人に自分が守っているものを押し付けないようにすること。処理は自分で。

コミュニケーション

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・自分のエネルギーを色で知る講座 8月25日
ENGAWA VOICE 8/21.9/29
阿字観瞑想 8/22 19:00〜20:30
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

BORN TO YOGSUWARUが大好きなので、そのコンセプトや考え方が自然と身についてきております。

BORN TO YOGで言えば「習うより慣れろ」「ヨガをやるようにヨガを伝えよう」「スマホ見るぐらいなら練習しよう」とかですね。

SUWARUですと「瞑想の基本はゆるめること」「姿勢を気にして緊張するなら姿勢は気にしない方がいい」「身体を動かしていると体感覚に気づきやすいから、ヨガとかいいですよ」とかの考えですね。

強要するつもりはないのですが、いつの間にか人に強要してしまっている時があります。

自分が信じているものというのは、自分で価値を高く見積もってしまいます。

効果もあると思ってしまい、人にも伝えることやオススメすることも多くなっていきます。

すると、いつの間にか押し付けるようなことになってしまっているので、危険です。

自分で信じているものは自分で大事にすればいいですし、他人が好きで信じているものは「それはそれでいいね」と言えると良いですね。

 

自分が守っていればいい

自分が好きな考え方や思想というのは、自分で温めて実践していればいいですね。

やるのは自分。

自分がその教えや哲学を守るのは自由ですし、行動して徹していくのも自分です。

「機嫌よく生きよう」という指針が私にはあります。

ゲーテが言った「人間の最大の罪は不機嫌であること」と言ったことから、自分でこれはいいなと思って機嫌よく生きようと思いました。

守れない時もあります。

生きていると何かとハプニングも起こりますし、こんなことがあるのかという仕打ちも来たりします。

それもまた因果応報ではありますが、上機嫌ではなくなってしまうこともあります。

やれやれ、という感じではありますが、それでもまた機嫌をとり直していきます。

そのように自分で実践していればいいと思います。

人にオススメすることもありますが、やりすぎると嫌われますね。

だから、聞かれたときぐらいでもいいのかもしれません。

聞かれたら答えて説明してあげる。

そんなもんでいいと観じます。

とはいえ、言ってしまうんですけどね、私は。

結局は自分の実践のためのものですので、自分で指針を大切にして育てていけると良いと観じます。

 

楽に生きる

指針を持つのは自由ですが、自分の世界で完結です。

楽に生きていきましょう。

自分でその指針を使って楽に生きていく。

他人に強要するようなマインドにならない状態にすればいいわけです。

人に強要してしまうということは、自分でもちゃんとできていないのですよね。

自分がダメだから周りも気になってしまう。

自分ができていたら、周りも聞いてきます。

なので、すごい人になってしまうという手はあります。

自分がすごい人になってしまう。

そうすれば、人に話す前に人からも聞かれますし、周りからも尊敬をもらえるでしょう。

余計なことを考える必要もないですし、何か人を説得するような行動をとる必要もないでしょう。

すごい人になってしまうのですから、そもそも尊敬されたいとも思わないし、人を説得しようとも思わないんですけどね。

自分の中で淡々と実践していくのがよろしいかと思います。

 

他人が殺生するのを容認しにくい

指針を自分だけで守っていればいいというのにも限界はあります。

私でいえば、暴力系は無理ですね。

やはり、やらない方がいいですし、やらないで欲しいです。

「他人に暴力は振るわない」というのは当然だと思っているからです。

犯罪は論外としても、日頃の言葉や何気ない行動でも暴力的なことをいれる人がいます。

これは、私の良心も許さないのでつい口が出ます。

その口が出るのにも暴力的なところが含まれているので、注意が必要ですが。

ヨガでもアヒンサー(非暴力)と言って暴力を禁止する教えがあります。

本当の意味で守れている人はなかなかいないとは思いますが、動物を殺生していなくても人に暴力を奮っている人もいますから、でもできる範囲で非暴力の実践もできるといいと思います。

これは私の課題でもあります。

暴力は難しい。

 

終わりに:そわかの実践も同じで注意が必要

どうしても「自分でこれはとてもいいと思うもの」を人に押し付けてしまいます。

別に押し付けてもいいといえばいいのですが、押し付けすぎるとせっかくその人にとって大切なものも嫌がってしまい、出会うチャンスを逃します。

相手がよっぽど素直だと、うまくいくかもしれませんが、押し付けは基本的にはうまくいきません。

そ・わ・かの実践も自分がやればいいのに、人にまで押し付けてしまいそうになります。

そ・わ・かというのは掃除、笑い、感謝ですね。

この頭文字をとって「そ・わ・かの法則」といいます。

掃除をしているとお金に困らなくなる。

笑っていると健康に困らなくなる。

感謝していると人間関係に困らなくなる。

というものです。

関連記事:人生を楽で楽しい方向へと変化させたいなら「そ・わ・かの法則」を実践してみる

 

掃除とか断捨離とか全捨離もオススメなんですけどね。

そんなに勧めないでおきます。

オススメなんですけどね。

関連記事:全捨離をして、物をごちゃごちゃと整理整頓することから一度離れてみると、現実も変化していき、すごいことが起こってきそうでワクワク。全捨離のやり方メモ。