継続して蓄積されるように意識しておくと、身軽になる

自己啓発

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

僕らにできるのは、その「ほんの少しの理由」をひとつひとつ大事に磨き続けることだけだ。暇をみつけては、せっせとくまなく磨き続けること。

仕事でも日常生活においても、継続していくことが重要ですよね。

その継続して行っていることが、消費されるのではなく”蓄積”されるようにしないと、消耗した毎日になってしまいます。

ヨガにおいても同じです。

せっかく練習したり、クラスに参加しても、その日だけ心地よかったりしても、もったいないです。

ですので、持続して効果が出るように意識しておくといいですよ。

 

自分ができることに集中すると蓄積する

できることというのは「簡単なこと」という意味ではありません。

「今、目の前にあること」ができることです。

チャレンジする対象があれば、それを完璧にやり切ることはできませんよね。チャレンジとはそういうものですよね。

ですけど「チャレンジをする」という行為だけはできますよね。それができることをするという意味です。

そのできること(目の前に与えられたこと)に集中して取り組んでいくと、知識でも体験でもノウハウでも、蓄積されていくのです。

それはなぜか。人はできることしかできないからです。

できることしか視野に入ってきません。できないことは意識に入らないのです。

ですので、意識に入ってきて、やれるという条件が整っていることをやっていくのですね。それがやがて様々なつながりを生んでいきます。

それがヨガの実践でもあるのです。

 

求める世界から自然と求められる世界に移行する

わたしも実践中ですが、今起こっていること、今目の前にあることを「できること」と認識を改めて行動していくと、人から求められるようになります。

わたしのヨガクラスを例にとると、生徒さんが2人だろうが30人だろうが同じように、目の前に来てくれた生徒さんに接することです。

それが与えられたことです。それが現実です。

そこで、人数が少ないからとかで出し惜しみしていると”そういう人”になってしまいます。日々のクラスを一生懸命にやって、皆さんへの価値を蓄積させているはずが、消耗していることになります。

それはお互いに残念ですよね。むしろ、人数が少ないと生徒さんが「ラッキー、密に教えてもらえるな」と思ってもらえないとダメですよね。

みなさんの仕事でも生活でもあると思います。思い浮かびますかね。

人に求めてばかりいると、周りから人がいなくなってしまいます。

どうやったら喜んでもらえるのか、継続して蓄積されることを考えると自然と求められる世界へと移行するのだと思います。

目の前のことから、求められる世界へ(大いなる世界へ)の流れが生まれていくのですね。

KIYOSHI

補足しますと、求められる世界は人数とか大きさとかは関係ありません。

小さなコミュニティでも大きな施設でも、家庭でも友人関係、すべての話しです。

 

身軽な世界へ

目の前にある「できること」をやると、求められる世界から脱出できるようになります。

求める世界は辛く苦しいものです。

欲しいものというのは「今無いもの」ですよね。欲しい現実にフォーカスが当たっているので、常に無いものに意識が向いているのです。

常に欲しいものが無いのですから、それは苦しいと思います。

「できること」へと意識を向けていくと、その欲しい現実から、すでにある現実へと意識が向いていき、求める世界から脱却していきます。

脱却後においても、それでも「今できること」をやっていると、人から喜ばれて、求められる世界へと移行していくのです。

求める世界から、求められる世界になると、心が軽くなっていきます。常にあった苦しみから解放されますからね、それは楽になりますよね。

そうすると、さらに今に集中できるようになり、好循環が生まれて、さらに身軽に気楽に行動するというサイクルが生まれていくのです。

わたしはまだまだ未熟ですが、このできることを一生懸命にやっていくというサイクルに乗ることで、円熟した人へとなっていくのだと思っています。

 

終わりに

わたし自信、円熟の世界へはまだまだでございますが、このサイクルを回せるように日々三省でございます。

みなさんも、目の前のできることにフォーカスして、円を回してみてください。

動きがあるところにエネルギーが生じます。

できることは今あることだけです。

一緒に、求める世界から求められる世界へと行きましょう。

KIYOSHI
必要なときは人を求めていいですからね。「くれくれ」とならないで、互いにサポートし合える関係がいいですね。
DSCF4826