”About”のプロフィールに書いてあるストレングスファインダーってなんですか?

自己啓発

KIYOSHI

【お知らせ】
・9/25(火)17:00〜18:30 BTY ゲスト講師でししょう先生が来ます。
・9/16,30(日)13:30〜15:00 日本一簡単な瞑想会SUWARU
・9/19(水)18:30〜21:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座
・9/30(日)15:30〜18:30 潜在意識の可視化インサイトマップ講座

「ストレングスファインダーってなんですか?」とAboutを読んだ方に聞かれることがあります。

(阿里坊主にも聞かれました、、、)

ストレングスファインダーは強み・才能診断ツールです。よくある種類のツールですが、受ければわかりますが、かなり本格的です。

ギャロップ社が提供しており、オンライン診断を受けることができます。

180問ほどの質問をザクザクと回答していき、診断結果として34種類の才能資質から5つを診断してくれます。

以下の本を購入することでしか、専用コードをGETすることができません。(直接、ライセンスキーを購入する方法もありますが、本の値段とあまり変わらないため、本を購入することをオススメします)

そのコードも一度しか使えないため、古本は購入しないようにご注意ください。古本屋さんにたくさん売られているのは、診断していらなくなった方が売っているのでしょう。結構見ますね。

 

ざっくりと、ストレングスファインダーを解説

180問ほどのテストを40分前後で受けるオンラインテストです。

40分前後ですから、本当にサクサクと解いていくことになります。

頭を使うというよりは直感的に判断していくタイプのテストですね。

気負わず、時間を作っておいて、リラックスして、バシバシと己を飾ることなくやるとよろしいと思います。自分の強みをしっかりと知りたいですよね。だから素直に回答するとよろしいかと。

才能診断や適職診断のようなテストを受けた方もいらっしゃると思います。

それらよりも、ストレングスファインダーはすぐれている!と断言はできませんが、ストレングスファインダーを私が受けた感想では、面白いし使えるという印象でした。

ひとつひとつの強みも詳しくて、それを読むだけでも面白いですし、多くの企業も取り入れていたりと、客観的な信頼性も高いです。

ストレングスファインダーの結果をどのように職業や生活へと落とし込むのかを解説しているセミナーなどもあり、裾の広さを感じます。一度行ってみようかな。

コーチングをやられている方でも、ストレングスファインダーを活用されている方もいますね。もちろん、こういう診断は、本当に使い方次第ではあります。

自己分析のように、自分を眺めている人は確認になりますし、こういったテストが眉唾ものだと思っている方は、一度試すチャンスかと思います。

もちろん、ぼくは、まわしものではないですし、以下にも書きますが、こういった診断は使いこなせてナンボだと思いますので、ご自身の判断で試してみてください。

受講の流れは簡単で、

  1. 書籍購入
  2. 書籍に書いてあるサイトにアクセスする
  3. 書籍に書いてあるコードで受講する
  4. 診断結果を見て楽しむ、活用する

以上です。

KIYOSHI
才能が具体化されるのが大きいと思いますよ。具体的に、これこれには才能がある、と言われると対策がとれますよね。具体的というのはいつでも大事です。

 

ストレングスファインダーの活かし方

34個の強み一覧は以下になります。

「アレンジ」 「運命思考」 「回復志向」 「学習欲」 「活発性」 「共感性」 「競争性」 「規律性」 「原点思考」 「公平性」 「個別化」 「コミュニケーション」 「最上志向」 「自我」 「自己確信」 「社交性」 「収集心」 「指令性」 「慎重さ」 「信念」 「親密性」 「成長促進」 「責任感」 「戦略性」 「達成欲」 「着想」 「調和性」 「適応性」 「内省」 「分析思考」 「包含」 「ポジティブ」 「未来志向」 「目標志向」

ストレングスファインダーの活かし方を4点みていきます。わたしの個人的な解釈も入っていますので、各々が楽しんで活用されてみてください。

もし、面白い活用方法があれば教えてくださいね。

才能とは繰り返し現れる思考、感情、行動パターンであり何かを生み出す力を持つ資質である。

 

定番ですが、やっぱり強みを活かす

強みを伸ばすというのは定番ですね。

強みを長所と捉えてもよろしいかと思います。

私の尊敬する故・船井幸雄さんも長所伸展という言葉を残されております。

強みを伸ばすことで、弱いところまでカバーするという考えですね。

ビジネスの世界では効率がものをいいますが、強みこそ最も効率よく仕事の成果を上げられるものと認識されております。

得意なことをするグループと苦手なことをするグループでの成果には雲泥の差があるのは想像に難くないでしょう。

強みを意識して、うまいことできると、その成功体験から行動が生まれます。

強みを闇雲に伸ばせとはいいませんが、行動が生まれると、その行動から違う現実が生まれます。

ですので、行動を促す面でも強みを活かすのはありです。

 

強みから使命を探る

絶対とは言い切れませんが、強みには生まれ持ったきた使命や役割が内在していると思っています。

得意なことは、自然と人は率先してやるものです。

ですから、得意を伸ばすことも自然なことです。

自然というのは、生まれ持った性質を体現しているとも感じています。

ですから、自然と得意なこと、長所を伸ばしていくことが、その人の生まれ持った役割を果たすことに繋がると思っています。

もちろん、例外もありますし、不運に感じる出来事から役割に気づくケースもあります。

そういった偉人も多いことでしょう。

それでも、得意や長所を活かしていない偉人がいないように、誰もが得意を伸ばすことは意味があると思っています。

 

短所を伸ばす

これはまだ仮説です。

何かといいますと、ある種の天才達というのは、能力が秀でている分、短所となる部分も秀でていると思うのです。

だから、積極的に短所も伸ばしてみるのも面白いと思うのです。

敢えて伸ばすといってますが、これは危険な要素もはらみます。

極端な人になってしまう可能性もありますし、それが行き過ぎて社会的にNGな評価をもらってしまうことも考えられます。

ですが、短所をとことん伸ばすは、本当の意味での天才への道だと仮説を持っています。

いかがでしょうか。

KIYOSHI
強みを伸ばしたり弱みを克服したり、インプットしたり持っているものをシンプルにしたり、と何か操作をすることからは変容は生まれないといいます。

 

人に強みを伝えるのもあり

わたし自信がそれをやってますね。

aboutに記載しております。

まだまだ、意味はないかもしれませんが、こういう診断結果の人なら、これ頼んでみようかなって思うかもしれません。(思わないかもしれません)

あくまでも強み診断なので詳細はわかりませんが、私の場合、「着想」や「成長促進」があったのは、本当にそのままだなと思いました。

ちょっと長いですが、引用しておきます。

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

(着想について)

クラスに来て頂いている方ならわかるかと思います。

「知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます」なんてそのままです。

そういった事実があるという確信からも勉強していますし、ヨガの世界も、インド哲学の世界も、仏教や禅、そしてビジネスやアートの一流の方々の調査などは、この着想に起因している気がします。

このように人に伝えると、相手もわかってもらえるというのもありますし、自分の理解が進むというがあります。

単純に話題として面白いので、診断した人同士で話してみるのもよろしいかと思います。

KIYOSHI
ストレングスファインダーをやってみた方、声をかけてくださいね。

 

ストレングスファインダーの結果を活かすのは大切だが、職業が決まるわけではない

engawayoga-kazu-20151220-10活かし方を見てきましたが、あくまでもツールというのは忘れない方がいいと思います。

ストレングスファインダーの結果で、職業の判断までしてしまうのは安易すぎるのでやめた方がいいと思います。

そのぐらいの素直さがあるなら、それはそれでいいのかもしれませんが、職業診断ではなく強み診断です。

強みを活かすのは、あらゆる職業で可能だと思います。好きな職業で、自分の強みを活かし、弱みも活かすのが腕の見せ所かと思います。

楽しみながら、やっていくのがよろしいかと思います。

楽しみながらとはいえ、自己診断自体にはハマらないようにご注意ください。面白いですよね。結果をみるとわくわくします。

そのあとの現実を生きるためにあるのであって、高揚感だけを得るためにやるものではありません。

現実を生きるツールとしてご活用ください。

よく言っていることですが、ヨガは生きる力を高めるためのものです。こちらのツールも是非、生きる力を高める方向にご活用ください。

 

終わりに:ストレングスファインダーはあらゆる可能性を広げるために活用する

engawayoga-yoggybozu-20151108-7

ツールや診断結果に使われてはいけません。

ストレングスファインダーを開発された方もそう思っていることでしょう。

可能性を狭くするためにやるものではなく、可能性を広げるためにするものです。

人の可能性は無限大です。

ですが時間は有限ですし、体は一つです。

生まれ持ってきた役割も人それぞれ異なります。もちろん境遇も異なります。

その中で最大限に生きる為に活用するのです。

最後にもう一度参考図書を載せておきます。

診断した方が集まって、どのように活用するか話し合うのも面白いかもしれませんね。