強制終了が起こる前にやる、まぁ起こってもいいけど

行動力

強制終了というのが人にはきます。

それは、捨てようと思っていたのに捨てずにいると、強制的に捨てさせられるということ。

会社を辞めようと思っていてもズルズルと先延ばししていると、会社が倒産したり、自分が病気になって強制的に会社を辞めることになるということ。

高いからといって好きなアーティンストのLIVEに行かなかったら、同じぐらいの出費が思わぬところから生じるとか。

そういうようなことが起こります。

どうせなら、強制執行が行われる前にやるといいと思います。

わたしもそう思って早めにやろうとしております。

遅れることもしばしばでございますが。

 

勇気を持つ

強制執行が行われないようにするにはどうするか。

やることです。

勇気を持ってやることです。

ポイントは勇気を持つことですね。

嫌われる勇気、手放す勇気、損する勇気、迷惑かける勇気。

これらを持つ必要があります。

勇気を持ってエイやっとやること。

こればっかりは思い切ってやるしかありません。

嫌われる勇気を持って。

手放す勇気を持って。

損する勇気を持って。

迷惑かける勇気を持って。

どうでしょうか。

やれるでしょうか。

大丈夫ですよ。

いつかはどうせ強制執行や強制終了がやってきます。

 

どうせ、起こる

良くも悪くもどうせ強制的に起こることが起こる。

本当はやりたいのにやりたくないことをいろんな理由(嫌われたくない、手放したくない、損したくない、迷惑かけたくない)から、やらないでいると起こります。

どうせ、強制的に嫌われる。

どうせ、強制的に手放すハメになる。

どうせ、強制的に損することになる。

どうせ、強制的に迷惑をかけることになる。

そんなもんです。

だから、自分から我慢や頑張ることをやめる。

好きなことをしていく。

結局は強制的にこういったことをやらされる出来事がきますから、自分から好きなことをやっていくといいです。

ほんとうに。

今、何をしますか。

嫌われてもやりたいことがあるでしょう。

手放してでもやりたいことがあるでしょう。

損してもやりたいことがあるでしょう。

迷惑をかけてもやりたいことがあるでしょう。

それをやってしまう。

 

知らないうちに忘れかけている

そんなことを言われても、本当は何をしたいのか思い浮かばない人もいるでしょう。

よくわからない人もいるでしょう。

でも、何かしら想いはあるはずです。

そして、いつの間にか本当はしたくないことをやっているはずです。

嫌われないために、やりたくないことをしている。

手放したくないために、やりたくないことをしている。

損したくないために、やりたくないことをしている。

迷惑かけたくないために、やりたくないことをしている。

そういうものに気づくこと。

気づいた時にははっきりとわかると思います。

わかると人生も大きく変わります。

大変だと思います。

一生懸命に努力していたことが違ったのですからね。

大変です。

大変ということは人生が大きく変わる時です。

頑張りすぎると強制終了がやってきます。

先に、自分の本当にやりたいことに集中していきましょう。

 

終わりに:頑張りすぎから、楽しみすぎへ

頑張りすぎていても、うまくいきません。

それは頑張りすぎているから。

うまくいくようにするには、こんなに楽しんでいていいのかという状態です。

だから、好きで適性のあることに出会えている人は勝手にうまくいきます。

我慢や努力が強い時は注意が必要です。

何か自分を誤魔化している。

楽しみすぎる時には不安を観じるのは脳のバグです。

好きなことにフォーカスして行動量を増やしていきましょう。

人生を楽しんでいきましょう。

どうせ、強制的に嫌われる。

どうせ、強制的に手放すハメになる。

どうせ、強制的に損することになる。

どうせ、強制的に迷惑をかけることになる。

だから、自分の好きを極めていこう。