コントラストから勝手に物事を判断してしまうことはいらない、新しい方向への道筋が見え始めた【ヨガインストラクター日記ブログ】kiyoshi vol250@目黒

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・SIQAN毎日開催中
・ワクワクを選択してしまう自分になるWS 5/23(日)14:00〜17:00
・金曜午前BTY mari先生 開催中

EYTT(BASIC編)【募集中】
EYTT(ALICE編)【募集中】

予約・スケジュールはこちらから。

 

 

なかなか大変なことは起こるものです。

何もイベントや大変なことがないまま過ごす人生は存在しませんので当たり前と言えば当たり前ですけど。

とはいえ、我が身に大変なことや思いも寄らないことが起これば「やれやれ」と思うものです。(自分勝手ですね)

たとえ望まないことが起こったとしても無理をしたり強がったりしないことです。

そのように思っています。

反発をしないこと。

抵抗をしないこと。

焦らないこと。

そのようにしていると新しい流れに乗れるからです。

大きめの大変なことが起こってきた際には「新しい人生がスタートしたんだ」と思うようにしております。

もちろん、そのような思考が起こっている時点で完全にはできませんけどね。

今もまた「あれ、なんかおかしなことになっているぞ」ということが起こっております。

新しい人生がスタートしたようです。

さぁ何がやってくるでしょうか。

 

新しい人生のスタートは思いも寄らないことからスタート

新しい人生がスタートしたと思うとその新しい流れに乗りやすいと思っています。

あーだこーだと抵抗する方が流れには乗れないと思います。

チャンスだと思う方が新しい流れに乗れます。

もちろん強がる必要はありません。

ただ新しいことが来たんだなと思うこと。

人に頼りそうになったり弱気になりそうな時はありますが、まぁそんなもんかと考えるようにもしております。

実際そんなもんかという程度ですしね。(人に相談すればもっと大変な話をその人がしてくれますしね)

必要があってやってきているのだと思います。

この4月と5月は何かありそうな流れを観じておりました。

それがやってきたのがただの前兆なのかはわかりませんが、淡々とやっていこうと思います。

「これは何の流れなのか?」「何か良い前兆が隠れているなら何だろう?」と自問自答しておりました。

「なるほど!」という答えが自分の中でわかりました。

ここには具体的には書けませんが、EYTT(BASIC編)EYTT(SIQAN編)EYTT(ALICE編)の3つを今は注力するのが大事だとわかりました。

とてもいい流れを感じまして途端に元気になりました。

単純ですね。

ちなみにALICE編はまだ告知もしていない段階でお一人から申し込みがありました。

有難し。

 

バイブレーションを上げていこうと思うけど、上げようとすると上がらない

自分のバイブレーションで現実を引き寄せております。

関連記事:スペースを作ると新しい次元がやってくるのかもしれない

結局は自分が作り出しているのですね。

だからモノの捉え方も含めて自分次第。

だったら淡々とやっていく。

自分で良いとか悪いとかを判断せずに、そのまま対応していく。

うまくいかなくなったらそれもまたそれとしてやっていく。(どうせそこにも何かしらの意味が生じるし)

ENGAWA STUDIOがうまく立ち行かなくなったら閉めればいい。

そんなもんですよね。

本当にそんなもんです。

困る人は数人しかいないと思います。(数人でもいるのは有難いけど数人しかいません笑)

ということで今起こっていることを活かしていきます。

新しい流れというか方向性が見出せてきているので大変なのですがとても充実しております。

Twitterでも断捨離をしていると書いておりました。

断捨離中でもあります。

物を減らして身軽になっていきます。

書籍も毎日数冊読破しながら整理しております。

明らかに冊数が減ったので生徒さんにも「減りましたか?」と聞かれるレベルです。

良い感じに身軽になることも進んでいます。

次のステージ(ステージってなんだ?)へと行くときには断捨離ですね。

今まで使っていたものが使えないことが多いからです。

むしろ邪魔になってしまうこともあります。

なので整理しながらさらに少しずつですが新しい次元へと進めていきます。

よろしくお願いします。

 

終わりに:陰陽あれど偏屈にならずに軽やかにやっていく

陰陽は裏表です。

良いとか悪いとかではなく陰陽が表裏一体であるものです。

同時に存在するということです。

両方でニコイチなわけですね。

そのどちらかを選ぶというよりかは、どちらを観るかというのが大事なのだと思います。

フォーカスするのが陰陽どちらなのか。

事象は一緒。

でもフォーカスする場所が表裏どちらなのか。

光と闇と言い換えてもいいのもしれませんが。

ともかく、今は光への道筋が見つかった気がしております。

ちょっと大変なことには変わりないのですが、道筋が見えてきたのはいいことでしょう。

過去のことは気にせずにこのまま進んでいきます。

大変でも指針があればなんとかなるでしょう。

さぁ実行していきます。