断捨離で効果が出ない時にやってしまっている単純な4つのこと

シンプル-整理整頓

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・3/15から目黒のスタジオに移転済み
・ほぼ毎週日曜11:00〜13:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
EngawaYoga主催TTCキャンセル待ち受付中

クラス予約はこちらをどうぞ

 

断捨離やミニマリズムという思想が基本的に好きです。

ややこしいことは置いといて、シンプルな部屋や自分軸での生活スタイルが今はあっているということです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

実際に身軽になってヨガもやりやすくなりますし、瞑想も捗ります。

探し物に使う時間もほとんどありませんし、好きなものも購入しても部屋も散らかりません。

楽ですよね。

散らかりませんので、片付けの時間もしょっちゅうとる必要もありません。

掃除の時間は一定時間とらないとダメですけど、それはまた別の話です。

断捨離して逆効果だったという人の話もほんの少しだけ聞きます。

本当にほんの少しなので、ほとんどの人は物を手放していって良かったのだと思います。

ほんの少しのダメだった人の話で「そりゃダメでしょ」と思ったものを4つだけピックアップしてみます。

先に断捨離の基本を確認すると、断捨離はまずは捨てることです。

自分にとって不要、不適、不快な物を手放すことです。

それを自分軸にそってやります。

できていますかね。

自分がどう感じるのか、自分がこれからどう生活していくのか、どうなっていきたいのか。、そういった自分軸から結論を出していきます。

ですので、ゴミとかはすぐに捨てられますし、1年使っていないものもほとんどが手放せると思います。

自分軸で判断してちゃかちゃかと捨てていくだけでものすごくスッキリします。

こういったことの実践を日々やっておくということですね。

その上で「そりゃダメでしょ」を書いていきます。

 

「収納グッズを購入する」はNG

収納グッズを増やしても片付かないですよ。

不要なものを手放さないといけません。

収納グッズを購入したり、足していくと物の量が増えていきます。

物の量が増えると片付ける量も質も頻度も上がります。

大変ですよね。

手間がかかるようになります。

ただでさえ、なかなか片付かないのにやることの量が増えてはいけません。

それに不要なものを一生懸命に並べても、それは不要なものが並んでいるだけで、いつまでたっても不要です。

結局はそれらは使いません。

そういったものを手放すのが断捨離です。

ミニマリズムです。

ミニマリズムというのは必要最小限という意味です。

減らしすぎたら元に戻せばいいのです。

ですので、収納グッズも手放して必要最小限にするのがオススメです。

 

「不用品を家族にあげる」はNG

あなたの不用品は人もいらないです。

大概のものは人もいりません。

家族にあげるということは、実際に他の人にも売れないものだと思います。

売れないからあげようとしていますよね。

売れないものは大概いらないものです。

それを買ってしまった自分を反省して手放しましょう。

いらないものを今後買わないようにするだけでいいです。

そういった勉強代だったと思うことです。

いらないものを人にあげるのは罪ですね。

気をつけた方がいいです。

 

「考えすぎて、手が止まる」はNG

考えすぎもダメですね。

考えても結論が出ないものもありますからね。

未来のことを心配しすぎていたら、何も捨てられないですしね。

未来はわからないから未来ですからね。

未だ来ていないということです。

未来のことを計画立てたり戦略を立てたりはいいのですよ。

でも考えすぎて手が止まっては意味がありません。

本当は溜め込むリスクも考えないといけないのですが、なぜか恐怖心の強い人は溜め込む恐怖がないみたいです。

両方ともに考えれば考えるほどにメリットデメリットが出てきます。

まずは、感覚でいいと思います。

インサイトマップを書いて決めるのもいいですね。

そんな時間ないよという人もいると思うので、まずは自分軸から考えて不要なものをパッとやってみる。

心や身体が観じた通りにやってみる。

行動してみないとわかりませんからね。

関連記事:身体に素直になると、身体との対話が生まれていき”理由”がわかってくる

 

「人のものを勝手に捨てる」はNG

人のものを勝手に捨ててはいけません。

犯罪です。(たぶん)

家族であってもダメですね。

確かにバレないことがあるんですよね。

放置されすぎてますからね。

その人も潜在意識ではスッキリしているかもしれません。

でもダメですよ。

人の物ですからね。

自分がまずはやることです。

コツコツとやっていると周りも気づいてきます。

その背中を見て周りの人もやるようになるだけです。

その順序は変わりません。

まずは自分がやる。

自分が断捨離を進めていき、気分良く楽しく生活していくことで周りが気になり始めます。

それでも特に周りに押し付けずに続ける。

すると聞いてきたりします。

「断捨離っていいの?」「片付けるだけでそんなに変わるの?」「何かいいことあったの?」などなど。

ここまでくれば周りの方々も勝手にやりますからね。

断捨離の輪が広がっていくと思います。

自分の好きなことに取り組める時間も増えるので、とてもいいかと思います。

関連記事:何が勿体無いのか、時間なのか空間なのかお金なのか人生なのか【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol92

 

終わりに:自分が実践者となる

これが難しい。

私も鋭意実践中です。

自分がまずはしっかりと断捨離ですね。

自分ができていないのを人に押し付けるわけにいきません。

自分の部屋や家、そして仕事場がどうなっているのか。

そこからスタートです。

いらないものがあれば捨てること。

自分の関わる場所はシンプルに自分のあり方が反映されているでしょうか。

納得のいく場になっているでしょうか。

私もまだまだです。

もっとシンプルにできます。

シンプルで一番得するのは自分ですしね。

ごちゃごちゃで損するのも自分ですからね。

不要なものを処分です。

先延ばしグセも怖いですね。

うまくいく人は何事も行動が早いです。

行動の速さが成功や幸せの決め手になっているのかもしれません。

即行動です。

光の速さで行動できるといいですね。

ピッと観じたらパッと行動というやつです。

断捨離もやろうと思った時が一番効率がいいです。

気持ちも高まっていますし、流れがきているのだと思います。

断捨離をやろうと思ったら即行動してみてください。

少しでもいいのでやってみると、やってみて良かったと思うことでしょう。

行動することで新しい現実が現れてきます。