自己利益の追求はパフォーマンスが悪い、BTYでは全体のパフォーマンスを上げていくように心がける

YOGA&BODY-ヨガと身体

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

SIQAN毎日開催中
・8月7日〜15日まで特別スケジュール中
・インサイトマップWS 8/28
メルマガが届かなくなった方へ

予約・スケジュールはこちらから。

自己利益の追求ってどう思いますか。

自分さえ良ければいいという言葉にも言い換えられるかもしれませんが、あまりよろしくないですよね。

それは自己利益を追求しても自他ともに生存する能力が下がるから直観的にどうなんだろうと人は思うのだと思います。

変わった人は自己利益を追求すると自分だけ得してハッピーになると解釈されるのかもしれませんが、普通に考えると自己利益だけを追求するのは自己利益につながらない。

だから他者との共存を選ぶと思います。

そうやって人類も残ってきましたしね。(諸説ありますが)

BORN TO YOG(ヨガ)をやっていて思うのは、勉強や試験で良い成績を取るとは異なったコードで鍛錬しないと上達しにくいということです。

もちろんヨガを実践されている方で自己利益追求型の人はいますよ。

そしてしっかりと人が離れていったり、悪い意味で「あの人はちょっとね」と言われていたりします。

仕方ないので自己利益を優先するということは周りからできる限り奪うということだからです。

 

パフォーマンスも悪くなるし、生きる力も弱る

生きる力を高めるのがヨガであると思っています。

そのまま逆にすると生きる力が弱まるのならばそれはヨガではないということです。

自己利益の追求は生きる力が弱まるのでヨガ的ではないと言えます。

それに、そのような精神状態ではパフォーマンスも下がります。

パフォーマンスを高めることにリソースを集中するのではなく、自己利益が上がるようにリソースの配分をするからです。

考え事をしながらやっているようなものです。

しかも自己利益ですから全体を見ずに「自分が自分が」と自我にも囚われていってしまいます。

本当に良いことがありませんね。

そして、そういった人は他人を蹴落とすことにリソースを割くようにもなります。

自己利益というのは相対的なところもあるので、弱い人は自分が練習するよりも周りに練習しないでもらうという戦略を採用します。

わかりやすい例でいうと学生の頃にテスト勉強しないで、周りがテスト勉強しないように邪魔をするという振る舞いです。

他人を蹴落とすことに時間を費やして、どうやってヨガが上達するでしょうか。

もちろんしません。

そんなことばかりしてたら体調も悪くなるでしょう。

自己嫌悪も生じることでしょう。(でもこういう人はそうとも思わないのかな)

結局はいい方向に行きません。

それは人生を歩む上でもヨガやBORN TO YOGを楽しむ上でも逆方向です。

なので自己利益追求型の活動をするのではなく、みんなのパフォーマンスを上げれば良いと思います。

 

人のパフォーマンスを上げるように振る舞うと自分のパフォーマンスも上がる

自分のパフォーマンスが上がるのは全体のパフォーマンスが上がっている時です。

快適でのびのびとヨガができるとパフォーマンスが上がります。

周りの人たちも快適で気持ちよくやってもらっているとこちらも、そのよい流れに乗ることができます。

周りがギスギスしているとその波動もこちらに来ますよね。

だからパフォーマンスが下がる。

ギスギスしている人たちのパフォーマンスも下がる。

みんなでパフォーマンスを下げている。

その循環でどんどんその集団は悪い方向へと進みます。

馬鹿みたいですね。

ですから、みんなでパフォーマンスを上げ合いましょう。

周りが快適にできるように振る舞い、そして自分も快適にやっていく。

不平不満や文句を言わずに楽しめばいいのです。

ヨガでパフォーマンスを上げるコツはそれだけと言えばそれだけ。

すると結果として自分のパフォーマンスが最大限発揮されていきます。

そのように気をつけてヨガや仕事もできるといいですね。

パフォーマンスを上げていきたいですよね。

せっかくなら上達をしていきたいですよね。

みんなが快適に楽しく過ごせるように自らも振る舞っていくというのが正解かと思います。

 

終わりに:歳を重ねるごとに頑固さを減らしていくようにしていく

歳を重ねると人は外からの情報を自分の中に入れにくくなります。

そういう風に人間ができてしまっているところも大きいと思います。

なので、歳を重ねるごとに頑固さを減らすと決心するといいと思っています。

これはしっかりとその気持ちを持つことが大事です。

強く持ったとしてもトントンな気がします。

頑固さを減らす気持ちがない方は頑固まっしぐら。

減らす気持ちを持っていてやっとトントン。

なので強い気持ちが必要に思います。

私も練習会だけでなく勉強会のような新しい考えや方法 を学ぶ場を作ろうと思っています。

研究会だと固すぎる印象があるので、共有会や勉強会くらいで。

引き続きよろしくお願いします。

ではでは。