ヨガのアサナを高めていくのに必須なことのひとつは反復練習

YOGA&BODY-ヨガと身体

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365始まってます

BTY@千葉 12/2 19:00〜21:00 Aki
ENGAWA VOICE 12/22 16:30〜18:00 SHUKO
・BTY@名古屋 1/18 9:45~12:45 Kiyoshi
BTY@京都 1/26 14:00〜17:00 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

ヨガの練習をしておりますでしょうか。

私は、ライフワークのようになってきておりますので、少ない時やたっぷりと時間をかけられ時などそれぞれで楽しんで練習しております。

EngawaスタジオではBORN TO YOG (ボーントゥーヨグ)SUWARUインサイトマップと三つを軸に運営しております。

これからももう少し増えるとは思いますが、まずはこの三つから。

この三つを大事に継続しております。

BORN TO YOG (ボーントゥーヨグ)、SUWARU、インサイトマップの三つの上達で大事なことの共通項は、タイトルの通り反復練習でございます。

特にヨガの練習は当然ですよね。

反復せずに、上達しないのはみなさんご存知の通りです。

その回数もかなり増やさないといけない。

だからこそ、簡単にはいかないし、だからこそ見える世界も楽しそうだということがわかります。

瞑想もインサイトマップも反復は必須です。

反復練習をぜひ取り入れてみてください。

反復せずに上達しないのでご注意ください。

 

反復せずして習得はありません

反復練習が一定量必要です。

わかっていることであっても、いつものと同じことであっても反復しないと体に染み込んできません。

染み込んでいないものは考えないと出てこないですね。

自動的に体の動きは出てこないとダメです。

考えてるうちはまだまだ反復練習が足りないということですね。

もっともっと反復練習です。

ばかみたいになって繰り返す。

それを数年間はやらないといけないのだと思っています。

勉強でも同じですね。

それと一緒です。

呼吸法もそうですね。

意識して呼吸できるときはいいかもしれませんが、1日の呼吸のほとんどは無意識です。

無意識で行われている呼吸自体が変化しないといけないわけです。

だから自動化です。

自動化には反復練習です。

 

継続の工夫を持つ

反復練習を1日だけやってもダメですね。

毎日のようにやらないといけません。

物事は急速に伸びるところもありますが、継続しないと伸びないところもあります。

継続がないと反復練習もただの練習で終わってしまうので勿体無い。

継続できる仕組みづくりのための時間も大切ですね。

継続するための時間を設けておりますでしょうか。

私自身ももっと工夫が必要だと思っています。

そもそもモチンベーションに依存しているようではダメですね。

モチベーションはモチベーションです。

それとは異なる動機でやらないといけません。

本当に自分のハラからのエネルギーですね。

そこはモチベーションややる気とは関係ないエネルギーが充満しております。

参考記事:モチベーションの上下くらいで自分のあり方を動かさない【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol87

 

未来を想像してみる

未来を想像ていくのも反復練習には有効です。

未来とつながっていないと繰り返せないですよね。

それに、今やっている先が読めなすぎるのも反復しにくい。

反復していくことで、どんな未来の事象とつながっているかを想像するといいと思います。

目的を確認するのもいいでしょう。

自分のビジョンとつなげていくのもいいでしょう。

今を楽しむことにフォーカスするのもいいですが、それだと未来へのつながりが弱くなって気持ちが下がってしまう人もいます。

ここも工夫ですね。

未来を想像して反復していくことで、自分の想像する楽しい未来へと繋げていきましょう。

 

飽きてきたら勝負

反復練習は量と質です。

毎日のように量をこなしますので飽きてきます。

でも基本でも応用でも飽きるほどにやりこまないと身体に覚えさせることはできない。

今、呼吸に意識を向けてもらえますか。

呼吸しておりますよね。

意識向けるまでは呼吸をしている感覚はなかったと思います。

でも呼吸は確実にしていた。

「息を吸うように〇〇する」という表現があるように、呼吸ぐらい自然と無意識にできるぐらいにやりこむことです。

ヨガの呼吸法で言えば、呼吸法をやっている時だけその呼吸ができているだけではなく、日常生活からそのような呼吸ができることです。

瞑想で言えば、瞑想中だけに瞑想状態ができているだけではなく、瞑想以外でもできている必要があるわけです。

難しいですよね。

だから反復練習なわけです。

何度も何度も反復です。

飽きるほどに反復ですね。

飽きてきてからが勝負ぐらいでいいと思います。

 

終わりに:どこに向かっているのか

どこに向かって生きておりますか。

そんなに大きなスパンでなくても、どこかに向かって生きていると思います。

行く先が曖昧だとナビが働きません。

車をいくら走らせても目的地につくことができませんね。

心というのは最高の自動車だと思います。

心にお願いしておけば、行きたいところに連れていってくれると観じます。

心にお願いする為に、場所を伝える必要がありますね。

その場所がビジョンなんだと思います。

ビジョンを心に伝えておくと、自動で連れていってくれます。

でも、途中の道で文句は言ってはダメですよ。

心にお任せしたのですからね。

ゆったりと大らかにお任せしていきましょう。