現代社会を生きていく上で高くつくのは「欲」と「無知」ですよね【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyhoshi vol238@横須賀

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・12月5日(土)14:00〜16:00 アロマWS
・12月12日(土) 14:00〜17:00 人生が楽になるWS
EYTT仮予約受付中

予約・スケジュールはこちらから。

 

現代社会は非常に複雑です。

様々な情報が行き交っています。

しかもその情報も専門的な情報から、噂話、フェイクニュース、プロバガンダ、いろいろとあります。

なかなか大変な世の中です。

Twitterを観ていても印象的なものも見受けられるます。

それは、自己責任論で片付ける人たちが多いということです。

すべては自己責任。

努力できないのも、お金が稼げないのも、うまくいかないのも自己責任。

そういった論調です。

難しい問題です。

ただ、こういう発言をしている方々は、大概がうまくいっている方なのでしょう。

もしくはうまくいってなかったら「全責任が自分にあります」とは言わなそうですからね。

うまくいっているというのは、主観的にでしょうけど。

富裕層の方でも自分が富裕層にいることを知らずに過ごしているという話も聞いたことがあります。

面白い世の中になっております。(大変ではありますけど)

 

欲が高いとお金がかかる

欲の話しです。

欲があるとお金がかかります。

その欲を満たすためにいお金が必要であることが多いからです。

本当に欲が高いとお金がかかります。

これはみなさんご存知だと思います。

単純に物が欲しいということだけでもお金がかかりますし、たくさんの物が欲しいわけではないという人でもそれなりにお金かかりますよね。

たくさんの物を欲していなくても、欲しいものは全部買えなかったりします。

欲しいという気持ちがあると、それだけで買えないというストレスがかかります。

そのストレスがまたお金を使わせたりもします。

ストレス発散のためにお金がかかるわけです。

ストレス経費なんて言い方をされている人もいました。

ストレス発散のために使うお金で、欲しいものでも買えたらいいですけど、そうもいきませんね。

足りないですからね。

 

欲を減らしていかないと終わりはない

いやー、本当に大変です。

欲するというのはとてもお金がかかります。

だから、欲が少ない方がリーズナブルに暮らせます。

しかも満足度も高い。

欲が少ない分、満たされる回数や頻度も上がります。

それだけ満足度も上がるというわけです。

欲が少ない人の方が幸福度も高くなります。

そういう構造になっています。

良し悪しではなく、仕組みがそうなっています。

でも企業や商店は売らないといけません。

だから、もっともっと欲しいように急き立ててきます。

人間が人間を煽っているのですけどね。

その煽っている人間も他のところから煽られているわけですけど。

実際に欲を増やすように仕組んでやっているのは人間なんですね。

やれやれ。

 

欲が低いと騙されなくなる

欲を減らしていくと欲しい物が減ります。

減った分、余計な物を買う必要もなければ欲しがる必要もありません。

変なものを買わされることも減り、騙されることも減ります。

その空いたお金と時間で少ない欲をさらに満たしていきますので、人生は幸せになっていきます。

欲が低いというのはお得ですね。

結局、幸せな成功者って欲はあまりないように思います。

それでいて楽しい生活を送っている。

そんな欲の少ない、でも充実した生活に私も進んで行きたいと思っています。

 

終わりに:足りている

実は多くのものが足りています。

それに気づかないから「足りない」と思ってしまう。

足りているのですね。

むしろ、多いのだと思います。

物が家に多すぎる。

そうやって多くを所有することで、さらに多くを得たいという欲を上昇させてしまっています。

自分軸という言い方がありますが、自分の軸で生活していると必要以上には欲しがらなくなります。

自分で欲しい物、不要な物が見極められるわけですからね。

物を減らしていき、自分軸で生きていきたいものですね。

関連記事:がんじがらめの思考回路からミニマリズムは解き放ってくれる