クラスの感想を送る

クラスへご参加頂きましてありがとうございます。お忙しいところお時間を作って、感想を書いて頂きありがとうございます。

こちらは、クラスへ参加した後の感想を送るフォームになっております。

ご存知の通り、人は学んだことをほっぽっとくと忘れていく生き物です。

ですので、是非とも学びの定着の為に、クラスについて書いてみませんか。

せっかくクラスに参加して頂けたので、クラスの良かったところや、面白かったところ、学んだところ、これからの生活に活かしたいところ、体調が良くなったところなどなど、ご感想を頂ければと思います。

書くことで定着されます。振り返ることで自分の納得へと繋がります。そして成長へと向かうと思っております。感想をご活用されてみてください。

ご感想をお待ちしております。よろしくお願いします。

■EngawaYogaのクラスご要望や改善点はこちらへお願いします。
 → クラスご要望を送る

■YOGGY&BOZUへの質問はこちらへお願いします。
 → ヨギボズへ質問を送る

 

感想送信フォーム

お名前* (必須)

公開用ニックネーム

メールアドレス* (必須)

参加クラス* (必須)

講師名* (必須)

感想本文* (必須)
・クラスにで良かったところや学べたことはありますか?
・クラス前後で変化したところはありますか?
・クラスに出て体調が良くなったと感じましたか?
・次の参加へ向けてやろうと思ったことはありますか?
・これから生活に取り入れたいことはありましたか?

掲載可 イニシャルで可 ニックネームで可 匿名で可 掲載不可

【注意事項】
・サイトに公開する際には、入力された名前で表示されますので、ニックネームがよろしい方は記入をお願いします。記入がない際には、お名前で掲載させて頂きます。

・送って頂いた感想は、誤字脱字や文章表現など文意を損ねない範囲で修正させて頂き、サイトで公開することがございます。

KIYOSHI
送信ボタンをクリックすると、一発で送信されますので内容のご確認をもう一度お願い致します。

感想が長くなった方は、メールやwordなどテキストエディタで記入された文章をコピーすることをオススメ致します。

また、感想はクラスに参加される度に書いて下さって大丈夫ですよ。すべて読ませて頂きますので、よろしくお願いします。

 

* ヨガクラス開催中 *

豊かなヨギーになるためにBTYとSUWARUを開催しております。


engawayoga-yoyogi-20170112-2

 

ヨガは漢方薬のようなものです。
じわじわと効いてくるものです。
漢方薬の服用は継続するのが効果的です。
そして、その効果は一生ものです。


たった一度の行動が、
たった一人との出会いが、
人生を変えることがあります。

人生は”偶然”や”たまたま”で満ち溢れています。
直観が偶然を引き起こしあなたの物語を豊穣にしてくれます。

ヨガのポーズを思いっきり楽しむBTYクラスを開催中です。
お会いできることを楽しみにしております!


『ぐずぐずしている間に
人生は一気に過ぎ去っていく』

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫) より


* 瞑想会も開催中 *

engawayoga-yoyogi-20170112-2

瞑想を通して本来のあなたの力を掘り起こしてみてください。
超簡単をモットーにSUWARUという名の瞑想会を開催しております。

瞑想することで24時間全てが変化してきます。
全てが変化するからこそ、古代から現代まで伝わっているのだと感じます。

瞑想は時間×回数×人数に比例して深まります。

多くの一流アーティストが実践されている瞑想、
また伝説のフリーダイバーやサーファー、映画監督も習慣にしている瞑想、
ぜひ、一緒に座りましょう。


『初心者の心には多くの可能性があります。
しかし専門家と言われる人の心には、
それはほとんどありません。』

禅マインド ビギナーズ・マインド より


* インサイトマップ講座も開催中 *

engawayoga-yoyogi-20170112-2

インサイトマップは深層意識の可視化ツールです。

深層意識を可視化することで、
「スッキリした、わかった、いける、いぇーい、やるぞ、ありがたい、なるほど!」
と気づいていけて自己理解が進みます。

自己理解が進むことで人生も加速します。
悩み事や葛藤が解消されていくのです。

本来の自分の人生をインサイトマップを使うことで生きてみませんか。
手放すべきものも自分でわかってきます。
24時間の密度が変化してきますよ。

自己理解、自己洞察、メタ認知が人生を決めていきます。
お待ちしております。


『色々と得たものをとにかく一度手放しますと、
新しいものが入ってくるのですね。 』

あるがままに生きる 足立幸子 より