ミニマルな家にしていくこと、ワクワクすること

シンプル-整理整頓

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・1/6(日)15:00〜16:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/14(金)14:30〜17:30 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

 

ミニマルというのは必要最小限ということです。

必要最小限の家というのに私は魅力を感じます。

書斎や本などは人よりかは多いと思いますが、他の物は少なくてすみます。

ミニマルな家に引っ越せば、全部自分で把握できる量になります。

これっていいですよね。

みなさん、眠っている引き出しや棚がありませんか。

よく言われるように、ムダな物が多い人はムダなことをして過ごしているということですから、ムダを省いていきたいですね。

なんでもかんでも捨てたりスッキリさせる必要はありませんが、他人にコントロールされるような人生は寂しいものです。

だから、自分にあっていないものはどんどん手放すといいと思っています。

 

いらない服を捨てる

自分にあってない物ということでは、服を整理するのがまずはいいと思っています。

服というのは自分への影響が大きいと思います。

他人からいくら良いと褒められても自分で納得していないと気持ち悪いものです。

自分の感覚で良いか悪いかを判断することが大事です。

自分軸で考える。

自分でこれが好きで心地よいと思える服だけにしていく。

とても大切なことです。

人からの推薦を聞いてはダメという意味ではないですよ。

言いなりにならないということです。

人からの推薦で新しい服を着て「これは今までに着たことないタイプの服だけどとてもいいね」というのは素敵な話です。

でも、自分で着心地が悪ければやめていきましょう。

着心地の悪い服もどんどん捨てましょう。

次の服へといきましょう。

自分にあってない服を着ていると次に進みません。

次のステージに行きたければ服も変えていくことです。

洋服も必要最小限でいくと、身体にもいいと観じます。

人によっては人生そのものが変化することでしょう。

 

床に寝るについて

必要最小限ということでは、床に寝るというのもいいと思います。

布団を敷かないレベルのミニマリストもいます。

硬いところで寝るというのは身体にとてもいいということも言われたりしますからね、床も面白いです。

床で寝たことはありますか。

完全な床でなくても、煎餅布団で寝る習慣の人もいるでしょう。

煎餅布団をオススメする整体師さんもいらっしゃいます。

煎餅布団も面白いのでいいのですけど、清潔にはしておいてくださいね。

とにかく硬いところで寝ると、体中が勝手にストレッチされるそうです。

最初は身体が痛いのは、そのストレッチが効きすぎているからで、その後は身体も慣れてきます。

私も硬いところで寝ておりますが、全然大丈夫です。

硬いところで寝ると腰痛対策になるとも言われます。

試してみる価値はありますよ。

また、持ち物が減るという意味でもかなりいいです。

 

冷蔵庫を考える

冷蔵庫のない暮らしは普通は考えられないですよね。

でもミニマルな家の人では冷蔵庫さえない方がいます。

考えられますかね。

私もミニマルとはいえ冷蔵庫はあります。

常温だと食材が腐ったりしてしまいますからね。

でも、ある意味ではスーパーが冷蔵庫であるとも解釈できるわけです。

スーパーがいつでも大量の食材を保管してくれているということです。

必要なときに必要な量だけとってくればいい。(買うという意味です)

そう考えるとあながち変な話でもない。

ちょっとだけでも検討すると考え方が変わるかと思います。

 

ワクワクしないものは手放すが一番大事

「ワクワクしないものを手放す」というのがミニマルにしていく一番大事なポイントになります。

自分がそれを持っていて、もしくは使っていてワクワクするかどうかで所有するかを判断することです。

この基準でどんどん捨てたり残したりとしていくといいですね。

結局、自分がワクワクして楽しいかどうかです。

楽しくない物はストレスを産みます。

ワクワクするものは、楽しい未来を引き寄せます。

ストレスよりも楽しい未来ですよね。

だから、ワクワクするものだけにしていけばいいのです。

ワクワクしない物は手放していく。

単純な話です。

持ち物全部がワクワクするものであれば、それがあなたにとってのミニマルなスタイルです。

ちなみに、ワクワクしないものを手放していって困ることは殆どないのでご安心を。

失敗したらもう一度購入すれば済む物も多い世の中ですしね。

 

 

終わりに:洋服の断捨離は意外とオーラが変わる

洋服の断捨離をすると人の雰囲気が変わります。

思いっきり雰囲気を一新したい人は断捨離を超えて全捨離でもいいです。

洋服は意外と人への影響度が高い。

それなりな割合で人は洋服に支配されているのかもしれませんね。

くたびれた洋服を着ると、自分自身もくたびれてくるとかありますよね。

逆に新しい服を着ると新鮮な気持ちになって、雰囲気も新しいエネルギーをまとう。

そんなことがあるかもしれません。

自分のオーラや雰囲気を変えたい時は洋服の断捨離ですね。

風水でも書きましたが、やはり1年触ってないものを手放すのはいいですね。(参考記事:風水的に気の流れをよくする7つのポイントを押さえて、人生の風向きと水の流れを変える

クローゼットの中はどうなっているでしょうか。

着ていない服はありますでしょうか。

着ていない服が停滞のエネルギーを発していることもあります。

自分のオーラや雰囲気を変えたい時は洋服の断捨離を活用すると面白いと思います。

洋服もまたワクワクする服だけにしていきたいものです。

 

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。