結局は一定の練習量が身を助けてくれる【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol4

ヨガインストラクター日記ブログ

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・11/4(日)9:00〜10:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・10/23(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・10/21,28(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・11/23(金)14:30〜17:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・12/1(土)13:00〜19:00 特別の日、インサイトマップ講座

 

日々、BORN TO YOGを通して体つくりをしております。

ほぼ毎日のようにBORN TO YOGはやっております。

オンの日は、5時間とか長めの日も。

オフの日は、30分とか1時間程度と短めの調整。

とにかく、続けることが必須ですね。

ヨガというのはで誰でもきるようになっているみたいで、続けているとできるようになるのですよ。

不思議ですね。

結局はできるようになるのですから、一定の練習を続けるといいことが起こるんじゃないですかね。

 

ヨガの良いところはやっているとできるようになること

ヨガはやっているとできるようになります。

嬉しい事実ですよね。

スポーツだとなかなかそうはいきません。

体格や才能や遺伝的(筋肉などのつき具合)によって明らかにできる出来ないが出てしまう種目もあります。

kiyoshiは中学時代に野球をやっておりました。

とある強豪のクラブチームと対戦がありました。

びっくりしましたよ。

強いのはもちろんそうなのですが、どう考えても高校生みたいな身体つきでしたからね。

厳しい戦いなるなと思いました。

このようにスポーツだと圧倒的な差になっていきます。

逆にヨガはそれがないように感じます。

ヨガは、やれば結構できるようになってくる。

誰もがやれば一定のところまでいけるようになっている、そのように感じるのです。

 

継続する仕組みを作っておこう

やればできるのですから、次は継続ですね。

単発で終わらせたらもったいない。

せっかくヨガというものに出会ったのなら続けて欲しいですね。(そりゃ、ヨガをやってる身としては当然思います。)

継続する仕組みは人それぞれです。

どうでしょうか。

今までに何を継続してこられましたか。

どんな工夫をすると継続できましたか。

例えば、学校に通うことで勉強の継続ができたとか。

会社に30分早く行くことで、1日の計画を立ててから仕事をする習慣ができたとか。

ご飯食べたあとに軽い運動がてら家事をすると捗るとか。

いろいろとあると思います。

楽しいことであれば、簡単に継続できる人もいることでしょう。

自分なりの継続の仕組みをもっておくといいですね。

 

ヨガやトレーニングで体つくりをしておかないとヤバイかも

ヨガの継続の仕組みがあれば、身体は変わっていきます。

これは間違い無いでしょう。

身体は老化するものです。

これは仕方がありませんね。

老化を食い止めるために何か特別なことをする必要はないでしょう。

それよりかは、好きなことや何かしたいときにそれが思うようにできない体力や身体だとキツイということです。

あくまでも普通の人の範囲の話ですけど、日常の生活だけで身体が固まったり、どんどん筋肉が落ちたりしますよね。

集中して仕事や家事や本を読んでいたって、色々と身体にガタがきます。

それをほぐす時間、伸ばす時間、鍛える時間が必要です。

そのまま放置してしまうと、すべての機能が衰えていきます。

健康というのは単純なことで、よく動いて、適度に食べて、よく寝ればいいのですよ。

「よく動く」というところにヨガをオススメしております。

体幹も鍛えられますし、呼吸でリラックスもすることができます。

やっぱり、ヨガに出会っていて良かったなと思う今日この頃です。

 

終わりに:インサイトマップ講座をもう少し工夫していきたい

インサイトマップ講座というのを開いております。

潜在意識を可視化していくツールになります。

いろんな思ってもみないことが出てきて良い感じです。

ヨガや瞑想とも組み合わせていけば、もっと可能性が広がると思っています。

そういったコンテンツを用意していこうと企画しておりますので、しばしお待ちください。

潜在意識の可視化って本当に面白いのですよね。

お楽しみに。

 

KIYOSHI
ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。記事を読んで頂きありがとうございます。これからも応援をよろしくお願い致します。