ヨガインストラクター日記ブログ

EngawaYogaスタジオで働いているヨガインストラクターの日記ブログです。

ヨガインストラクター日記ブログ

人生のイベントは淡々と活動している人のところに現れる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol143

いろんなセミナーに行かれる方がいらっしゃいますよね。 そういった時期もいいと思います。 どう考えてもその人にとっては不要なセミナーに行く人もいますが、ご本人の命を削ってでも行きたいのでしたらそれはそれでいいのかもと思って…

ヨガインストラクター日記ブログ

浄化月間ということで物を少しずつ減らしていく【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol142

浄化月間ということで物減らしをしております。 「いわゆる、断捨離ですね」というとそうではありません。 今回は読んで字のごとく、物を減らしていくということをしております。 どこまで減らすかは決めておりませんが、減らしており…

ヨガインストラクター日記ブログ

昔の自分に必要だった物は今の自分には不要な物【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol141

過去に必要だったけど、今は必要ではないものがたくさんあります。 本当にたくさんあります。 実家に帰った際に、自分の部屋はないのですけど共有の本棚に私の本が陳列されております。 もう私の本という言い方はできないかもしれませ…

ヨガインストラクター日記ブログ

身体が歪む原因に「嘘をつくこと」や「奇をてらうこと」があると観じる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol140

嘘をつくことはいけませんね。 ヨガ哲学の中でも出てきます。 ヨガ哲学で「嘘をつかないこと」という決まりがあるのです。 ヨガを実践する者は嘘をついてはいけないのです。 これを聞いてどう思いますか。 非常に当たり前ですね。 …

ヨガインストラクター日記ブログ

スピードを上げようとしても上がらない時。それでも淡々と。【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol138

こんにちは。 仕事や作業のスピードを上げたいのになかなか上がらないことはありますよね。 そういう時はただ頑張っても上がりませんね。 だから、スピードを上げようとするのではなく、上がってしまうように工夫することが大事。 や…

ヨガインストラクター日記ブログ

ドカンと開き直っていく、ドカンドカン。【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol137

こんにちは。 ヨガをやっているといろんなことがありますね。 身体がこんなに変わるのかということもありますし、こんなに身体は変わらないのかと観じることもあります。 最近ちょっとした腑に落ちることがありました。 それは、自分…

ヨガインストラクター日記ブログ

楽しいという波に乗る、解釈という服装は一旦脱いで【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol135

企業というのは今稼げている事業ををやめることはできません。 これは必ずと言っていいと思います。 やめられないですよね。 上司にやめましょうと言っても変な目で見られて終わりです。 企業は稼げなくなってからその事業をやめてい…

ヨガインストラクター日記ブログ

場所のエネルギーを借りると動きが生まれてくる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol134

2019年3月に目黒へと移転しました。 これを書いているのは移転して2週間も経っておりませんが、今後も移転すると思っております。 現在の場所もヤドカリさんのように、返すことになるでしょう。 移転したばかりなのに気が早いか…

ヨガインストラクター日記ブログ

すごいと言われたいという罠、それよりもあり方【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol133

こんにちは。 学びというのは一生続くものです。 学ぶというのもいろんな方法があります。 本から学ぶとか人から学ぶとか。 どちらにせよ、自分というのものを一旦脇に置かないといけません。 我が出てきてしまうと、インプットが入…

ヨガインストラクター日記ブログ

幸福は淡々とやっているとやってくる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol132

淡々と生活していますか。 私は淡々と生活しようとしています。 ということを書いているという事実があるので、淡々と生活できていないということでもあります。 淡々とやっていくことが大切に観じています。 淡々と継続していくこと…

ヨガインストラクター日記ブログ

どんな状況でも楽しむことはできる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol131

どんな状況でも楽しめるセンスを持っておくことは必要です。 幸せに生きていく上で、楽しめるというのは必要ですからね。 「どんな状況でも」と言ってしまうと極端な条件を提示されそうですが、多少苦しそうな状況でも楽しめる人はいる…