スワイショウ(両手振り体操)について

気功で有名なスワシショウというのを聞いたことはありますか。

両手振り体操という名前でも知られているかと思いますが、あらゆる病気を治すとも言われてもいます。

これが簡単で気持ちいいのでご紹介したいと思います。

公園での外ヨガや瞑想の前に、やったりしております。気のめぐりも良くなることが体感できると思います。

健康促進効果もたくさんあるそうなので、家でも是非、取り入れてみてください。

KIYOSHI

わたくしの尊敬する船井幸雄先生は、日課で年齢×100回はやっていたそうです。

それにより、とても健康に生活してバリバリ仕事をこなされていたそうです。(日本最大のコンサルタント会社を率いていたのですから、並大抵ではございません)

本にもされておりました。

スワイショウをすることで身体から悪い気が外に排出され、全身の気の通りがよくなると言われております。

気功でも日々やるとよいと言われる基本らしいです。毎日取り入れるのがオススメですね。

 

スワイショウとは

スワイショウとは気功法になります。

両足を肩幅ぐらいの立った状態で両手をぶらんぶらんと前後に振ります。もしくは、左右へ振ります。それだけです。

いわゆるエネルギーワークの一種ですね。

エネルギーワークなので個人でもできますし、グループでもできます。

元々は秘伝のようなものだったらしいのですが、今では健康体操に組み込まれるぐらいにメジャーになっています。

ですので、健康体操だと馬鹿にせず、ガンガンたくさんやってみることをオススメします。

このスワイショウだけで気のレベルを格段にアップすることができるのです。

簡単にできて効果がデカイ、というのは嬉しいですよね。

下でも紹介しますが、年齢×100回を毎日やると人生に大きな変化があるかと思います。

 

スワイショウのやり方

スワイショウのやり方を解説します。とても簡単です。手を振るだけですから。

地味なほど簡単なのですが、毎日練習するといい気功です。

 

姿勢

  • 足は肩幅から少し広めにする
  • 足先は蟹股にならないようにする
  • 軽く膝はゆるめておく
  • 腕や首筋は力を抜いておく
  • 背筋は真っ直ぐにする(反ったり、丸まったりしない)
  • 丹田あたりを中心にする

 

スワイショウのやり方

  • 腕をぶらんぶらん左右へ振る(前後バージョンでもOK)
  • 背骨の置くを意識して両手を振る
  • 目は開けておく
  • 視線は身体を一緒に動かすが、そこまで意識しなくていい
  • 手は無理に振るのではなく初動だけ力を入れて、反動に任せる
  • 腕の力は抜いておくこと
  • 丹田(臍の下指三本くらいのところ)を中心にして意識を向けておく
  • 毎日1000回ほどやる(体調が悪い時やエネルギーを高めたい時は年齢×100回が目安)

 

スワイショウ効果

スワイショウの効果はたくさんあります。

たくさんありすぎて眉唾ものですが、様々な方が体験として身体が元気になっていますので、是非やってみてください。

ぶらぶらと両手を振るだけなのでお金もかかりません。

グループでやるとさらにエネルギーの相乗効果も期待できます。

グループでやると、その場のエネルギーが足し算されて強まります。

手を振ることだけでも血流がとてもよくなるそうです。

そして、プラーナ(生命ネルギー)も循環すると言われております。

またリズム運動であるのも嬉しいですね。

ぷらぷらとリズムよく運動しますとセロトニンが出ると言われております。

うつ病の方や元気のない方は特にオススメですね。(余談ですが、カレーを食べてもセロトニンが出るらしいです)

スワイショウの効果はたくさんありますので、以下にまとめますね。

もちろん、自己責任でお願い致します。絶対に効くという類のものではございませんので。

 

  • 血流促進の効果がある
  • 肩周りも動かしていく為、肩こりにもいい
  • 邪気を払う
  • プラーナを吸収していくことで、生命エネルギーが高まる
  • 食欲増進
  • 便秘解消
  • 冷え性対策
  • リズム運動の効果でセロトニンも出る
  • 視力が回復する
  • 左右に手を振る場合は、痩身効果も期待できる

 

やればやるほどに、エネルギーが高まり、健康的になっていくという魔法のような体操なのですが、効果がすごすぎるので、自己責任でと追記したくなります。

やる方法がさきほど書いた通り簡単ですので、やってみてください。

毎日のようにやると「こういうことか」と納得されるかと思います。

身体が変化します。

 

スワイショウを年齢×100回毎日やると

エネルギーを高めたい時は、年齢×100回と書きましたが、エネルギーワークなので、ヨガのように毎日やってもいいです。

健康を超えて、悟りへと近づくとさえ言われております。

毎日、両手を振っていきましょう。

浄化作用も非常に強いとアドバイスをされたこともあります。

霊的なものを浄化するぐらい強いので毎日やること、と言われました。

どこか旅行に行った際にやるのも、身体の調子を整えると場を整えると両方で効果的です。

そのぐらいに素晴らしい気功法なので、試しにでもやってみてください。

ぶらぶらするだけですからね。

視力が治ったという結果もあるそうで、びっくりしましたが、それには本当にたくさんブラブラする必要がありそうですね。

エネルギー循環が良くなると、体調だけでなくて生活全体が変わってくると思います。

自分の出している波動で、現実が変わりますから、両手振り体操で波動を整えていくと、現時への効果も期待できます。

外ヨガでも、ヨガを始める前に両手振り体操をブラブラとやりますが、とても気持ちがよく元気になっていきます。

スワイショウのあとの太陽礼拝もスムースですし、身体の循環が変化したように体感できます。

公園や山などの自然の中でやるとさらに効果がありそうに感じます。

毎日、年齢×100回やると仙人に近づけそうですね。わくわくします。

KIYOSHI
補足ですが、達磨大師の易筋経の中にも説かれているそうです。秘儀だそうで、朝晩2回行い、2千回ずつ行う方法となっております。秘儀なのに現代では公開されておりますね。達磨大師のやり方は前後への両手振り体操のバージョンだそうです。

自然の中が特に効果がありそうだと書きましたが、自然の中では裸足になりアーシングされるとよろしいかと思います。アーシングとの相乗効果もかなり期待できます。アーシングとスワイショウで医者いらずのレベルの健康体にいけるのではないかと感じています。

 

終わりに:スワイショウは手軽なのでどんどんやる

engawayoga-yoyogi-20161206-11運動が好きでない人でも、体力に自身のない人もできます。

簡単にできます。少しのスペースがあれば十分です。

ウエストを細くする効果もありますし、丹田に意識も向けるので身体も熱くなります。

ですので、テレビ見ながらでもどんどんやることをオススメします。

やれば元気になるので習慣にもできることでしょう。

外でやれる環境の人は外でもオススメです。

裸足でアーシングしながら試すと、どんな病気でも治ってしまいそうな。

アーシングも病気に万能と言われるぐらいの効果があるそうです。

アーシングもやり方は非常に簡単で、素肌を地面につけるだけ。

それだけでOKでございます。

それにより、身体に滞留している電気が地球へとアースされて、様々な不調を緩和してくれるそうです。

帯電している電気をアーシングで土から地球へと返して、スワイショウで新しい気を体内に張りめぐらせる、最高ですね。

ぜひ、取り入れてみてください。

* ヨガクラス開催中 *

豊かなヨギーになるためのヨガ・瞑想クラスを開催しております。


engawayoga-yoyogi-20170112-2

 

ヨガは漢方薬のようなものです。
じわじわと効いてくるものです。
漢方薬の服用は継続するのが効果的です。
そして、その効果は一生ものです。


たった一度の行動が、
たった一人との出会いが、
人生を変えることがあります。

人生は”偶然”や”たまたま”で満ち溢れています。
直観が偶然を引き起こしあなたの物語を豊穣にしてくれます。

ヨガや瞑想をとことん遊びたい人はオススメです。

限られた日の開催もありますのでチェックしてみてください。

お会いできることを楽しみにしております!


『ぐずぐずしている間に
人生は一気に過ぎ去っていく』

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫) より



* 瞑想会も開催中 *

瞑想を通して本来のあなたの力を掘り起こしてみてください。
超簡単をモットーに瞑想会を開催しております。
多くの一流アーティストが実践されている瞑想。
ぜひ、一緒に座りましょう。

『初心者の心には多くの可能性があります。
しかし専門家と言われる人の心には、
それはほとんどありません。』

禅マインド ビギナーズ・マインド より


ABOUTこの記事をかいた人

Kiyoshi

*EngawaYoga主宰* 2012年ヨガのティーチャートレーニングコースをいきなり受講し資格取得。資格取得中にすでにヨガを教え始める。 瞑想は大学卒業から継続しており、瞑想体験もヨガの指導に活かされている。 3000冊以上読破するほど本も大好きで、東洋思想や瞑想、禅やタオなど好きなものを学びながら現在もヨガ指導にあたっている。 「小さな悟りの円が広がり、ライフシフトのお祭りが世界中で起こること」を主眼に”技習得への情熱”を燃やして鋭意活動中。