もういいよ、もういいかな、もう大丈夫【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol209@目黒

ヨガライフ-東京日記

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ
メルマガ:あるがままに生きるヒント365はこちらへ

・SIQAN毎日開催中
・ワクワクを選択してしまう自分になるWS 6/13(日)14:00〜17:00
・6/14.28 BTY nana 19:00〜21:00
新しくakane,mari,yuu先生が加わりました

ヨギーアップデート合宿BTY&SIQAN 6/26.27.28

予約・スケジュールはこちらから。

こんにちは。

今回の日記も支離滅裂です。

では、いきなり書いていきます。

 

自分を責めるのが好きな人がいます。

無意識にやっている人も、意識してついついやってしまっている人もいます。

そういう人のそばにいるとなかなかしんどそうだなとは感じます。

本人は本音ではそれを選んでいます。

本当に嫌ならやめてしまうからです。

要するに、本当に嫌なら続けることができない。

本当に嫌なことは続けられません。

でも、本音では自分を責めることが必要なのだと思っているのです。

そういった自分が内奥にいるのです。

許してあげるといいなと思います。

もういいよ、って話しかけるような感じです。

もういいかな、と思えてきます。

そして、大丈夫になります。

本来は人は皆んな大丈夫です。

そんな風に思いながら書いております。

 

色々と人はある

私は1on1のセッションなどを知り合いに提供したりしております。

少しやっていくと、色々とあるんだなと思いました。

何もない人はいないですけど、それぞれ色々とある。

だから、自分を責めるようなこと、やってはいけないことをやった後に落ち込むならやらないこと。

そういった当たり前のことを自制できるだけで人生が格段に変わると思いました。

やりたいのにやれないことで悩む人。

やってはいけないことをしてしまって悩む人。

それぞれいますが、ただ本音を言えるだけでも変わると思います。

これをやりたい、というのがあればそれを伝えること。

やりたくないことがあれば、それを伝えること。

やりたいと思えることがあるなら、少しでも先に進めてみること。

やめたいことがあれば、少しでも距離を置いてみること。

そうやって実践するということが大事に思います。

簡単に言ってますが、やることはシンプルだけど、行動することは難しいのかと思います。

長年かけて培ってしまっていると変えるのも一苦労である場合もあります。

わたしもあります。

そこをエイやっとやります。

準備なくすることもあります。

関連記事:準備せずにいきなりやれること、やれないこと。BTYはいきなりできるはず【ヨガインストラクター日記ブログ】Kiyoshi vol113

そうやって行動すると変わるのです。

本当に変わります。

日常生活が人生です。

思い切ると日常生活が変わりますね。

人生で起こってくる出来事が変わるのです。

最初は、なかなかエイやっとできないかもしれません。

でも、時期が来てしまっているのです。

エイやっとやる時期が。

この日記を読んで、何か思い浮かんでいる人は今がその時期です。

エイやっとやる時期です。

思いつかない人は、そう言う時期が来たら思い切ってみてください。

 

本当に大丈夫

もう大丈夫なんですよね。

いろんなことを捨てて。

そして、いろんなことを得ても。

幸せになっていいと思います。

「すでに幸せだよ」という人はスルーしてください。

なんかおかしいなと思う人は、その”なんかおかしい原因”がどこにあるかを探ってみてください。

そして、もういいよと、もう十分に頑張ったよと、もう大丈夫だよと話しかけてみてください。

みんな一生懸命にやっています。

あなたも一生懸命にやっています。

だから、もういいし、もう大丈夫なのです。

何か間違ってたことがあったら、それをやめて(修正して)先に進めましょう。

もう、大丈夫ですからね。

 

終わりに:断捨離って使っている物は捨てなくていいですよ

「もう大丈夫だよ」って気分で書きました。

誰か具体的な人に向けて書いてはいません。

大丈夫なんだよな、という気持ちが強かったのでそんな書き方になりました。

そして、今度は断捨離について思い浮かんだので、最後は断捨離の話でしめます。

断捨離ってなんでも捨てると思っている人がいるようでして、実際はそんなことはありません。

好きで使っているものはもっと使えばいいし、リメイクして使いたいものは使えばいいです。

そりゃそうです。

何を捨てるのかというと、いらないもの、過剰なもの、既に用が済んでいるもの、です。

小学校からのぬいぐるみをとっておく大人はいないでしょう。

ぬいぐるみが悪いわけではなく、もう必要ないからです。

一人暮らしの家に、50枚のタオルは流石に過剰です。

もう読まない本もすでに用が済んでおります。

そういった物をまずは手放す。

自分軸で手放す。

これが断捨離。

そのあと、さらに磨きをかけて、より自分がご機嫌になるものにしていく。

過剰なものももっと気づけるようになりシンプルになっていく。

こういった結果が起こるだけで、断捨離だからといってなんでも捨てればいいわけではないです。

リメイクして使いたいのに捨てないといけない、とか意味不明です。

使えばいいです。

嫌になっていたり、もう済んでいるのに、何かしないといけないと思っている場合は思い切って捨てればいいのです。

どこまでが過剰で、どこまでが許容範囲かは人それぞれです。

そこが、自分の器量や生活スタイルや仕事の内容でも変わると思います。

断捨離は輝く人生を送るためのメソッドです。

物や欲に振り回されることから、自分で舵を取れる人生になるためのものなのです。

とにかく大丈夫ですから、不要なものは手放していきましょう。