業界が一緒でも人それぞれでは別の人々、男と女も異なる世界の人【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol69

ヨガインストラクター日記ブログ

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・1/6(日)15:00〜16:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/14(金)14:30〜17:30 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

ヨガを教えておりますので、ヨガ関係者の方と会うことが多いです。

ヨガの愛好家さんは、またそれぞれのコアなジャンルをお持ちでしょうが、ヨガインストラクターさんはヨガ業界に属する人たちです。

どんな業界もその業界の常識のようなものであったり、習い事であったりとあると思います。

そういったことを前提として話しても、時々通じないことがあります。

私自信がヨガの常識をあまり知らないというのは置いといて。

通じないことがあるというのは、人というのはそれぞれ異なるからですね。

同じ業界、同じ趣味だからといって、わかってもらえるとは限らないですね。

 

ヨガが広まって欲しい人、興味のない人

ヨガ関係者においても、ヨガが広まって欲しい人と、広まることには何も興味のない人もいます。

そりゃそうですよね。

わかりますよね。

ヨガ自体がもっと盛り上がっても、盛り上がらなくても自分のヨガの深まりには関係ありませんからね。

普通にヨガをやっている人なら自分の通っているヨガスタジオが存続してくれて、自分の思うヨガライフが送れればいいわけです。

下手したら習っているものがヨガでなくても、それがヨガ風でもいいわけです。

人それぞれなのでOKです。

サッカーの日本代表戦になるととうでしょうか。

興味がないというと、少し肩身の狭い思いをしませんでしたか。

断然盛り上がっている人から見れば、日本人全体が盛り上がっているのに「わざわざ盛り下げるような言い方しなくてよくないか」と思うことでしょう。

こういったことはいろんなところにあります。

私は東京オリンピックとか正直なところ開催なんてしないでいいなと思っている人なのです。

関係者の方がいたら申し訳ないですが、日本国民の民度が上がるとは思えなかったのです。

実際、莫大な費用と莫大な文化的損失を出しているようですし。

詳しくはわかりませんが。

人は細かいところでは分かり合えないのと思います。

人それぞれでOKだと思います。

ヨガにおいてもホットヨガが好きな人はそれが好きでいいのです。

たくさん動くヨガが好きな人はそれでいいですし、瞑想好きはそれでいいのです。

身体に良いとか悪いとかは別問題ですよ、趣味の話としてです。

 

男と女は別の星から来た人

男女は、金星人と火星人だと言いますよね。

どちらが男でどちらが女か忘れましたが。

本を探します。

こちらですね。

男が火星人で女は金星人ですね。

そのぐらいに別の人なのですね。

個体でも全く違うと思います。

ただ、男はパジャマを着ればみんな一緒だと思いますけど。(要するに結婚すれば皆んな同じ)

だから期待しないことですね。

男女はまったく異なる価値観で生きています。

わかってもらうことはできません。

そう思うと楽になりませんか。

火星人のことわかりますか。

わからないですよね。

金星人のことわかりますか。

わからないですよね。

たまたま話は通じているようだし、同じように笑ったり泣いたりしているだけで十分でしょう。

ちゃんとわかってあげることはできませんからね。

期待しすぎないとお互いが楽になります。

わかりあえたら奇跡だと思っているぐらいでちょうどいいと思います。

奇跡が起きているご夫婦もいらっしゃいますよね。

相当、タフなコミュニケーションをされてきたのでしょう。

私としては、そもそもわからない人同士がわからないなりに、一緒に楽しく過ごせたり笑えたり、遊びに行って楽しい思い出ができたり、芸術を見て二人で驚嘆できたり、音楽を聞いてそれについて話せたり、そういったことができていることが奇跡なので十分に幸せだと思います。

 

終わりに:他人を変えることはできない

他人を変えることはできません。

こちらがどう見られているかを操作することもできません。

その人の見たいように見るからです。

人は見たいように見るのです。

色眼鏡を人はたくさんつけています。

その色眼鏡を自由自在に、もしくはノーコントロールで使いまくって人を見ます。

この人はこういう人だ、と決めていきます。

一度そうなるとなかなか変わることはありません。

ですので、他人をコントロールすることはできません。

諦めるしかないと思っています。

淡々とやっていきます。

 

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。