受けいれること、差し出すこと、気にしないこと。心屋仁之助の「好きなことだけして生きていく」を読んで感じたこと

お金を引き寄せる

KIYOSHI

【お知らせ】
8/19(日)13:30〜15:00で日本一簡単な瞑想会を目指しているSUWARU開催です。
8/19(日)15:30〜17:00で真言密教に伝わる阿字観瞑想会を開催です。

SUWARUについてはこちらから。
阿字観瞑想についてはこちらから

 

心屋仁之助さんの書籍紹介シリーズです。こちらの二冊はオススメです。

心屋仁之助さんのこちらの本「好きなことだけして生きていく」と「一生お金に困らない生き方」を読んでみました。

本を読んで感じたことをツラツラと書いております。

お金は出せば入ってくることが書いてありますが、出しても入ってこない場合もあります。

殆どが出せば入る気がしておりますが、確かに入ってこないパターンもあります。

それは、気持ちが足りないで出している場合に感じます。

要するに楽に出しているだけで、出すになっていないということです。

「出すときは出す」ということが当たり前に大事なのですね。

 

お金は出してるけど存在給が上がってこないことはあるのか

お金の循環が起こらないのは、結局は出しているようで出していないということみたいです。

楽に差出せる金額では、出していないのと一緒。

大変だけどそれは出していないことのようです。

損したくないですからね、人は。

損するぐらいに出してこそ循環は生まれる。

損してもいいと腹をくくるとちゃんと帰ってくる。

そういう風になっているようです。

お金の循環は損するぐらいに出すということ。

出すことで「エネルギーを入れ替える」というのもポイントに感じます。

 

腹をくくると帰ってくる

腹をくくるとちゃんと帰ってくるように感じます。

本人の気持ちがお金にも乗っかるのでしょうか。

ちゃんと友達を連れて帰ってきます。

だから躊躇なく出すこと。

損するぐらいに出して、スッキリしていること。

これがポイントです。

お金に気持ちも乗っかるので重い気持ちはやめましょう。

思いは重いので、思いもなしで出していきます。

腹をくくってお金も出していきます。

 

収入が減ってもいいと思うと浮かばれていく

腹をくくるのは仕事に対しても同じです。

収入が減っても大丈夫だと思って好きなことをすると存在給が上がるそうです。

難しいですかね。

評判が下がっても好きなことをする。

できますかね。

収入が減っても好きなことをするのですよ。

やってみましょう。

嫌われてもいいから好きなことをする、この実践が超大事です。

収入が減っても好きなことができたらハッピーじゃないですか。

評判が下がっても本当に好きなことできたら嬉しいじゃないですか。

好きなことをしていること自体が幸せです。

幸せなところにはさらに幸せなことが起こるのです。

思い切って好きなことをしていきましょう。

 

差し出すことでお金の循環に入る

差し出すことってとても素晴らしいことです。

損してもいいぐらいに差し出していると巡りがきます。

断捨離でもそうです。

全捨離でもそうです。

全捨離を知っていますか。断捨離ではなく全捨離の時代になったのかな。全捨離で開運してみよう【より少ない生き方を実験中】

2017.05.20

本当に面白いです。

人にあげたり、余分な物を捨てたりしていると色んなことが巡ってきます。

欲しいと思っていたものが突然やってきたりします。

忘れていた人からの連絡がきたり、思わぬ仕事が舞い込んできたりします。

エネルギー循環ってあるんだな、と本当に実感します。

出せば入るというのは真実に感じます。お金も同じです。

好きなことをすることも世の中にたくさんのことを投げかけることに通じると感じます。

好きなことは良いエネルギーを社会に差し出すことに繋がると感じます。

お金があってもなくても、好きなことに使っていると循環してきます。

仕事でも同じ。

差し出すと回るのですね。

値段を上げても同じです。

差し出すと回るのです。

自分の気持ちを優先して、どんどん好きなことをしてみてください。

自分の気持ちを優先して、どんどん好きなことにお金や労力を使ってみてください。

やればわかります。

面白い生活がスタートします。

 

終わりに:より少ない生き方にハマっております

「より少ない生き方」がとてもいいですね。オススメです。

こちらの「より少ない生き方」を読んで少ない生き方を実践中です。

どんどん物を減らしております。

今はBORN TO YOGや瞑想を極めていきたいと思っているので、それらに不要な物を減らしています。

案外あるもので、どんどん減らせています。

減らしていくと、エネルギーは逆に上がります。

物が減ると元気になるのですね。

物が減ると入る余地が生まれるので、新しいことも起きやすくなると感じます。

停滞されている方は物を減らすのもオススメです。

掃除や物を減らすことも改めてやってみると元気になります。

今日もより少ない生き方を実験中です。

 

心屋仁之助さんの「一生お金に困らない生き方」「好きなことだけして生きていく」を読んで面白かったのでお金に困らなくなるヒントを沢山書いてみました。

2016.09.11

心屋仁之助さんの名言を載せておきます。

自分が働かなくても、価値を提供しなくても、いっぱいもらっていいんだ、という考え方に変えてほしいんです。
一生お金に困らない生き方 心屋仁之助

お金を使うときには、「使ったら、入ってくる」と信じることが大切です。
一生お金に困らない生き方 心屋仁之助

好きなことをしていると、なぜかお金が入ってくる。
好きなことだけして生きていく 心屋仁之助

未来のために好きなことを我慢しても、未来にそれが手に入るとは限りません。でも今好きなことをすれば、未来も好きなことが手に入る可能性があります。その可能性を信じられるかどうかです。
好きなことだけして生きていく 心屋仁之助

人生がときめく片付けの魔法」っていう本を読みました。ベストセラーになった本なので、知っている人も多いでしょう。著者の近藤麻理恵さんは、「こんまりさん」と呼ばれています。で、こんまりさんの片づけの本というのは、本当にシンプルなんです。だって、「ときめくものだけ残しましょう」が基本ルールなんですから。もう「ときめくものだけ残す」ということは、「ときめかないものは捨てる」なわけです。で、僕は思ったわけです。これは片づけだけでなく、自分の人生にもあてはまるぞ、と。つまり自分の人生で、ときめかない人とは会わないほうがいいし、ときめかない集まりには行かないほうがいいし、ときめかない仕事はしないほうがいい。
いいかげんに、生きる 心屋仁之助