何も持たない先へ行くことが瞑想です

スピリチュアル

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・SIQAN毎日開催中
・ワクワクを選択してしまう自分になるWS 6/13(日)14:00〜17:00
・6/14.28 BTY nana 19:00〜21:00
新しくakane,mari,yuu先生が加わりました

EYTT(ALICE編)【募集延期 締切6/12】
ヨギーアップデート合宿BTY&SIQAN 6/26.27.28

予約・スケジュールはこちらから。

何も持っていないことが悟りのそばにいること。

身軽になっていることが悟りの近くであり、本当の身軽は悟りの一種でもある。

物理的な荷物だけが重いのではない。

精神的な荷物も含めて、持たないこと。

荷物をたくさん持っていませんか。

精神的な縛りをたくさん持っていませんか。

観念や常識が頭をかすめませんか。

それらは気づきの道には荷物になるようです。

すべて放り投げるのは難しいかもしれませんが、すでに不要なものは手放していけます。

何も持たないで大丈夫。

身軽になって、何も持たない道へと歩み始めませんか。

 

こだわりも持たない

こだわりが少ないことも大事です。

何も持たない。

何もこだわりもない。

持たず、こだわりもなければ、それはある種の気づきそのものです。

何も持たないと気づきが向こうからやってくる。

何か持っていると、気づきがわからない。

気づいた後にも注意が必要。

気づいたあとに、その気づきを所有してしまうことがあります。

誰もが持ってしまいます。

気づきを所有したくなってしまう。

それは注意が必要です。

「あの気づき」もこだわりであり、荷物なのです。

それもまた持たないことです。

持つ必要がありません。

持たないことが気づきなのですから。

 

踊りの文化

踊っている人には覚醒のエネルギーを感じます。

あるがままに踊っている人はすごい。

感動します。

たくさんの踊りのエネルギーを周りに振りまいてくれています。

ヨガでもナタラージャというポーズがあり、踊りのポーズと呼ばれています。

インド古来のインド舞踊もありますが、インドの踊り文化にもそういったエネルギーを観ている人に送る文化が残っています。

日本には舞がありますね。

日本の舞はそのままあちらの世界とつながることです。

直接的に踊りではない形でも、喜びと至福のエネルギーを振りまいてくれる人がいます。

こだわりを持たず、荷物を持たず、何も持たないで生活している人。

モクシャ(解脱)へのエネルギーを送ってくれているのかもしれません。

 

まったくいらないものを持っている

モクシャのエネルギーを浴びて失神する人もいるという。

意識の深いところにエネルギーが注ぎ込まれるから。

ゆるんでいる人には届きやすい。

瞑想や呼吸法、ヨガなどはゆるませてくれる。

何も持っていないことが悟りと隣り合わせ。

緊張は悟りから遠ざかる。

ゆるんでいることも悟りに近い状態なのかもしれない。

緊張は瞑想するにはいらないものだ。

まったくいらない。

ねばならないという思考もいらない。

座り方をあれやこれやとやることもいらない。

道元さんもおっしゃっていた通り心身脱落だ。

これを頭でやろうとしても意味がない。

緊張をといて、ゆるめるだけだ。

放下して、任せるだけだ。

使っている頭を脇において、全部やめてしまうこと。

全ての人がその状態になれる。

エネルギーと一つになっていく。

ひとついのちが体感されていく。

 

終わりに:ゆるゆるとして瞑想に入っていく

SUWARUはゆるめていく瞑想。

ゆるゆると座っていきます。

優しい呼吸で、ゆったりと座っていきます。

奥へ奥へとゆるんで入っていく。

新しいことは何もありません。

ただ座るだけです。

身体の緊張を解いていくだけです。

身体にかかっている負荷を取り除いていく。

余分な力みを手放していく。

それだけ。

それだけで瞑想の世界へと入っていけます。

瞑想に入れないのは、余計なことをしているから。

あれやこれやと考えごとをしているから。

それらを手放した時に瞑想がやってくる。