今というところから逃れることはできない

スピリチュアル

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・自分のエネルギーを色で知る講座 8月25日
ENGAWA VOICE 8/21.9/29
阿字観瞑想 8/22 19:00〜20:30
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

私たちは今にしかいれない存在です。

過去にもいれません。

未来にもいれません。

今にしかいれません。

ずっと今にしか存在しておりません。

気がついたら、過去にいたという経験がある人もいないですよね。

私たちは今にしかいれないのです。

過去を後悔しても意味がありません。

未来を心配しても意味がありません。

 

今しかない

結局、今しかありません。

今しかないのですね。

ですので、誰もが今を生きています。

今を生きている人しかいません。

今に全てがあります。

未来にあるのではなく今にあるのです。

今という瞬間瞬間を連続しているものと思い、未来に思いを馳せてしまいます。

ですが、実は全部が今。

今という刹那があるだけ。

仏教では瞬間瞬間にこの世界が作られているといいます。

 

今からは逃れられない

私たちは今にしかいない存在です。

今からは逃れられません。

これは諦めるしかないのです。

今に集中して生きていくしかありません。

何をしても今から逃れられません。

もし仮に、タイムマシーンがあっても一緒です。

私という存在がタイムマシーンに乗ったところで、ずっと今があるだけです。

瞑想をしても一緒です。

未来を想像していても一緒です。

今しかありません。

勝手に時間は過ぎ去っていき、未来だと思っていたことが今にあるということだけ続きます。

 

未来はやってこない

未来は向こうから勝手にやってきます。

私たちから迎えにいく必要はありません。

楽しい未来を思い描いている人にも、嫌な未来を想像してしまっている人にも未来はやってきます。

未来はやってくると同時に今になります。

それだけの話です。

だから、今があるだけなのです。

未来と言葉として呼ぶことはできても、本質的には未来は一生やってこない。

やってきたら、それはもう今になっているからです。

「今しかない」ことがわからないこともある。

言葉で理解しても腑に落ちないとわからない。

でも必ずわかる時がきます。

なぜなら、結局は今しかないことしか経験していないからです。

 

それでも今を生きる

ですので、今を生きるしかできません。

気合いをいれても、いれなくても今は今。

それしかありません。

今を生きていきましょう。

今という時間に集中していく。

それは、目の前にあることを一生懸命にやっていくことです。

今の心と書いて念と書きます。

小林正観さんは念をいれて生きるということを言ってました。

今の心で生きていくということです。

今を生きていきましょう。

関連記事:人生を楽で楽しい方向へと変化させたいなら「そ・わ・かの法則」を実践してみる

 

終わりに:ソースに繋がる

人はソースという源と繋がっているといいます。

そのソースから膨大なエネルギーが入ってきているそうです。

それによって人は生きられている。

ですが、ソースからエネルギーが届けられるパイプが詰まってしまっている人も多いそうです。

そのパイプの詰まりをとる方法がいくつかありますが、その1つが瞑想です。

瞑想ではマインドも静まっていきますので、詰まりが消えていくのです。

瞑想中には膨大なエネルギーが入ってくるようです。

瞑想が大変な人は、睡眠もオススメです。

睡眠中も膨大なエネルギーが入ってきます。

瞑想と睡眠の時間を確保するとソースからの無限のエネルギーが入ってくるようになっていきます。

どちらも大事な時間です。

ソースからのエネルギーが膨大に入ってくるとどうなるのか。

身体が最高に元気になっていき、出会う人や起こる出来事が自分にとって幸せなことばかりになっていくみたいです。