少しでも手を動かし始めると気持ちは乗ってくる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol220@目黒

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・縁側放談会 Kiyoshi 隔週土曜 開催中
・インサイトマップ あまちゃん 6/27(土) 14:00〜17:00

ENGAWA ONLINE STUDIOのみ営業中

 

こんにちは

仕事や作業の気分が乗らない時というのはありますよね。

いろんな対処のやり方はあります。

今回は、それでもただ手を動かすというのをしていました。

なんとなく、わたくし、今やる気ないんですよ。

でも、誰かがやるのではなく自分でやらないといけないことがあるじゃないですか。

それをやらないといけない。

だからただやってみる。

何も考えずにやってみる。

何も考えずには言い過ぎですね、やはり気持ちが乗っていないので「なんだかなぁ」という気持ちを抱えながらやっております。

手を動かすことから始めてみております。

すると少しずつ動き始めるのです。

 

疲れをとるのが先

前に書きましたが、こういう時は疲れている時なので基本的には疲れをとるのが一番です。

疲れていなければ普通にやれます。

怠惰な人でさえ、たくさん寝たあとは何かしら始めてしまいます。

人は体力がなくなると、やる気もなくなるようです。

無理するといけませんね。

無理してもできないものはできない。

そういう時は休むのが正解です。

ですが、ちょっと必要に迫られていたこともあり、ただやってみました。

すると、噂の通り(?)、手を動かし始めると進むのですね。

面白いですね。

 

動くと、動けると知る

実際に手をつけ始めると最初は違和感があります。

でも、そのうち違和感なく集中し始めます。

そうしてスルスルと作業は進み始め、やれました。

やる気がないのにやれると達成感を多めに観じられますね。

なんでしょうかね。

やっぱり、自分の中では難しいことをしていると観じているからですかね。

やっていることはそんなに難し作業ではありません。

不思議なものですね。

手をつけてみてから考えるというのは有効ですね。

 

休みが必要な時は休む

それでもやっぱり、休むのが基本的にはいいとは思います。

やる必要があったり、やりたいことは人は体力があればやるからです。

本当にやらないことは、本当に不要なことなので大丈夫です。

思い切ってやってみるのもいい。

思い切って休んでみるのもいい。

どっちもありですね。

先延ばし癖のある人は、ひとまず5分だけ手をつけるのはいいですね。

5分だけ手をつける(3分とかでもあり)という対策は、わたしはやることが多いです。

ダメな時もありますが、うまく乗れる時もあります。

やろうとしていることが、頭で考えているほどに時間のかからないことも多いのです。

やってしまえば終わります。

そういったことも多い。

だから、まずはちょとだけでも手をつけてみる。

手紙の宛先を書くのとか、めちゃくちゃに億劫で私はけっこうできません。

すごい面倒くさがりですよね。

これをするのに非常に気合が必要です。

トラウマでもあるのでしょうか。

そんなことはどうでもよくて、手をつけるといいよという話でした。

 

ヨガもやってみるといいよ

ヨガの話に無理やりもっていくわけではないですが、運動習慣でも瞑想でもヨガでも、ちょっとでもやってみるといいですね。

少しでもやり始めると乗ってきたりします。

気持ちも上向きになりますので、少しでもやってみるとできたりします。

気づいたらたくさん練習していたという人も多いことでしょう。

むしろ、家では長い時間ヨガの練習をしないでもいいのかもしれません。(できるならした方がいいですけど)

5分でもいいからやってみる。

そういう練習方法でもいいのかもしれませんね。

 

終わりに:遊ぶ時間を持つ

遊ぶ時間をもっと持ってもいいのかもしれないと思う時もあります。

わたしの活動は遊びなのか仕事なのかわからない時間ばかりです。

遊んだほうがいいと言われることもありますけど、結構毎日が遊びみたいなものなのでなんとも。

ヨガ、瞑想、読書を通じて何か還現できたらとはいつも思っています。

こうやってブログも山ほど書いておりますが、それもまた社会への何かしらの還現になっていると嬉しく思います。

このようにして、これからも遊んでいきたいです。

引き続きよろしくお願いします。