添加物の少ない動画を観ていると疲れにくい、添加物はやはり身体に堪える【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol251@目黒

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・SIQAN毎日開催中
・ワクワクを選択してしまう自分になるWS 5/23(日)14:00〜17:00
・金曜午前BTY mari先生 開催中

EYTT(BASIC編)【募集中】
EYTT(ALICE編)【募集中】

予約・スケジュールはこちらから。

 

 

動画を観ることが増えた人が多いでしょう。

ある程度いけば動画を観る量も落ち着いたりもあるでしょうが、まだまだ動画の需要はありそうです。

動画でも疲れる動画、疲れにくい動画、元気になる動画とあることでしょう。

疲れる動画ばかり観てしまっている人もいることでしょう。

それは観せるのが上手いというのもありますが依存させるのが上手いという方が合っている気がします。

依存を強くしているというのは添加物が多いということ。

やっぱり添加物の多い動画は疲れる。

添加物というのは人工的に処理しまくっている動画ですね。

目的が視聴者数の獲得であったり商品の宣伝であったり継続した視聴へと留めようとすることになっているものです。

それが目的となっている。

これは疲れる。

疲れるからまた観てしまう。

ぼけ〜と観てしまってたくさんの時間を消費してしまっている。

危ないですね。

 

添加物の多い動画は添加物の多い食事と一緒

添加物の多い動画は添加物の多い食事と似ているかもしれません。

こういった動画は面白いと思っても実は精神や身体が疲労してしまっていることにつながります。

うまいこと処理されていればいいかというと、うまいこと処理されている食品添加物もどこかで影響はあるのと一緒で、動画もやっぱり徐々に疲れていくのだと思います。

身体に堪える、頭に堪える、精神に堪えるということになっていきます。

だから、なんなのか。

多くの人は観なくなるか中毒になっていくのです。

そういった添加物の多い疲れる動画や写真は見なくなるか中毒になってしまうということです。

あなたが実際に観ている動画はどうでしょうか。

時間が奪われていませんか。

体力は消耗していませんか。

ついつい無目的に観てしまっていませんか。

元気になっていますか、それとも疲れていませんか。

どうでしょうか。

中身の良し悪しや、添加物自体の良し悪しというよりかは、添加物が多いと疲れるのですよね。

 

添加物が多いのに慣れると添加物無しでは物足りなくなる

添加物多めの食事が嫌なように添加物多めの動画や文章は私は苦手です。

動画も添加物が多いと身体によくない。

変に頭が疲れたり、目も疲れたりしてくる。

だから添加物の多い動画や写真には出会わないように工夫しております。

まだ文章の方はいいです。

意識的に読まないといけないので。

ですが動画や写真はダイレクトに入ってきます。

だから危険です。

距離を置く必要があると思います。

YouTubeやInstagramは危険だというのはそういうことです。

他のSNSも距離を置くに越したことはないですがYouTubeやInstagramは特にですね。

距離を置くのが辛かったり観ずにいられない症状が出たりして難しい人は要注意です。

完全に依存症になっています。

一生の大切な時間を画面を眺めて過ごし、そして少しずつ洗脳されていく。

そんな人生を送る可能性が高いです。

完全にではなくても、少しずつ距離を置くことをオススメします。

 

添加物を減らしていく

日常的に添加物を減らしていくといいと思います。

映画も添加物てんこ盛りではないかというご意見もありそうですが、案外普通の映画もたくさんあります。

ビジネスのためであったり自己満足を求めてアップしている写真や動画よりかはいいのかなと思っています。

映画よりもyoutubeやインスタグラムなどの方が添加物が多いですね。

目的が作品の発表にないですからね。

観る側も疲れるし、気付いたら観ているという状態を作り出そうとしてきます。

そして何かを売ってくるか自己主張してくる。

添加物てんこ盛りの商品を食べてしまう子供と一緒で、添加物まみれの動画を見慣れてしまうと危険に思います。

少しずつでも減らしていくことが大事かと。

私もかなり減らしております。

 

添加物が気にならない体質になるのは難しい

しっかりと距離を置いて健全になると添加物にも強くなると思います。

思いますが、基本的には少ない方がいいです。

本来は不要なものだからです。

多少の演出はいいのでしょうが、基本的にはない方がいいと思います。

身体や精神が少しずつ病んでいくのも嫌ですからね。

なので添加物に耐えられる身体を作るのではなく、添加物の多い動画や写真から離れるのが良いと思います。

 

終わりに:元気に楽しくイキイキと活動するために

Instagramだけの人は怪しいという話があります。

要するに文章が書けない、喋れない、長い動画も苦手、写真ならいける、短い動画ならいける、というのは要するに中身がないということみたいです。(ジャンルによる部分も多いので絶対ではないのであしからず)

EngawaYogaもInstagramアカウントはあります。

殆ど更新しておりませんので凍結状態ですが。

今後のことを考えていこうと思っております。

明るい未来へと向かっていけているのかが問われています。

EngawaYogaも明るい未来を創造できているのだろうかと。

明るい未来へは決心、実行、直観がそのヒントにあると思います。

これからも決心して実行して参ります。

↓参考図書

created by Rinker
¥1,320 (2021/05/11 02:24:09時点 Amazon調べ-詳細)