徹底して「何もやってません」という人、ヨガは欲を減らしていくもの【縁側日記】vol269

ヨガライフ-東京日記

私(Kiyoshi)はヨガスタジオをはじめて7年になりました。

ヨガを教え始めてからも10年となりました。

生きる力と知恵がたかまるようにとスタジオを運営しております。

そのために、身体を整えること、精神を整えること、思考を整えることが大事に思っています。

身体はBORN TO YOG (ボーントゥヨグ)、精神はSIQAN、思考はInsightMapとお伝えさせていただいております。

他にも合宿や各地でのヨガ・瞑想クラスも開催しております。

そうやっていくことで、自分のビジョンが広がっていくことを観じております。

私のビジョンというかテーマは集合的無意識の大掃除です。

それが役割であり、そのために色々とやっている次第でございます。

大変に怪しいかもしれませんが、そのためにもヨガや瞑想や思考ツールが有効であり、それらをお伝えてして少しでも「王道を生きる人」が増えればいいと思っております。

そうやって活動てしてきました。

そして、今後もこの方針で活動していきます。

お伝えするコンテンツは多少の変化はあるかもしれませんが、大枠でのテーマは変わらないことでしょう。

それが私の王道だからだと思います。

 

では、好きなことをしていけばいいのかというと、基本的に好きなことをしていけばいいと思います。

好きなことをしていった結果はその人の責任になります。

自分の責任でやっていけばいい。

ただ、公共のものを使うなどはみんなのリソースを使って作っているものなので、その仕組みは理解しフリーライドすることなく使用していくことは大事です。

持ちつ持たれつでやっていくということです。

 

とはいえ、好きなことをただやっていればいいのかというとほとんどの場合はそうはいきません。

いろんな問題が生じます。

天才的な人は置いといて、歴史に名前を残すようなレベルでなければ「好きなことをするのに必要な好きではないこと」をしていかないといけない。

確定申告みたいなものとかですね。

人それぞれに好きなことをやっていく過程で好きではないことが表出してきます。

これを好きなことのためにできるかどうかが試されている場合も多いです。

好きなことへの気持ちが強ければ大概のことはできます。

病的にできないこともありますので、それはアウトソーシングしたり誰かに頼る必要があります。

そうやって工夫すれば好きなことのためにさまざまなことができることでしょう。

 

はじめに戻りますが、私はEngawaYogaとして継続して今のところやってこれております。

他人から見れば好きなことをして生きているように見えます。

好きなことのために私が諦めたことは、結局はお金でした。

もちろん、今のところという話しですが。

利益はほぼなく、生活費もほとんど使っておりません。

そのような状況下で継続しております。

好きなことをやるというのはそんなものです。(最初はということです)

お金を稼ぐことが好きな人は好きに稼げばいいのですが、多くの人はそのようにはできていないと思います。

今後はBORN TO YOGやSIQANをする人が増えていくためにも、稼いでいく必要があると観じております。

お金から逃げていてはダメです。(逃げてはいないのですけど、敢えての表現として)

 

ヨガインストラクターさんで独立して失敗している人の多くがお金です。

お金から人間関係がこじれていたり、運営やクラスがおかしくなっております。

人を呼ばないといけなくなり、自分の信念も方針も曲げていきます。

人を稼ぐことに翻弄されます。

ビジネスが上手ならそのまま上手くいくことでしょう。

ですが、多くのヨガインストラクターさんはヨガが好きで、ヨガ哲学に共感して始めています。

だからそんなにビジネスが上手くないと思います。

そしたらあとは一生懸命にやって応援されるしかありません。(経営セミナーに高いお金を使う人も多いですね)

SNSで映えるような動画を撮ってもマイナスでしかありません。

SNSは心によくありませんからね。

関連記事:ヨガはシンプルになっていくもの、もっともっとと刺激を求めていくものではない

欲を減らしていき、幸福度を増やしていくのがヨガです。

そこから離れてしまっては元も子もありません。

 

現実には、しっかりとヨガを実践している人は応援されます。

なぜなら、そういった精神性を持った人がいるというのは社会的に必要だからです。

それを普通に欲とエゴを高めるようなヨガやヨガスタジオをやってしまっては応援もされませんし、人も離れていくでしょう。

いっときの刺激だけ求めてくる人はいるかもしれませんが、エゴや欲を増やしたくてヨガをやる人はいませんから最後には離れていくことでしょう。

 

ということで、好きなことをやっていこうという話でして、そのためにやらないといけない必要なことも積極的にやっていこうということです。

例えばヨガならば、エゴが減り、幸せが増える方向でヨガクラスをやることで人から応援されて、結果としては上手く回るでしょうということでした。

それぞれの業界での”基本”というのが存在すると思います。

人の道に反することなく、好きなことを極めていけたらと思います。

好きなことを生業できる人が増えれば、地球はもっと楽しいものになると思っております。

 

終わりに:好きなこと、得意なこと、やりたいことが異なっていい

色々と書いてきましたが、好きなこと、得意なこと、やりたいことが全部マッチしてなくてもいいと思っています。

実際にはそんなもんですよね。

私の場合、今後はうまくやれば、これが全部重なるところが出てきそうです。

好きなことは運動やスピリチュアルです。

得意なことは身体を動かすことや話すことです。

やりたいことは自由にふらふらと仕事をしていることです。(ここだけ具体的ではないですね)

そうなんです、結局のところやりたいことが本当の意味で明確ではないのです。

もう少し明確にしてくと叶ってきそうですね。

 

これらの3つは違ってもいいと思います。

結局はやりながら実践しながらどこかに収束しますしね、好きなことは簡単に変化してしまうこともありますし、もっと得意なことが発見されることもあります。

考えすぎずに、これらの合わさりを参考にやっていけばいいと思います。

 

あなたの好きなことはなんですか?

あなたの得意なことはなんですか?

あなたのやりたいことはなんですか?


ではでは。