかりません。

そして、その培った身体の感覚は、普段の生活や仕事の判断でも活かされると思っています。

 

終わりに:身体も指針のひとつ

どの方向に行っていいか迷う時がありますよね。

迷った時にどのように選ぶかの指針がある人もいるでしょう。

私は「人生が豊かになり次元上昇していく100の基本 Powered by 縁側瑜伽」という記事で様々な指針を書きました。

身体の声を聞くのも指針のひとつであって全てはではありません。

身体の声を無視すると大変なことになるのはわかっていますので採用しています。

身体を無視すると、仕事でも大量不良になったり、大きなミスに繋がったりします。

身体はいつでも声をあげてくれています。

私もまだまだではございます。

ヨガも瞑想ももっと深めることで、身体という枠組みを広げることもできます。

思考や感情だけではないところの声もしっかりと聞こえてきます。

直観もその一種かもしれません。

どの方向に行けばいいのかわからない時は、身体もひとつの指針にされてみてください。

いい結果が出ると思います。