軽い私になれば、軽く現実化が起こってくる

行動力

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

ENGAWA VOICE 2/28 19:00〜20:30 SHUKO
インサイトマップ講座 2/29 15:30〜18:30 あまちゃん
BTY@千葉 毎週月 19:00〜21:00 Aki ..etc
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

大変なことほどではなくても、小さいけど少し面倒に観じることが重なる時があります。

こういう時にいきなり対処するのもいいのですけど、心が現実を作っているので、その心を整えると次に来る現実が変化します。

いきなり面倒になることに一生懸命になるのではなく、なぜ一生懸命にやらないと出来ないのかというところを内観していくようなイメージです。

そういった時は、多くの場合は心が少しだけ疲れていることが多いと観じます。

だから、少しだけ”重い現実”がやってくるのだと思います。

心を軽くすると現実も軽くなっていきます。

あなたの心は軽いでしょうか。

心を軽くすると現実も軽くなります。

軽い方がいいですよね。

心を軽くするのにどんな気持ちになるといいでしょう。

軽くなるように、イメージしてしまうのもいいでしょう。

軽い心を先取りして、軽い気持ちを作ってしまうのです。

「仮に、軽い心になるとどんな気分になりますか?」と自分に聞いてみると、軽くなったりします。

人間というのは面白いものです。

 

自然と感じることをやっていく

夢や希望など、大それてなくてもやりたいことがありますよね。

そういったことをやりたいのにやれない時があります。

心が重い時ですね。

気持ちが弱い時もそうかもしれません。

自分で決意決心を強く持つことが必要です。

前からやりたいのにやっていないことはありますか。

それはなぜやれていないのでしょうか。

いろんな言い訳が出てくるでしょうか。

言い訳してやっていないというのはなぜでしょうか。

やれない理由があるなら、なぜそれを解決しようとしないのでしょうか。

そこまでの熱量がないということかもしれません。

だから、やっていない。

やっていないことが悪いのではなくて、やろうやろうとずっと気持ちを持っていてやっていないことによって、様々な可能性や時間やエネルギーを失っていることが勿体ないのです。

しかもある意味では自分に嘘をついているし。

どうでしょうか。

本当にやりたいのか自分に聞いてみる必要がありますね。

本当にやりたいとして、そしたらなぜやっていないのか。

やっぱり、そこまでやりたくないということもあると思います。

それも本音のところを聞く必要がありますね。

そうやって自分の中のわだかまりを解いていくことも心が軽くなることに繋がります。

心が軽くなれば、さっと動けるようになります。

あとは直観をどんどん行動していくのも心を軽くしてくれます。

 

「あ!」をやってみる

直観をどんどん実践するといいです。

直観を行動に移せると、心が軽くなっていきます。

また、この直観を実践することでシンクロニシティが起こり現実化が早まります。

本当にどんどん早く動きます。

面白いので直観の実践はオススメです。

軽い心になると直観を行動に起こすのも楽になります。

まずは、最初の腰は重くても直観を行動です。

「あ!これをやってみよう」と思ったら手をつけてみましょう。

面白いことがすぐに起こらなくても、根気よく続けてみるといいですよ。

いろんなことが繋がってきます。

本当はシンクロが起こることは、すごいことではなく当たり前なのですけどね。

軽い気持ちで行動してみるといいですよ。

 

期待を外すとうまくいく

行動をしにくい重たい気持ちを作るのに、結果に期待してしまうことがあります。

期待してしまうと重くなります。

期待は外すのがいいと思っています。

人に期待してもしょうがないですからね。

期待するから面倒なことになります。

そうはいっても期待してしまうものです。

「これぐらいはやってくれる」「このぐらいは理解している」「この程度のことは、数分で終わる」「片付けぐらいしてくれる」などなど。

でもやってくれませんからね。

そんなものなのです。

他人から見れば自分もそうなんですよ。

周りから、もっと期待されているのです。

でも無理ですからね。

余計なお世話です。

だから、人にも余計なお世話をしないことですね。

そうやって、余計なことを減らすと心もさらに軽くなります。

どんどん軽くしていきましょう。

心が軽くなると体も軽くなりますよ。

もちろん、物自体の片付けも有効なので、それらもやってみてください。

関連記事:より少ない生き方を始めていくにあたり、大切なポイントはやっぱりフォーカス【より少ない生き方を実験中】

 

終わりに:軽くなるとリスクも負えるようになる

リスクを負ってまでやりたいことができない人がいます。

どんなことにもリスクはつきものです。

やらないということを選択してもリスクはやってきます。

そして、やらないことによるリスクの方が大抵は大きいですからね。

なので、やりたいことはやっていった方がいいのですけど、心が重いとやりたいこともできなかったりします。

だから、軽い心にしておく。

軽い心でいられればリスクも負えて、実際は一番リスクの低いたくさん行動するということができます。

軽い心が大切ですね。

 

起こらなかった問題やこれからもけっして起こりもしない問題を心配して、

頭をなやませて生きていくのをやめて、

もっと”いま”というときを楽しむようにしなくちゃ、と言っているんだよ。

人生は短いんだ。

アミ小さな宇宙人 エンリケ・バリオス