Vibram FiveFingers(ビブラムファイブフィンガーズ)でランニングを再開しました。ランニングは心に効くのだけど、今回は体に効いた。

YOGA&BODY-ヨガと身体

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/9(日)13:30〜15:30 浅沼圭の「身体と遊び、あなたの可能性を開放する
・9/11(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・9/16(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 インサイトマップ講座

ビブラムのファイブフィンガーズを御存知ですか。

こちらの書籍(BORN TO RUN)で有名になった裸足ランを再現しようとするシューズです。

「BORN TO RUN」はBORN TO YOGとは関係があるのかと聞かれそうですが、当時流行っていたこちらの書籍からBORN TO YOGもヒントをもらって名前をつけていると思います。

あくまでもヒントだと思います。なぜなら「BORN TO ○○」というタイトルは書籍だけでなく、音楽でもなんでも名前に使われているからですね。「no music, no life」みたいなものです。

KIYOSHI
あと、こちらのBORN TO RUN はamazonの「kindle unlimited」の対象です。すごいですね、BORN TO RUNも読めてしまうのか。これからの電子書籍はどうなるのでしょう。漫画の読み放題も含まれていますからね。ヨガスタジオ妄想記録で書いていることでもありますが、共有としての書籍はますます大事に思えてきました。

ビブラムのファイブフィンガーズは裸足により近くする設計になっておりますが、もちろん裸足に比べたら負荷は少ないので、初心者でもいけますね。地面を蹴る走りを体験できると思います。

まだまだ、実験中ですが、すでに満足の一品です。そして筋肉痛です。

軽いトレッキングにも耐えましたし、日常生活でも使い慣れ用途思って履いております。

地面を踏む感覚が本当に違いますからね。面白いです。

オススメします。

KIYOSHI
こんなところで恐縮ですが、BORN TO RUN の書籍、私の手元にないのですが誰かに貸しましたっけ。どなたか私から借りた人は、ご連絡をいただけると嬉しいです。なければないで、再購入しますけど。

 

実験中ですが、すでにいい感じ

engawayoga-20160807-26

本当に走り方が変わりました。

30分走っただけでふくらはぎがパンパンになりました。

いわゆるベアフットランができているのだと思います。

足で蹴る箇所が変わりました。

踵から落ちないようになってきたのです。

すぐに変わりますね、これは。

踵から落ちようと思えませんからね、このソールの薄さだと。

ですので、自然と体と向き合いながら走るだけで、フォームが改善されてきました。

プロが見たら、そりゃまだまだフォームはめちゃくちゃだとは思いますが、少しずつでも変化するのは嬉しいものです。

目標は100kmのトレイルマラソンです。

一歩を歩み始めました。

 

靴の外側中心だったのが内側に移動してきた

後ろからチェックしてもらったら、靴の外側での着地もなくなっていました。

これは嬉しい。

そもそもはランニングで怪我をしたことがきっかけで、BORN TO RUNにも興味を持ったので、ビブラムを履いて矯正されてきたのは純粋に嬉しいです。

そのうち完全な裸足ランになるかもしれませんが、それはまた先の話。

足がO脚ということもあり、外側ばっかりで踏み込んでいたのだと思います。

ヨガでO脚は多少は治りますが、かなり酷いO脚なので、気をつけの姿勢でまだ指二本が脚と脚の間にまだ入ります。

今までは拳がスカスカと通っていましたから、これでもかなり治りました。

走り方だけでなく、体の物理的変化も観察したいと思います。

阿里坊主と鎌倉にトレッキングにも行く予定です。(良いスポットがあれば、鎌倉、アーシング、自然、瞑想のヨギボズトレッキングも考えております。わくわく。)

 

クッション性の高い靴は合わなかった

私の体験ですが、クッション性の高い靴はダメでした。

走り始めは良くても、走り続けると違和感を覚えました。

走り方もありますが合わないので、薄いソール(?)のクッション性の低いランニングシューズを使っていました。

そのようなランニングシューズだと痛くないのです。

ですが、それもダメになりました。

一度怪我しているので、その怪我が根本的に治っていなかったのと、やはり走り方の問題です。

今回はビブラムのファイブフィンガーズで走り方も自然と矯正されてきました。

これは嬉しい。

秩父への軽いトレッキングにも使ってみました。

engawayoga-20160807-9

少し小指あたりが当たっていたのですが、何回か履いていくうちに慣れてきたのか気にならなくなり、足の矯正もされてきたのかもしれません。

歩き方も変わりますね。

 

革靴からの脱却

やっとこさ革靴からの脱却です。

革靴生活10年にピリオドを打ちます。

ビブラムだと歩き方も矯正されますから、ますます体への意識が高まりそうです。

体って自分が思っている以上に道具や周りの影響を受けています。

歩き方も靴に影響されますね。

革靴は負担が大きいです。

今までの革靴時間が裸足やビブラムになると、かなり足への負担は軽減されます。

さらに鍛えられもしますね。

その変化が楽しみです。

目標は100kmのトレイルマラソンです。(二回目)

 

終わりに:ビブラムはサイズが超大事

engawayoga-20160807-1ビブラムに興味を持った方もいらっしゃると思いますが、サイズが大事です。

どんな靴でもサイズは大事ですが、ビブラムのファイブフィンガーズは特にサイズが大事です。

靴下を履くのか、裸足のまま履くのかでかなり変わりますので、用途と履き方を考えて選んでください。

何度も履いて試すぐらい慎重でいいと思います。

実際に履き始めて後悔している方もいらっしゃいます。

それなりにお金も払いますし、脚という大事な部分のものでもあります。

試しまくってみてください。

新しいモデルも時々出てますので、今のビブラムを履き潰したら次を買うのが楽しみです。

レインボーカラーとかかっこいい。

追記

ちなみに阿里坊主さんは、ビブラムも履いておりますがMUTEKIという足袋タイプのシューズも履いております。

こちらの方が安いのと、日本的で面白いのでこちらも試してみようと思っております。