ヨガのお知らせ:7/30,7/31のweyog@東京に参加しますよ。スケジュールにも追加しました。

お知らせ

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・1/6(日)15:00〜16:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/14(金)14:30〜17:30 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

weyogという企画がスタートしております。

佐藤ベジさんが主催です。(kiyoshiが主催ではございません)

weyogというのは、簡単にまとめますと以下になります。

  • 勝手に集まり「BORN TO YOG」をやる
  • 勝手に「BORN TO YOG」以外をやってもいい
  • 各自が自由に楽しむ
  • 話すのも自由
  • 話さないのも自由
  • 誰かがリードするわけではない
  • 兎にも角にも、自由でアサナを楽しむ

要するに「一緒にヨガして遊びましょう」という企画です。

楽しそうですよね。

weyogについて

2016.07.26

 

7月30日、31日とweyog参加します

こちらのweyogに2016年7月30日(土)、31日(日)と参加します。

時間は9:00~10:30です。

場所は皇居の交番(丸の内警察署皇居前警備派出所)の裏あたり。

こちらになります。

最寄り駅は二駅。

  • 千代田線:二重橋前駅より徒歩4分
  • 日比谷線:日比谷駅より徒歩8分

 

weyog@東京のスケジュールはなるべくアップします

engawayoga-weyog-20160701-4

東京でのweyogだけはスケジュールにアップいたしますね。全部を押さえるのは大変ですので。

こちらのスケジュールにもアップしますので、ご確認の上、一緒に遊びにいきましょう。

自由参加で無料ですので、遊び放題です。

行かないと雰囲気がわからないので、まずは一度参加されてみてください。

実は全国でも開催されておりますので、時々確認すると面白いかもしれませんよ。

公式ホームページはこちらになります。 → weyogについて(スケジュール)

 

weyogはいつ終わるかわからないので(笑)、さっさと行くこと

正直、自由参加で無料という企画がどこまで続くかわかりません。

ですので、なくなる前に一度体験しておこうということです(笑)

weyogというのは、

  • 予約不要
  • 参加自由
  • 各自が勝手にヨガをやる

というものになります。気楽でいいですね。

自由気ままにやるというのが楽しそうですけど、主催の佐藤ベジさんがこれからどうやって運営していくのか、わかりません。

なにせ、この企画だけではお金は発生していないからです。

集まる場所も公共の場所です。

物販があるわけでもなく、広告があるわけでもなく、何か商品が配られるわけでもありません。

weyogは筋書きなしのただ自由に集まって自由にみんなが練習するという企画です。

いつまで続くのでしょうか。

新しい試みに私もワクワクしております。

ただ単純に「一緒に集まってヨガしましょう」という原点回帰な企画ですから、応援したいと思います。weですから、あなたも私も既に運営側にも含まれているかもしれませんね。

 

注意事項

公式ホームページにも書いてある注意事項と言いますか、佐藤ベジさんからコメントを載せておきます。

交通費はもちろん地方の場合は宿泊費すら自腹で行くので(ていうか来る他のみんなもそうで、僕もその一人なんだから当たり前だけど)、宣伝とか見栄え作りなんて頑張ったり整えたりしている余裕は一切ありません。なのでもし「協力したい!」て人がいたら、

1)まずあなた自身が、あまり深く考えず、過剰に何かを疑わず、軽〜いノリで一回ふらっと来てみる。
2)その時の模様や感想をFacebookとかInstagram等のソーシャルメディアで、もしくは友達や家族に直接話す。
3)次の三つを無理ない範囲でフォローや拡散してください。BORN TO YOGのFacebookページ( https://www.facebook.com/borntoyog )、ベジ朋のインスタ( @vegetableyoga / @tomosato )、予定を公開するカレンダーサイト( https://coubic.com/btytt )。

なんかを手伝ってくれればとりあえず十分です。あとは僕らがそれを影響力として佐藤家の家族が生きていけるくらいは稼ぐ見通しが立つか起きるかもしれない現象を他人事みたいに観察してみるつもり。

かる~いノリで行きましょう。

一緒にマットを並べるのを楽しみにしております。

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。