クタクタになるまで働かないこと、在り方が変わると収入が変わる

お金を引き寄せる

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365始まってます

阿字観瞑想会 11/22(金)19:00〜20:30
BTY@大阪 11/30 午前2クラス開催 Kiyoshi
BTY@千葉 12/2 19:00〜21:00 Aki
ENGAWA VOICE 12/22 16:30〜18:00 SHUKO
・BTY@名古屋 1/18 9:45~12:45 Kiyoshi
BTY@京都 1/26 14:00〜17:00 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜&金曜 日本一簡単な瞑想会SUWARU

クラス予約はこちらをどうぞ

 

心屋仁之助さんのこちらの本「好きなことだけして生きていく」と「一生お金に困らない生き方」を読んでみました。

なかなか面白い本だったので、たくさんシェアしております。

気になった方は一度読むと面白いですよ。

存在給というのをご存知ですか。

存在給というのは、あなたが何もしなくても得られる(得てもいい)と許可している給与のことです。

あなたが存在しているだけで得られる給与のことです。

存在給が高いと何もしなくても多くの豊かさ、お金が回ってきます。

存在給が低いとたくさんの仕事をして、たくさんの時間働かないと給与を得られないということです。

存在給を上げたいですよね。

存在給の上げ方は簡単です。

頑張らないということです。

 

頑張らずにのんびり働くとお金の入り方が変わる

頑張るというのは歩合給を高めること。

頑張らないというのが存在給を高めること。

だから頑張らないと存在給が上がっていきます。

自分を変える勇気を持つことです。

人に嫌われるかもしれません。

人から変わり者に見られるかもしれません。

ですが、頑張っている限りは存在給が減っていきます。

頑張らないを生活に取り入れていくと存在給が上がり、楽な生活になっていきます。

勝手にお金が回りだすのです。

何もしなくてもいいのではありません。

頑張らないということです。

あなたの好きなことをすればいいのです。

頑張らないで好きなことをする、そうすると勝手に存在給が上がる、そういうことです。

 

嫌いな仕事は断る

嫌いな仕事も断ると給与は上がるみたいです。

私はこれから実践が必要なのですが、どうもそういうものみたいです。

頑張って嫌いなことをやると、存在給が下がります。

それは「頑張らないとダメな私、頑張らないと価値がない私」を強化するからです。

ダメな私が稼げるとは思えませんよね。

ですから、頑張れば頑張るほど、嫌な仕事をすればするほど給与は減り、収入は減っていきます。

だから嫌いな仕事はどんどん断る。

嫌いでなくても、ちょっと好きぐらいなら断る。

そうするとお金が回り始めます。

あなたの価値が高まります。

やることが溜まってきても、結局はいらないタスクを削り、上から順番にやっていくしかない

2016-09-05

 

クタクタになるほど働かないと、存在給が上がる

あなたは既に価値があります。

あなたは存在しているだけで価値があります。

あなたが自分の価値を決めています。

クタクタになるほど働くというのは、それだけしないと価値がないと自分で決めているということです。

あなたは既に価値があるのですから、クタクタになるほど消耗する必要はありません。

あなたは既に価値があるのに、その存在価値を落としているのは自分です。

だから、楽に働くことです。

好きなことで働くことです。

嫌いな仕事は断ることです。

あなたには価値があります。

残業する必要もありませんし、睡眠時間を削るのも必要ありません。

頑張る必要はありません。

頑張らなくても、既にあなたには価値があります。

クタクタになるほど働かなくなるというというのは、それだけ存在している価値ある私を認めることになります。

結果として存在給が上がり、回るお金も変化してくるのです。

 

終わりに:手を出すことをやめると生徒は成長する

ヨガインストラクターをやっていると手を出してくなります。

ヨガクラスを教えていて手を出したくなってくるのです。

それをぐっとこらえる。

そうすると、生徒が勝手に自分で成長していきます。

手を出さない方が成長するのです。

手を出すというんは植物でいうと芽を引っ張っているようなものです。

ヨガインストラクターが芽を摘んでどうする。

水をやることです。

水やりは見守るということかもしれません。

必要最小限のサポートかもしれません。

信頼することかもしれません。

その人が自分で考えて自分で行動することを信頼することが大事です。

その人のことを信頼して見守る。

何が起こってもその人は大丈夫なんだと見守る。

それが結果として一番成長するようです。

 

心屋仁之助さんの「一生お金に困らない生き方」「好きなことだけして生きていく」を読んで面白かったのでお金に困らなくなるヒントを沢山書いてみました。

2016-09-11

心屋仁之助さんの名言を載せておきます。

自分が働かなくても、価値を提供しなくても、いっぱいもらっていいんだ、という考え方に変えてほしいんです。
一生お金に困らない生き方 心屋仁之助

お金を使うときには、「使ったら、入ってくる」と信じることが大切です。
一生お金に困らない生き方 心屋仁之助

好きなことをしていると、なぜかお金が入ってくる。
好きなことだけして生きていく 心屋仁之助

未来のために好きなことを我慢しても、未来にそれが手に入るとは限りません。でも今好きなことをすれば、未来も好きなことが手に入る可能性があります。その可能性を信じられるかどうかです。
好きなことだけして生きていく 心屋仁之助

人生がときめく片付けの魔法」っていう本を読みました。ベストセラーになった本なので、知っている人も多いでしょう。著者の近藤麻理恵さんは、「こんまりさん」と呼ばれています。で、こんまりさんの片づけの本というのは、本当にシンプルなんです。だって、「ときめくものだけ残しましょう」が基本ルールなんですから。もう「ときめくものだけ残す」ということは、「ときめかないものは捨てる」なわけです。で、僕は思ったわけです。これは片づけだけでなく、自分の人生にもあてはまるぞ、と。つまり自分の人生で、ときめかない人とは会わないほうがいいし、ときめかない集まりには行かないほうがいいし、ときめかない仕事はしないほうがいい。
いいかげんに、生きる 心屋仁之助