ヨガもテーマを決めて取り組むことで上達していく

YOGA&BODY-ヨガと身体

- お知らせ -

EngawaYogaが初めての方はこちらをどうぞ

・1/6(日)15:00〜16:30 BTY ゲスト講師で富永奈々先生が来ます。
・12/18(火)18:00〜19:30 BTY ゲスト講師でshisyo先生が来ます。
・12/14(金)14:30〜17:30 今年の終わりの特別日インサイトマップ講座
・12/28(金)13:30〜18:30 今年最後の年末たっぷり瞑想会
・1/20(月)9:00〜12:30 BTYライブ開催 Kiyoshi
・ほぼ毎週日曜11:00〜12:30 日本一簡単な瞑想会SUWARU
ヨガウェアをお探しの方はこちらをどうぞ

予約はこちらをどうぞ

 

ヨガのポーズを深めるにあたりテーマを設定していますでしょうか。

テーマというのは「ポーズを決めて取り組む」「呼吸を全身に行き渡らせるようにポーズをとる」「とにかく楽しんで取り組む」「毎週のペースを乱さないでプラクティスをする」などなどでございます。

短期間でも長期間でもいいので、テーマを持つことは重要です。

テーマを持つことのメリットは大きく4つあります。

  • 取り組むべきことが明確になり悩みが減る
  • フォーカスすることで成長が加速する
  • 仲間と一緒に成長できる
  • 思っている以上にヨガが楽しくなる

簡単にですけど、これらについて書いてみたいと思います。

 

取り組むべきことが明確になり悩みが減る

悩むというのは疲れることです。

取り組むよりも、悩んでいる時間で人は疲弊します。

実際に悩んでるだけで消耗していきますよね。

ヨガでもプラクティスする時間は楽しですけどそれなりに疲れますが、それ以上に疲れるのは「プラクティスをしようかどうか悩んでいる」「何をどれぐらい追い込むか、取り組んでいくか、どうやっていくかを考えている」時だと思います。

決まってしまえばあとはやるだけですからね。

でも悩んでいる時間がもったいない。

だから先にテーマを決めておきます。

テーマの期間は今月でも今週でも、大きく1年や10年でもいいと思います。

テーマが決まれば何をするかも決まってきます。

何を、何時間、どこで、どれくらいの頻度で行うのか。

どんどん決まっていきます。

決まったらあとはやるだけです。

好きなことをやるのですから、結構やる気は出て来ます。

テーマを決めておけば継続もしやすいです。

テーマを決めておくことでやることが明確になるので、継続もしやすく、疲弊もしにくくなります。

そして、なんども書いておりますが、ヨガは継続することで上達するようにできております。

 

フォーカスすることで成長が加速する

フォーカスが成長の基本です。

「注意を散漫にすることで成長する」なんて聞いたことがありませんよね。

あれやこれやと手を出してしまうことが成長を阻害します。

最近うまくいっていない時は、ほとんどがフォーカスできていない時です。

あれやこれやに手を出してしまっているのです。

フォーカスすることで、一点突破できます。

基本的に一点突破しかありません。

フォーカスすることでヨガも成長していきます。

テーマを絞り込むことでフォーカスできます。

テーマの決め方にもよりますが、アサナでしたら一つにフォーカスすることをオススメします。

「今月にこのアサナをマスターする」と一つにフォーカスするのです。

必ず成長します。

オススメです。

EngawaYogaスタジオでも時々ですけど「今月の深めるアサナはブリッジです」みたいにテーマを決めている時があります。

そうすると、ブリッジを深めようといろんな視点も得られます。

後屈と言っても、いろんな箇所が関係しているからです。

そうやってフォーカスすることで人は成長していきます。

 

仲間と一緒に成長できる

テーマを決めるとみんなで取り組むことができます。

「EngawaYogaスタジオでも時々テーマを決めて、それを皆さんと共有して取り組んだりしております」と書きました。

そうすることで対話、会話、アドバイスが生まれてきます。

こういった対話は成長にとても有益です。

今はテーマ決めるのを不定期でやってますので、これからは定期的にやってもいいですね。

みんなで取り組むと、進捗状況も見えるのでやる気になりますし、悪いことはありません。

スタジオ全体で同じものに取り組むとノウハウや気づきも溜まりやすいです。

それらを皆さんにもすぐにフィードバックできて、さらに皆さんも自分のモノにしやすいですね。

雑誌を読んでやってみてもできないことが、みんなと取り組んだり実際にできる人を見ると一気にできるようになります。

仲間がいることで、そうやってどんどん成長していくことができます。

仲間と一緒のテーマを決めるのはありですね。

 

思っている以上にヨガが楽しくなる

このようにしてテーマを持って継続していくと、いろんなことができるようになります。

人から褒められることも増えることでしょう。

自分でも「こんなにできるようになるなんて」と驚く方もいらっしゃいます。

ヨガというのは継続していれば開いてくるものです。

そのようにできているみたいです。

ヨガというのは自由ですからね。

好きにポーズをとって、好きに修行していい。

その結果は身体が教えてくれる。

日常生活からもフィードバックがもらえる。

ヨガは先生から強制されるものではないし、今は情報も溢れているので知識も得やすい。

テーマを決めて取り組むことで、ヨガがどんどん楽しくなっていきます。

テーマを決めることはオススメです。

 

終わりに:休憩の日を持つ

休憩の日を持っていますでしょうか。

私は集中するとずっとやってしまう中毒系タイプですので、休憩の日を作るようにしております。

それでも、休憩だと言っているのに仕事やヨガや瞑想やいろんなことをやってしまいます。

本当に何もしない日というのを作るのが苦手です。

誰かに温泉とかに引っ張り出してもらわないといけないのかもしれません。

「とにかく、やるだけのことはやる切る日」そして「休むだけ休む日」の両輪が成長を促してくれます。

筋肉だって休ませないといけませんね。

精神も休ませないと回復しません。

ずっと集中することはできません。

また、ずっとテンション高いままでもダメですし、ずっと悲しいというのも辛いものがあります。

感情も人生も起こることはアニッチャー(無常)ですので、受け流しておけばいいのですが、それをついつい握りしめてしまうので人間です。

意図的に解き放つ時間も大事です。

自然と解放できない場合は予定に組み込むのがいいですね。

毎週でも毎月でも休む日や自然の中に入る日など決めておくといいですね。

今月は休みましたか。

自然の中に行きましたか。

何もしないでゆっくりした日はありますか。

こういう日も大事にしたいです。

 

KIYOSHI
記事を読んで頂きありがとうございます。ドネーションはこちらのAmzonギフト券からお願いします。本当に助かります。めっちゃ喜びます。Engawaスタジオに置く書籍・備品・共有品に使わせてもらいます。これからも応援をよろしくお願い致します。