手ぶらで通勤したら、断捨離の気持ち良さを持ち運んだ

ひょんなことから、手ぶらで通勤することがありました。(ひょんなことって改めてみると面白い表現ですね)

手ぶら通勤、これ、びっくりです。こんなに身軽になるとは思いもよりませんでした。

ポケットに必要最低限の物を入れて行ったのですが、これだけでこんなに身軽になるとは。そのまま、山か海に行ってしまいそうな身軽さでした。

何も持たないっていいですね。

 

鞄の中身を断捨離するではなく、鞄そのものを断捨離する

毎日の通勤を手ぶらにするのは物理的に厳しいかもしれませんが、手ぶらの爽快感はかなりのものがありましたね。

ある場面では、手ぶらで外出するのもいいですね。

いきなり断捨離もいいけど、手ぶらで歩くと気持ちよくなって、断捨離も捗るかと思います。

実際、捗りました。

手ぶらにするとかなり物を厳選しないといけません。余分な物を持っていけないですからね。

カバンも整理することになります。

すでに断捨離が始まっていますね。

 

持ち物は財布とiphone

持ち物はポケットに入る程度の財布、iphone、そして会社の社員証ぐらいでした。

ポケットに入れて、あとは手ぶら。

実は、手ぶらってやっている人は意外といるのですよね。

通勤中にも時々見ます。鞄を持たずにスマホをいじっているだけの人を。スマホの機能が充実したからというのもありますね。

私は本を読みたいので(電子ではなく紙の書籍を)、手ぶらが日常化されることはないでしょう。

手ぶら通勤ですけど、会社でも一人会ったことがあります。

「あの人、いつも手ぶらで通勤しているな。しかも、おしゃれだな」と思っていたら同じ会社の人でした。ということもあるぐらいいるんですね。

手ぶら通勤したことはありますか?

 

軽いというのが大事

engawayoga-20160417-10手ぶらで歩くことは軽いです。

物理的な軽さと精神的な軽さがあります。

精神的に軽いと体力の消耗も少なくなりますね。これは結構大事なことです。

軽いから遠くまで行けてしまいます。エスカレーターをあがる足取りも軽いですよ。

普段行かないところに足を伸ばしてしまいそうになります。通勤なので行ってはいけませんが。

爽快でした。

休みの日に、近所に行くのに手ぶらはありますが通勤は発見でしたね。

 

散歩を日常に取り入れる

散歩は好きですか。

私は散歩が好きなのですが、忙しかったりすると時間がとれなくなります。

散歩はリラックスにいいですよね。

散歩は手ぶらでしますよね。それがいいです。

近所にある美容院に行く時も手ぶらで行くと気持ちいいです。

近所さんは、特に手ぶら向きですよね。

ファッションも1マイルファッションというのがありますよね。

手ぶらの感覚は散歩感覚と似ていますね。

 

断捨離も少し進んだ

気分が良くなったので断捨離も進みました。そういうものですよね。

人は気分にもかなり支配されています。

身軽になって気分も良くなると、行動力が生まれます。

単純なことなのですが、その単純なことが影響を与えているものです。

コンディショニングを整えるのにも「手ぶら通勤」は有効かもしれませんね。

海外にほぼ手ぶらで行く方もいらっしゃいますが、その方が実は楽しめるのかもしれないですね。さすがです。

ということで、軽さから行動が生まれるという流れを使い、部屋の断捨離も少し出来ました。

 

終わりに:持たない生活

持たない生活、という言葉を聞くことがありますね。

不要なものを持たないということですね。

過剰に物を減らす人もいますが、そこまで過剰にやるからには理由があるのでしょう。

過剰にやりすぎてしまうことは、一旦脇に置いておきまして。

そもそも、私たちはやっぱり物を持ちすぎています。

私は持ちすぎています。

だから重くなったりするのです。

女性の方で、クローゼットに服はあるけど着る服がないという人がいます。

これも過剰に持ちすぎて、自分にとって何が大切で何が好みなのか、よくわからなくなってしまっているのでしょう。

まずは減らすことからですね。

エッセンシャルにやるということです。

「減らすこと」で優先順位をつけないでやることに決めた

2016.03.28

 

補足:書いていて思い出しました

書いていて思い出しました。

佐藤可士和さんの書籍で「手ぶら通勤」が書いてありました。

なるほど。こうやって影響を受けているのですね。読んだ本の。

知らない間に、忘れたものも浸透していく。

そうすると何を読むのか大事ですね。良い本は繰り返し読むのも大事です。

昔に「100回読むといい」と言われたことがあります。

100回読むのですから「これだ!」という本にすると思いますが、何度も読むと当たり前になるんですね。内容が。

そして、当たり前になったことが「知っているよ」ということになっていく。最初は「これは素晴らしい本だ」と言ってたことが「当たり前じゃん。常識だし。」みたいなところまでいけば最高です。

これが100回読む効用です。

100回読む本を決めてみようと思います。

友人が海外に半年以上行くということで、面白いと個人的に思うオススメ書を50冊ぐらい選んでみました

2016.06.09

* ヨガクラス開催中 *

豊かなヨギーになるためのヨガ・瞑想クラスを開催しております。


engawayoga-yoyogi-20170112-2

 

ヨガは漢方薬のようなものです。
じわじわと効いてくるものです。
漢方薬の服用は継続するのが効果的です。
そして、その効果は一生ものです。


たった一度の行動が、
たった一人との出会いが、
人生を変えることがあります。

人生は”偶然”や”たまたま”で満ち溢れています。
直観が偶然を引き起こしあなたの物語を豊穣にしてくれます。

ヨガや瞑想をとことん遊びたい人はオススメです。

限られた日の開催もありますのでチェックしてみてください。

EngawaYogaブログをご覧の方々の多くが、
早く参加すれば良かったと言って頂けております。

お会いできることを楽しみにしております!


『ぐずぐずしている間に
人生は一気に過ぎ去っていく』

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫) より



* 瞑想会も開催中 *

瞑想を通して本来のあなたの力を掘り起こしてみてください。
超簡単をモットーに瞑想会を開催しております。

瞑想することで24時間全てが変化してきます。
全てが変化するからこそ、古代から現代まで伝わっているのだと感じます。

多くの一流アーティストが実践されている瞑想、
また伝説のフリーダイバーやサーファー、映画監督も習慣にしている瞑想、
ぜひ、一緒に座りましょう。

『初心者の心には多くの可能性があります。
しかし専門家と言われる人の心には、
それはほとんどありません。』

禅マインド ビギナーズ・マインド より


ABOUTこの記事をかいた人

Kiyoshi

*EngawaYoga主宰* 2012年ヨガのティーチャートレーニングコースをいきなり受講し資格取得。資格取得中にすでにヨガを教え始める。 瞑想は大学卒業から継続しており、瞑想体験もヨガの指導に活かされている。 3000冊以上読破するほど本も大好きで、東洋思想や瞑想、禅やタオなど好きなものを学びながら現在もヨガ指導にあたっている。 「小さな悟りの円が広がり、ライフシフトのお祭りが世界中で起こること」を主眼に”技習得への情熱”を燃やして鋭意活動中。