出会いが人生を起動させていく【ヨガインストラクター日記ブログ】kiyoshi vol5

ヨガインストラクター日記ブログ

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・11/4(日)9:00〜10:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・10/23(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・10/21,28(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・11/23(金)14:30〜17:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・12/1(土)13:00〜19:00 特別の日、インサイトマップ講座

 

やる気のようなものというのは日々移ろいゆくものです。

ですから、やる気やモチベーションに頼らないということは大事ですよね。

いつでもやる気が高いわけではないからです。

やる気とは別にやらないといけないことが仕事や生活ではたくさんあります。

仕方がありません。(そこにもやる気を高めて取り組むことは可能ですけど)

移ろいゆくやる気も、出会いひとつで勝手に高まったりします。

人生というのは出会いで起動しますね。

 

いろんな人との出会いに支えられている

私はいろんな人に支えられています。

リアルにあっている人から、リアルに会ったことのない人にまで支えられています。

もう少し幅を広げると、生きている人から亡くなった人にまで支えられています。

ありがたいものです。

普段から顔を合わす人にもいろんなところでサポートをして頂いています。

何気ない一言からたくさんの叡智をいただくこともあります。

新しいことに気づけたり、知ることができるのは私の至福のひとつです。

ですので、出会いによる学びや楽しさがあるのはとても嬉しく思います。

 

些細なことでも大切なことがある

些細な出会いでも大切なことがあると思います。

些細なことでも、それは「あの時のこれがあったから、今のこれはあるのか!」という驚きとともにやってきます。

何気なく観た映画からのつながりを感じることもあるでしょう。

小説や漫画からもあるでしょう。

たまたま、食事会で出会ったところから何かが始まることもあるでしょう。

趣味からかもしれません。

ヨガのクラスに来ることで、隣にマットを敷いた人と話したことだけがその後に大きな変化を起こすかもしれません。

何がどのように影響しているのか分からないものです。

ですが、出会いには必ず意味があると思っています。

たまたまや偶然というのは無く、必然として起こっていると思います。

森信三先生がおっしゃっている通りで「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に。」というやつです。

 

結構元気をもらったぞ

最近も結構元気をもらった出来事があります。

友達とただお茶して散歩して午後を過ごしただけです。

いろんな話をしました。

身体の話は興味深ったです。

自分が伝えている瞑想にも通じるところもあり、とても興味深く聞けました。

シンクロニシティとなることもあり、そこからヒントをもらいました。

ものすごいシンクロで私は勝手に驚いておりました。

今、生きていくうえでのテーマに直結する内容でした。

驚きましたよ。

お茶をしながらメモしていたくらいです。(私と会ったことある人は、全然普通に感じると思いますが)

身体にまつわることも本当に面白く、話に花が咲いておりました。

散歩でも行きたかったところに行けました。

その人とこのタイミングで散歩していなければ、その場所には行ってなかったことでしょう。

本当にありがたいことです。

本当に面白いですね。

「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に。」ですよ。

 

終わりに:本当にど真ん中を生きている?

本当にど真ん中を生きているでしょうか。

なかなか難しいですよね。

私は人には「ど真ん中を生きられるといいよね」と言っておりますが、自分は30%もど真ん中を生きていないのではないかというレベルです。

やれやれ。

改めて、友人から「ど真ん中をどのぐらい生きているの?」と聞かれてハッとしましたよ。

こういう本質的な質問はいいですね。

ハラになんだかモヤモヤしたものを感じました。

当然です。

自分がど真ん中を生ききれていないから、モヤモヤするのです。

あなたはどのぐらいど真ん中を生きているでしょうか。

割合を観じてみるといいと思います。

結構、楽しいですよ。

改めて「あなたはどのぐらいど真ん中を生きているでしょうか?」

さてどのぐらいでしょうか。

KIYOSHI
ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。記事を読んで頂きありがとうございます。これからも応援をよろしくお願い致します。