BORN TO YOGで身体作りはできるのか? もちろんやれますし、そのコツもあります。

YOGA&BODY-ヨガと身体

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

単純に身体つくりをメインに考えてもBORN TO YOG、及びEngawaStudioのメソッドはいいなと感じています。

BORN TO YOG(ヨガ)を始めて1年以上という単位ですが3年もやっていなくて、35歳でこの体になりました。

トップの街中の倒立の写真も同い年です。

再現性はあるのか、と聞かれると肉体は個体差がかなりありますので難しいですけど。

本当にヨガを始めた当初は体は硬く、偏頭痛もあり、システムエンジニアをやっていたので普通のサラリーマン的な体つきでしたので、それがここまでの身体にこれたのですから、かなりヒントは伝えられると思います。

実際に、BORN TO YOGを通ってくれている人たち全員が客観的にも主観的にも身体が絞れて元気になっております。

EngawaYogaスタジオに来ていただければわかるとおもいます。

臨床実験のようにしっかりと見ていないので、エビデンスはありませんが、私自身の体の変化と教えて続けている範囲では結果は出ています。

ですので、フリーパスなので通うのを強くおすすめしております。

ヨガなどこういった身体を変化させていくメソッドは継続がとても大事ですのでね。

参考ページ:料金について

 

1ヶ月間で身体を作る

BORN TO YOGの通い放題プランがあります(2018年1月現在)

いわゆるフリーパスですね。

これが1週間、4週間、8週間とありますので普通の人は4週間〜8週間で毎日のように通って頂ければ、かなり体を作ることができると思います。

当たり前と言えば当たり前ですが、その場所に通うのは大事です。

継続して通うのが一番安あがりです。

これは身につけるタイプの勉強では特にそうですよね。

「本気のヨギーとして生きる」みたいなことではないと思いますので、まずは1ヶ月とか1年、2年と継続されるのがよろしいと思います。

とはいえ、本当に身体が変化するのか心配ですよね。

ヨガのとてもいいなと感じるのは裏切らないことです。実は。

継続している人を裏切らないのがヨガです。(勉強とか裏切りますよね)

ヨガは日々、継続するとちゃんと成果がでます。

体の柔軟性はもちろん、呼吸、人生の充実度、自分自身のあり方、それぞれ変化が起こってきます。

スポーツだと圧倒的な才能のある人を羨ましく思うこともあります。

ヨガはまずありません。

芸事などと比較しても、普通にヨガを生活に取り入れるレベルで学んでいきたいのでしたら、10年などの単位が必要とかにはなりません。

まずは1年や2年のレベルでも体、呼吸、精神と変化が起こってきます。

一気にやって、一気にだらしない生活に戻ることもありません。

なので、まずは通っていくと身体ができてきます。

(倒立もとっても楽しいですよ)

 

最初はヨガする為にひたすら通うだけですよ

ジムとか通っても痩せない人は痩せません。

そう、通っていてもやっていなかったりします。

やらない人はやりません。

一人ではもっとやりません。

みんなでやることも大事です。

だから継続して通うのは大事です。

どうせなら、できる範囲でいいので、それなりに一生懸命にやっている人が多いところがいいですね。

どんな業界にも適当な人はいるものです。

そうすると、通う人も適当になっていきます。

適当にやっているだけで終わってしまう人も多くいます。

それはもったいない。

せっかくの人生ですからね。

かといって肩肘張って頑張る必要もありません。

仕事もプライベートも夢も色々とあると思いますので。

ですので、どうやるか。

簡単です。楽しくやるのです。

ヨガは楽しくやるのです。

BORN TO YOGも楽しくやるのですよ。

修行も楽しくやるのです。

 

軽い身体、動ける身体

遊び感覚がとても大事です。

遊びのないハンドルは危ないです。

身体も一緒です。

遊びの部分をいれておくのです。

こういったことを言葉にするのは難しいのですが、遊びのある身体は軽いです。

体重だけの話ではなく、身軽さを観じます。

こういった身体の動きは一緒に動いているとわかってくるものです。

私も最初は気づきませんでした。

ですが、遊びのある人と一緒に動いていると、動ける体というのがなんとなくわかってきます。

まだまだ、奥はありますが、私自身もこれからももっと精進していこうと思っています。

一つの体験としてでいいので動ける人と一緒にヨガもやってみてください。

そうすることで動ける身体になっていきます。

私は筋トレはしません。

筋トレしてない身体がトップにあげた写真です。

ご参考にお願いします。

 

今までにない、神経回路を作ること

新しいことをすることは、脳にいい刺激になります。

神経回路という道が新しく作り上げられていくのです。

今までにやってことないことをすると神経回路が作られていきます。

神経回路を作っていくのにも、継続が大事です。

コツコツとチャネルを作るのです。

毎日、コツコツとトンネル工事をしていくのです。

そうやって継続することで神経回路が繋がっていきます。

すぐには掘りきることは難しいかもしれませんが、掘り続ければトンネルは開通するのです。

やめるとまた埋もれてしまうかもしれません。

やっていきましょう。

身体の運動神経も、新しい箇所を動かしていく神経回路もコツコツとやっていくと繋がるのですね。

軽い身体、動ける身体の神経回路もコツコツと掘り続けることで開通していくのです。

武道には見取り稽古というものがあります。

 

見取り稽古は自動インストールのようなもの

見取り稽古は、ただただ師の動きを見るという稽古です。

超大事だと思っています。

超、なんてつけてしまいましたが、とってもとっても大切な稽古です。

これだけで、その後のすべての上達が決まるかもしれないくらいに大事です。

見てるだけで、その人の動きがインストールされてしまうのです。

そのように脳はできているのです。

インストールされていることに気づかない人もいますが、必ず動きがインストールされます。

所作から呼吸、間合い、溜め、連動美、すべてがインストールされるのです。

ですから、誰を見るのかが非常に大事です。

誰と一緒に身体を動かすのか、非常に大事です。

極論を言えば、どんなにインストラクションがうまくても、その先生が圧倒的な技量がなければ、学んでる側のレベルは上がることができないのです。

極論でもなんでもないですね、インストラクションのうまさと上達には相関関係がかなり薄いということですね。

そういうものなのです。

武道の話ではなく、ヨガもそういうものなのです。

あなたは誰と練習をしますか。

 

終わりに:継続すると身体は進化する

体は生のものであります。

諸行無常でもあるので、日々のメンテナンスが大事ですね。

継続が大事になりますが、それには仲間がいるとやりやすいと思います。

その仲間と一緒に、継続することで身体は進化していくのです。

ブレイクスルーのようなものは自分だけでは出てこないこともあります。

ヒントが周りに転がっていたりもします。

良い仲間というのは人生でとても大切な要素だと思います。

人生の楽しさそのものかもしれないくらいに大切。

仲間を作りながら、身体とも戯れて進化していけたらいいですね。

参考記事:BORN TO YOG(BTY)を始める・続ける・極める・超越する。もっと豊かなすげぇヨギーになるために。【記事一覧】

 

おまけ:おすすめ本

今までも散々おすすめしておりますが、「あるがままに生きる」は体を作っていくのにも役立ちます。

直接に体のことを書いてある本ではありませんが、心構えやあり方は参考になります。

直観というものに少しでも興味のある方は一読をおすすめします。

直観で体を整えることも面白いと思います。

直観で活動することで調和がとれてきます。

自分のど真ん中を生きていけるようになります。

そういった楽しい人生を歩む人の身体が元気にならないわけがない。

逆につまらなそうであったり、ストレス過多の人の体が健康的で野生的で非常によく動く身体だとは思えません。

好きなことをやっている人の身体こそ、楽しく充実した身体に変化していくのです。

好きなことをやっていくヒントがあるがままに生きることです。

それは直観を生活に活かしていくことにもつながるわけです。

ぜひ、読んでみてください。

もし、修行を楽しくされたい人がいましたら、こちらの「内田樹:修行論」をおすすめしておきます。